日本のすがた・かたち

2018年7月14日
土と石と木

このところの猛暑は記録的のようです。
年々熱中症に気を付けるようにしていますが、子供の頃から塩分や水分補給などの習慣がなかったせいか、余り対策はしていないのが現状です。
三日前、庭の椿の葉に蝉の抜け殻があって、この夏も蝉しぐれが近いことを知らされました。刻々と季節は巡っていることを…。

 

去年の九州北部豪雨で40人もの死者を出し、今回の西日本豪雨では200人以上が予想され、現在なお新たな災害が心配されています。
地震、火山噴火などと共に日本列島は災害列島であることは論を待たず、いかに先祖たちが工夫し治山治水に心がけてきたのかが偲ばれます。

 

今日、首相官邸で開いた西日本豪雨の非常災害対策本部会議で、今回の豪雨を「特定非常災害」に指定すると発表されました。西日本豪雨は特定非常災害の指定としては東日本大震災や熊本地震などこれまで4件の中で、豪雨での適用は初めてとなります。
いかに被害が甚大で、復旧が大地震に匹敵するものかが理解できます。

 

TVのニュースで豪雨による河川の氾濫をみると、山崩れによる土砂と流木が橋を破壊し、氾濫が起きている様子が映ります。
流木は植林した沢沿いのものが多く、植樹を限りなくした後、間伐を怠ったことにより、陽が当たらなくなった地面は痩せ、しっかり根を張れなくなった木が多くなったことも流木が多くなった原因といわれています。

 

対策は林業保護の補助金制度とされていますが、私は、「植えて育てて伐って使う」、という循環サイクルが破綻していることにあるとみています。「植えて、放置し、使わない」という人間の身勝手が流木氾濫の原因といっても良いと思います。

 

先人は、生活を気候風土の中で工夫し、知恵を伝え、継承してきました。
自然は猛威ではなく、畏れながらもその中でたおやかに生きる術を伝えてきました。
日本人のDNAには自然は征服するものではなく、恭順しながらその中で子孫を残して行くというものでした。土、石、木による木造建築は自然の中で生活するその最たるものといえました。

 

災害に遭うたびに、決して自然には想定内はなく、自然の恵みに生かされる生活を目指すことが良いと学ばせてもらっているのではないかと思います。

私の仕事は限りがあっても、木の建築を創り、次代に伝え、また次の時代に伝えてくれるように念じながら…、今日もまた…。

被災され亡くなった方の冥福を祈り、一時も早い復旧と復興を願い、僅かな支援をさせて頂きます。

合掌

 

 

 

 

2018年7月14日

2018年6月30日
風が変われば命がけ

 

句歌都々逸集—『緑の洞』の編集が進んでいます。
昨日の編集打ち合わせは「都々逸」(800唄)でした。

都々逸は母の影響で子供の頃から唄っていて、多分、ませたガキだったのではないかと想像されます。
何しろ都々逸は、男女の色気を唄っていることが多く、江戸時代から座敷や粋筋での遊び唄として唄われてきた背景があり、子供の世界ではないからです。

母は家に集まる漁師たちにせがまれると、何時も台所から着物姿の割烹着で手を拭きふき現れ、座敷の下座に座ると、

 

〽 種蒔かぬ 岩に松さえ生えるじゃないか 想うて添われぬ ことはなし~

 

などど、それはもう子供の私でもホレボレする声で2、3曲やるのです。6歳頃の私に詞の意味は分からぬものの、この幼い時の体験が、後に歌舞音曲にハマることになったのは確かでした。

長じて都々逸を唄う時は、早朝、鏡台に向かって髪を梳いていた母を思い出し、粋な女だったな、と懐かしむものでした。

和歌や俳句、都々逸は作り初めてから約50年経ちます。
編集をしながら読み返してみると、その当時のことが蘇り、両親や兄弟と過ごした日々が懐かしく思い起こされます。そして、13人居た家族は2人残して亡くなり、命あるものの限りを思います。

先人は歌や句を詠み、生きる道標や伝授、感慨としてきました。
建築家を志して40余年、日記を書くことをしなかった私の記憶は、日本人が好み表現してきた、これら極短の文学形式によって記録されてきたようです。

今では300年生きる木の建築を構想し造るのも、唄などを詠むのも、皆同じ想念の業の上にあるような気がしています。

 

〽 端(はな)は浮気で 漕ぎ出す舟も 風が変われば 命がけ~

 

母の十八番でした。

 

写真:編集担当カワシマノブエさんの校正用原稿

 

 

2018年6月30日

2018年6月20日
無数の活断層

この10日ほどで群馬、千葉、大阪、山梨、また大阪と福島に地震が起きています。
専門家の間では活断層のあるところでは、何時地震が起きても不思議ではない、とのことです。
そうすると、日本列島は活断層が至るところにあるので、地震の巣窟であることは論を待ちません。

三年前、近くにある箱根山の大涌谷周辺が小規模噴火を起こしました。
その折に箱根山は直近の噴火が3100年前であり、噴火前後の観測データがないことが話題になりました。現在の学問では、噴火予知は不可能に近く、ハワイやグアテマラの噴火はまさに人智及ばざる状況で、成す術もないところです。

近年、日本列島は地震の活動期に入ったとされ、現在最も注目を集めているが日本地震予知学会会長の早川正士氏の理論のようです。
「地震が起こる約1週間前、前兆現象として地殻のヒビ割れが起こる。このヒビが電磁波を発生させ、地球上空の電離層に作用する。電離層は通常、上空60~800キロメートルに存在するが、電磁波の影響を受けると地上に数キロメートル近づく。地上から送信される電波は電離層ではね返り、再び地上で受信されるため、異常があった場合は、電波の送受信がいつもより短時間で行われることになる。各地の観測所で得られた結果から地震の震源地と発生時期を予測している。」
この理論からすると、地震は生命体である地球が宇宙の法則に沿って起きるように思えます。地球の表皮であるプレートの動きも地球だけの条件という訳にはいかないということです。

南海トラフ巨大地震の発生も現実味を帯びてきました。
60万年前、火山島だった伊豆半島が日本列島にぶつかり、その時に地下にマグマが生まれて富士山と箱根山ができたといいます。2つの山はいわば兄弟の関係で、距離も25kmしか離れていないので、どちらかが噴火すれば、連動してもう片方も噴火する可能性があるといいます。


私は、良寛禅師に倣い「地震は来た時に対応すれば良い」との考えに与しています。
いたずらに過度の心配は禁物で、何時何処で遭遇するか誰にも分からないからです。

北大阪地震では国宝の茶室が被害にあったようです。人命は無論ですが、形あるものは壊れるのが定め。仕事柄、列島に存在する優れた建築に被害がないことを願い、万が一に消滅することがあっても、先人の遺徳を継承し後の世に伝えるべく、復元できる準備を怠らないようにしたいものです。

私は、より耐震設計に努め、長く人々の役に立つ建築を造って行くことを目指しています。

 

写真:南海トラフ巨大地震の想定震源域 画像は「Wikipedia」より引用

 

 

2018年6月20日

2018年6月6日
相模の海

久し振りに熱海・瑞雲郷の「水晶殿」に入りました。
平成大改修の設計監理を担当し、完成してから6年の歳月が流れています。

往時、設計者の岡田茂吉翁が座られていた,というところに座し、遠い相模の海を眺めていました。
初夏の風光はことのほか瑞々しく、棚引く雲を観てこの地が将に「瑞雲郷」であることを改めて感じました。

水晶殿は唯の建造物にあらず。
眼前に展開するたおやかな絶景と同化し、意思を持ち、この場を訪れる人々に何かのエネルギーを注いでいるように感じました。この感覚は初めて訪れた40年前と変わらないように思いました。

棚引く雲、霞む相模の水平線、影だけの伊豆大島、手が届きそうな初島、海面に二筋を描く連絡船、幾重にも渦をみせる潮の流れ、正面は僅かに霞む故郷の町…。

海で遊んだ幼い頃、家族や友達の顔、9歳の頃から既に湾を隔て見ていたこの水晶殿…。
29歳で建築家を志し、最初に縁があった水晶殿の円形サッシュの改修設計…。

それから43年経ち、この円形ホールに座っている不思議さと縁を感じていました。
(決して偶然ではない…)

建築は完成した時から古くなり、そして朽ちて行くものです。形あるものの宿命で、これを避けることはできません。しかし、先人は多くの人にとって重要となる建築を可能な限り遺し、活用してきました。それは先人の遺徳の継承であり、文化の継承というものでした。後の人たちが生活するために必要とするであろう「すがた・かたち」でした。
そして継承は建造物ばかりではなく、言葉や教え、技術や環境の保全、開発の工夫、自然への適合の智慧に及ぶものでした。健やかに生きるための手立てといえるものです。

建築家は自己の知識、経験、人間性など全てが問われる仕事で、そして行動は人々のためにあるべきだ、との思いは今でも変わりませんが、水晶殿に座り、完成に至る過程を振り返ってみると、仕事とはその折々の縁と事情でしかできないことを改めて思いました。

相模の眺望は、私にとって清らな気に浴す貴重な時間でした。
水晶殿から発するエネルギーは、この清らな大気のように思いました。
(何が、清らな気を発し続けているのか…)

故郷の海は優しく静かでした。

       故郷 に 帰 る こ と も な し 舞 う カ モ メ

 

 

 

2018年6月6日

2018年5月23日
仏師、飛天を彫る

 

先日、愛知県春日井市にある名刹・退休寺の本堂に飛天の彫刻を納めたとのことで、彫刻師の高畠(旧姓森田)彩乃夫婦が報告に来てくれました。
平安後期といわれる本尊の阿弥陀如来像が有名な寺ですが、その背後の壁には四体の飛天が荘厳されています。
彼女は本尊の正面左の飛天を担当したものとのことでした。
写真を見るとモデルは本人と見紛うばかりで、神秘的で肉感的で、そして色気を感じました。眼の先は本尊阿弥陀様。

仏師は、制作に関してはその持てる知識、技術、経験、そして人間性が表白される作業といわれ、どのように繕っても現在の自己の持てるものしか作品に反映されないものです。
彼女は独立してからの一年余、日々精進を重ねてきたのだとこの作品が教えていました。
この飛天は去年の夏に制作準備をしていたもので、その写真からは随分、イメージが変わったな、と思いました。
聞けば伴侶の助言が大きかったとのこと。彼も獅子頭の彫刻師であり、特に顔の表情表現には一家風を持っているので、得心がいったものでした。

天は、天空を自在に飛行するロマンそのもの。欧米では天使で「翼」を仏教国では「衣・領巾(ひれ))で飛翔します。天国へも極楽へも飛んで行ける夢の飛行体です。

私は仏の世界を荘厳するにもっとも多用される飛天は若い時分から興味があり、インド、ネパール、ブータン、中国、朝鮮など現地で実見してきました。
天上を住いとする神仏と、地上の衆生との連絡を飛天に託しと思われる説話が多く残されているのを見ると、飛天は神仏界と人間界を結ぶ重要な存在ということになります。

天使、天人、楽天、天男、天童、天衆、天女とも呼称されてきた飛天は、現代に至り、女性で顕されることが多くなり天女といわれるようになりました。
「羽衣」は能楽の第一の名曲。天皇は即位の秘儀に「天の羽衣」をまとい、皇祖神と一夜過ごすといいます。

彼女が富山の射水市から持参してくれた飛天の写真は、私の好奇心を痛く刺激しました。
ものづくりの原点は常に「我が裡にあり」です。その想念をすがた・かたちにかえるのは知識、技術、経験、人間性、そして願心です。

彼女の来訪は、暫くボンヤリしていた私の願心に火を点けてくれました。
共に精進あるのみ。

寺の檀信徒の方々は本堂の飛天を観て、精気を感じるのではないかと想像できます。
ものづくりに勤しむ若者は、この結果に励まされるものです。
彼女の将来が楽しみです。

 

 

 

写真:春日井「退休寺」飛天

下:昨年の持参の飛天習作

 

 

 

 

 

 

2018年5月23日

2018年5月10日
引越し

 

仕事場の 引越し夢追い 七連休

 

このゴールデンウイークは仕事場の引越しでした。
29歳の時から始まり、今回で5回目となります。

現在取り組んでいる仕事により手狭になったこと、大きな原寸(実物大)図面と描くこと、模型制作の場が必要になったことなどがその理由です。

設計図や絵画、模型制作、書、陶芸等々好ましい時間の増大は必然で、毎回ながら引越しによる脳内興奮に酔っています。
18畳ほどの広さに机、作業台などのレイアウトは済み、後はパソコンなどの設計機器類が入れば完了です。
さあ、いよいよ、といいたいところですが、この一週間は全身筋肉痛と腰の痛みで参っています。
周りから「何も手作りの机などにしなくても…」といわれましたが、全てを木製のもので、と張り切った結果でした。

木造建築の設計は、どうしてもパソコン任せにできないところがあって、私の場合は実感というか、手で構想し、手で図を描き、手で感覚を定めることになります。
縄文の昔から先祖たちが構想し創ってきた木の建築こそ、未来の主役となる人工知能が到底及ぶべくもない領域となると想像しています。
人間が自然と相談し、自らの構想で計画し、人の手により作り、大小の空間を構成して行く…。心が湧き立つ思いがします。

設計の仕事を始めて50年になります。
仕事場作りは仕事が要求し、仕事が成就させてくれています。「設計の仕事をやれるだけやってみよ!」とのご宣託かもしれない、と。
しかし、これは対外的なことで、内心は少し違い、性癖による引きこもりの秘密基地が欲しくなったかも、と。

子供の頃は家の裏山に秘密の草葺き小屋を作り、木の実や焼き芋を持ち込んで遊んでいました。
「三つ子の魂百まで」、幾つになっても子供の頃から変化が見られないようです。

 

葉は茂る 蒼穹我は 空想す

 

写真:連休・引越し中の富士

 

 

2018年5月10日

2018年4月23日
第二期工事

寺院などの建築群は何期かに分けて工事をすることがあります。
過去携わった禅寺再建の工事は三期12年の長きに亘りました。
その仕事が終わった頃、私は五十歳になっていました。

 

この本格的な木造建築群の設計監理を経て、何故か漸く設計ができるようになったと思えるようになりました。
大径木を使った本堂から、径60ミリの自然木を使った茶室、そして名席の解体修理、他の改修工事の仕事が、何時しかそのように思わせてくれたようです。

 

その頃の私は、人生の第一期が終わり、これから第二期に入る気配を感じていました。
これからの人生は、今日まで50年間過ごしてきたことを土台にして、出来ることが山ほどある、と朧気ながら思い、「さあ、オレの第二期工事が始まるぞ!」と気合が入っていました。
丁度、家族もそれぞれ独立し、どうにか一期工事が済んだような時期でもありました。

 

あれから20年、性格は少し変態性分裂症気味に変化しているように思いますが、やろうとしていることは人生を支え、年々、好奇心は多様化の一途をたどっています。
この数年は、茶の湯のステージ「三島御寮」造営計画に就いていて、一時は中断する場面にも遭遇しましたが、現在は仲間たちと一緒に大いなる夢を描いています。

 

古稀を迎えた知人たちと会うと、病気と治療と薬の話しが多く、老後という枯淡の境地を地で行っています。総じてどのように末期を迎えるかの想像が逞しくて、色気のあることが好きな私は、とても付いて行けない環境にあります。

 

体力も60代に遜色なく、老人の役には立てなくても、若人に背中を見せられそうな現在は、ジジイ的青春真っただ中。

第二の人生がない私は、第二期の人生の完成にむけて邁進しています。
いずれ来るだろう彼岸行きの日まで、めまぐるしく多用の刻を過ごしながら…。

 

ささやけば緑蔭深く輝きて 果てることなき夢のつづきを

 

写真:「高層建築」古代都市の面影 カルヤト・アルファーウ(フレスコ)
前3~3世紀後半 アラビア半島

 

 

2018年4月23日

2018年4月16日
リーダー

大谷翔平、藤井翔太、池江璃花子など、十代の若手が世を賑わせています。
努力の天才は何時の時代もリーダーに違いなく、彼らの可能性は万人の夢でもあります。
リーダーといえば、テクノロジー社会の象徴的リーダーとなりつつあるのが人工知能です。
現在、その進化は眼を見張るものがあります。

 

30年前になかったものはコンビニ、インターネット、スマホ、サイバー攻撃、ビッドコイン、ビッグデータ、AI(人工知能)。
職業もアニメ作家やプログラマー、ボットロビイストなど枚挙にいとまはありません。
旺盛な好奇心と同居していた私も、そろそろ未来志向型の別居生活にシフトする時期が来たように思います。
まあ、一言でいえば、ついて行けそうにないということです。
「光陰矢の如し」とはまさにこのようなことです。

 

今、世に起きている事象は、その時代に生きていなければ味わう事が出来ませんが、私は何時しか、新しいことに遭遇する度に過去に遡る習慣が身につき、現在では列島に人が生活をしていた痕跡が遺る四万年程前まで行っています。
現在手がけている建築の設計も、私の裡では旧石器や縄文時代の人たちとの交流で成り立っているところがあります。

 

先般、AIは人が二万年かかる自己対戦で腕を磨き、プロ棋士に勝ったと話題になりました。自己分割する努力の天才というAIは、飽きもせず、疲れもせずに、ヒトの二万年分の経験を自己分割によって経験することが可能といいます。
いずれは、ヒトを凌駕する知識を手に入れることは必定です。
人間の好奇心と欲はとどまることを知らず、行き着く所まで行くのでしょう。

 

私はAIロボットに、湯上がりの肌の温もりがあるなら購入したいと思います。
人間も色気が失せたら電気切れのロボットと同じだ、と誰かが言っていました。
アーティフィシャル インテリジェンスは、どこまで行っても不自然だという意味です。
不自然な人間社会ももうそこまで来ています。

 

庭先のヤツデが一気に葉を広げ始めました。
季節の移ろいに不自然な意味はありません。美しいものに古い新しいはありません。

自分は今、なるべく自然の中に身を置き、日本のすがた・かたちを考え、後の人たちに役立つよう努めて行きたいと思っています。

 

写真:露地のヤツデ

 

 

2018年4月16日

2018年4月8日
名蹟守

先日、若い人たちに交じり筆を持ちました。

日頃は独りで書くことが多いのですが、この度は若い眼の中でのことでしたので少々緊張しました。

大きな和紙、古端渓の硯、枯れた松煙墨、大量に磨った墨汁、極太の筆、筆架、毛氈、即席の文鎮、高貴な墨の香り…。

鷲づかみの筆で書いたのは、「名蹟守(めいせきもり)」。
現在、私が一番関心を寄せている言葉です。

長いこと設計の仕事に就いていますが、常に脳裏によぎるのが「名蹟」で、「この仕事は将来の名蹟になるのか?」、という問いです。
完成後、関係する人たちに大切にされ、長い間使われて行くのか、という問答です。

 

建築はその時代を映すもので、思想、人心、材料、技術、維持管理などの集積物という側面をもっています。
使うエネルギーや材料に無駄はないか。直ぐに産業廃棄物になりはしないか。新たな文化を担い発展させて行けるようなものなのか…。

名蹟とは後の人たちが守り育て、文化を発信して行くことのできる建造物といえます。これは、今までにあった優れた物事に新たな1ページを加えて行く行動で、私はこれを「伝統」と呼んでいます。

伝統に生きるとは常に明日に生きるということで、後の人々が健やかに生活できることを基としているものです。

私は二十年ほど前から名建築の改修設計を通じ、「伝統」を深く考えるようになりました。
それからは、縁有る設計に就く毎に、この「伝統に照らし合せながら」、を心掛けるようにしています。

先人が遺した優れた名蹟を、また後の世に伝え、継承して行くことは、伝統に生きることと同意義です。
建築家の大きな役割として伝統を守ること、つまり「名蹟守」となることこそ未来を生きることになると考えています。

名蹟となるような建築を造るため、今ココを精進して行こうと思う昨今です。

 

 

 

2018年4月8日

2018年3月27日
句集・出版へ

成功哲学提唱者のナポレオン・ヒルは「思考は現実化する」といっています。
建築の設計を通して物事に関心を持ち、長くそれを続けていると意外なところで人に出会い、思わぬ貴重な体験をすることがあります。
この50年の設計生活を思えばその連続で、六次元弁証法からすれば思考の現実化は、「心は方向性をおびて時空に融けて在る」ということになります。
先賢は、崇高な志をもち強い想念を発すれば思いが叶う、としていますが、思うことは実現するという意味にもとれることです。

人生からすると、50年という作業時間は長い部類に入ると思いますが、数日前、あるきっかけで、この間に作ってきた俳句二千余の編集をすることになりました。
七月頃に句集『千々繚乱』を出版するための準備です。

(よくもまあ、拙句を多量に…)
読み返してみると、設計を主に暮らしてきた折々の思いの羅列ですが、今となっては懐かしく、出会い、別れた人たちとの交流の日々が思い起こされ、改めて人生の最大事は邂逅であることを知らされました。

「思いを強く持ち、発し、保っていれば、その心は時空にとけていて実現して行く」
原稿校正後の感想は、この実現可能の方向性、つまり心の在りようのことでした。

(崇高なのか、いやそういえないかも…)
(私の崇高とは何をしていえるのか…不純ではないことか…)
先日、このような自問自答を繰り返しながらビールを飲んでいたら、何時しか寝ていました。

多用に過ぎる毎日を送っていると、立ち止まって考えることが少なくなり、忙しさとは、まさに心を亡ぼしていることを実感します。
俳句を読み返している間、独りになって句作していた時間の充足感が呼び覚まされました。
人との共同作用により、生きる便利さや面白さはありますが、それはまた、自らの「心が方向性を持って時空に融けて在る」ことから距離をおくことになるのだと。人生の充足は独りぼっちにあるのではないか、と。

設計は孤独な作業です。設計に心を奪われてきた私は、孤独と寄り添い、とても面白い時間を過ごしているのではないかと思っています。
(だけど、この忙しさを何とかしなければ…)

 

   〽 忙しいって言ってるくせに 三味の音を聞きゃ目を垂らす

 

 

画像:「建築家?」 ヒノミコ画

 

 

2018年3月27日