日本のすがた・かたち

2018年5月10日
引越し

 

仕事場の 引越し夢追い 七連休

 

このゴールデンウイークは仕事場の引越しでした。
29歳の時から始まり、今回で5回目となります。

現在取り組んでいる仕事により手狭になったこと、大きな原寸(実物大)図面と描くこと、模型制作の場が必要になったことなどがその理由です。

設計図や絵画、模型制作、書、陶芸等々好ましい時間の増大は必然で、毎回ながら引越しによる脳内興奮に酔っています。
18畳ほどの広さに机、作業台などのレイアウトは済み、後はパソコンなどの設計機器類が入れば完了です。
さあ、いよいよ、といいたいところですが、この一週間は全身筋肉痛と腰の痛みで参っています。
周りから「何も手作りの机などにしなくても…」といわれましたが、全てを木製のもので、と張り切った結果でした。

木造建築の設計は、どうしてもパソコン任せにできないところがあって、私の場合は実感というか、手で構想し、手で図を描き、手で感覚を定めることになります。
縄文の昔から先祖たちが構想し創ってきた木の建築こそ、未来の主役となる人工知能が到底及ぶべくもない領域となると想像しています。
人間が自然と相談し、自らの構想で計画し、人の手により作り、大小の空間を構成して行く…。心が湧き立つ思いがします。

設計の仕事を始めて50年になります。
仕事場作りは仕事が要求し、仕事が成就させてくれています。「設計の仕事をやれるだけやってみよ!」とのご宣託かもしれない、と。
しかし、これは対外的なことで、内心は少し違い、性癖による引きこもりの秘密基地が欲しくなったかも、と。

子供の頃は家の裏山に秘密の草葺き小屋を作り、木の実や焼き芋を持ち込んで遊んでいました。
「三つ子の魂百まで」、幾つになっても子供の頃から変化が見られないようです。

 

葉は茂る 蒼穹我は 空想す

 

写真:連休・引越し中の富士

 

 

2018年5月10日

2018年4月23日
第二期工事

寺院などの建築群は何期かに分けて工事をすることがあります。
過去携わった禅寺再建の工事は三期12年の長きに亘りました。
その仕事が終わった頃、私は五十歳になっていました。

 

この本格的な木造建築群の設計監理を経て、何故か漸く設計ができるようになったと思えるようになりました。
大径木を使った本堂から、径60ミリの自然木を使った茶室、そして名席の解体修理、他の改修工事の仕事が、何時しかそのように思わせてくれたようです。

 

その頃の私は、人生の第一期が終わり、これから第二期に入る気配を感じていました。
これからの人生は、今日まで50年間過ごしてきたことを土台にして、出来ることが山ほどある、と朧気ながら思い、「さあ、オレの第二期工事が始まるぞ!」と気合が入っていました。
丁度、家族もそれぞれ独立し、どうにか一期工事が済んだような時期でもありました。

 

あれから20年、性格は少し変態性分裂症気味に変化しているように思いますが、やろうとしていることは人生を支え、年々、好奇心は多様化の一途をたどっています。
この数年は、茶の湯のステージ「三島御寮」造営計画に就いていて、一時は中断する場面にも遭遇しましたが、現在は仲間たちと一緒に大いなる夢を描いています。

 

古稀を迎えた知人たちと会うと、病気と治療と薬の話しが多く、老後という枯淡の境地を地で行っています。総じてどのように末期を迎えるかの想像が逞しくて、色気のあることが好きな私は、とても付いて行けない環境にあります。

 

体力も60代に遜色なく、老人の役には立てなくても、若人に背中を見せられそうな現在は、ジジイ的青春真っただ中。

第二の人生がない私は、第二期の人生の完成にむけて邁進しています。
いずれ来るだろう彼岸行きの日まで、めまぐるしく多用の刻を過ごしながら…。

 

ささやけば緑蔭深く輝きて 果てることなき夢のつづきを

 

写真:「高層建築」古代都市の面影 カルヤト・アルファーウ(フレスコ)
前3~3世紀後半 アラビア半島

 

 

2018年4月23日

2018年4月16日
リーダー

大谷翔平、藤井翔太、池江璃花子など、十代の若手が世を賑わせています。
努力の天才は何時の時代もリーダーに違いなく、彼らの可能性は万人の夢でもあります。
リーダーといえば、テクノロジー社会の象徴的リーダーとなりつつあるのが人工知能です。
現在、その進化は眼を見張るものがあります。

 

30年前になかったものはコンビニ、インターネット、スマホ、サイバー攻撃、ビッドコイン、ビッグデータ、AI(人工知能)。
職業もアニメ作家やプログラマー、ボットロビイストなど枚挙にいとまはありません。
旺盛な好奇心と同居していた私も、そろそろ未来志向型の別居生活にシフトする時期が来たように思います。
まあ、一言でいえば、ついて行けそうにないということです。
「光陰矢の如し」とはまさにこのようなことです。

 

今、世に起きている事象は、その時代に生きていなければ味わう事が出来ませんが、私は何時しか、新しいことに遭遇する度に過去に遡る習慣が身につき、現在では列島に人が生活をしていた痕跡が遺る四万年程前まで行っています。
現在手がけている建築の設計も、私の裡では旧石器や縄文時代の人たちとの交流で成り立っているところがあります。

 

先般、AIは人が二万年かかる自己対戦で腕を磨き、プロ棋士に勝ったと話題になりました。自己分割する努力の天才というAIは、飽きもせず、疲れもせずに、ヒトの二万年分の経験を自己分割によって経験することが可能といいます。
いずれは、ヒトを凌駕する知識を手に入れることは必定です。
人間の好奇心と欲はとどまることを知らず、行き着く所まで行くのでしょう。

 

私はAIロボットに、湯上がりの肌の温もりがあるなら購入したいと思います。
人間も色気が失せたら電気切れのロボットと同じだ、と誰かが言っていました。
アーティフィシャル インテリジェンスは、どこまで行っても不自然だという意味です。
不自然な人間社会ももうそこまで来ています。

 

庭先のヤツデが一気に葉を広げ始めました。
季節の移ろいに不自然な意味はありません。美しいものに古い新しいはありません。

自分は今、なるべく自然の中に身を置き、日本のすがた・かたちを考え、後の人たちに役立つよう努めて行きたいと思っています。

 

写真:露地のヤツデ

 

 

2018年4月16日

2018年4月8日
名蹟守

先日、若い人たちに交じり筆を持ちました。

日頃は独りで書くことが多いのですが、この度は若い眼の中でのことでしたので少々緊張しました。

大きな和紙、古端渓の硯、枯れた松煙墨、大量に磨った墨汁、極太の筆、筆架、毛氈、即席の文鎮、高貴な墨の香り…。

鷲づかみの筆で書いたのは、「名蹟守(めいせきもり)」。
現在、私が一番関心を寄せている言葉です。

長いこと設計の仕事に就いていますが、常に脳裏によぎるのが「名蹟」で、「この仕事は将来の名蹟になるのか?」、という問いです。
完成後、関係する人たちに大切にされ、長い間使われて行くのか、という問答です。

 

建築はその時代を映すもので、思想、人心、材料、技術、維持管理などの集積物という側面をもっています。
使うエネルギーや材料に無駄はないか。直ぐに産業廃棄物になりはしないか。新たな文化を担い発展させて行けるようなものなのか…。

名蹟とは後の人たちが守り育て、文化を発信して行くことのできる建造物といえます。これは、今までにあった優れた物事に新たな1ページを加えて行く行動で、私はこれを「伝統」と呼んでいます。

伝統に生きるとは常に明日に生きるということで、後の人々が健やかに生活できることを基としているものです。

私は二十年ほど前から名建築の改修設計を通じ、「伝統」を深く考えるようになりました。
それからは、縁有る設計に就く毎に、この「伝統に照らし合せながら」、を心掛けるようにしています。

先人が遺した優れた名蹟を、また後の世に伝え、継承して行くことは、伝統に生きることと同意義です。
建築家の大きな役割として伝統を守ること、つまり「名蹟守」となることこそ未来を生きることになると考えています。

名蹟となるような建築を造るため、今ココを精進して行こうと思う昨今です。

 

 

 

2018年4月8日

2018年3月27日
句集・出版へ

成功哲学提唱者のナポレオン・ヒルは「思考は現実化する」といっています。
建築の設計を通して物事に関心を持ち、長くそれを続けていると意外なところで人に出会い、思わぬ貴重な体験をすることがあります。
この50年の設計生活を思えばその連続で、六次元弁証法からすれば思考の現実化は、「心は方向性をおびて時空に融けて在る」ということになります。
先賢は、崇高な志をもち強い想念を発すれば思いが叶う、としていますが、思うことは実現するという意味にもとれることです。

人生からすると、50年という作業時間は長い部類に入ると思いますが、数日前、あるきっかけで、この間に作ってきた俳句二千余の編集をすることになりました。
七月頃に句集『千々繚乱』を出版するための準備です。

(よくもまあ、拙句を多量に…)
読み返してみると、設計を主に暮らしてきた折々の思いの羅列ですが、今となっては懐かしく、出会い、別れた人たちとの交流の日々が思い起こされ、改めて人生の最大事は邂逅であることを知らされました。

「思いを強く持ち、発し、保っていれば、その心は時空にとけていて実現して行く」
原稿校正後の感想は、この実現可能の方向性、つまり心の在りようのことでした。

(崇高なのか、いやそういえないかも…)
(私の崇高とは何をしていえるのか…不純ではないことか…)
先日、このような自問自答を繰り返しながらビールを飲んでいたら、何時しか寝ていました。

多用に過ぎる毎日を送っていると、立ち止まって考えることが少なくなり、忙しさとは、まさに心を亡ぼしていることを実感します。
俳句を読み返している間、独りになって句作していた時間の充足感が呼び覚まされました。
人との共同作用により、生きる便利さや面白さはありますが、それはまた、自らの「心が方向性を持って時空に融けて在る」ことから距離をおくことになるのだと。人生の充足は独りぼっちにあるのではないか、と。

設計は孤独な作業です。設計に心を奪われてきた私は、孤独と寄り添い、とても面白い時間を過ごしているのではないかと思っています。
(だけど、この忙しさを何とかしなければ…)

 

   〽 忙しいって言ってるくせに 三味の音を聞きゃ目を垂らす

 

 

画像:「建築家?」 ヒノミコ画

 

 

2018年3月27日

2018年3月13日
万物の記号化

イタリアの画家・アルチンボルド(1562生)の肖像画「司書」のフィギュア。
信濃川流域から出土した縄文中期(5.5千年前)の「火焔土器」。
アボリジニ(4万年前?)の聖なる文様、「チュリンガ」。
内モンゴル自治区から出土した江山文化(6.5~5千年前)の「玉龍」の石造物。
歌川国芳(1797年生)の浮世絵・寄せ絵「みかけハこハゐがとんだいい人だ」。

私の仕事場には、一見脈絡のなさそうなこれらの工芸品たちや、異様ともいえる物が鎮座ましましています。
長年、好奇心や創作意欲をかきたててくれていたものですが、最近、縄文の火焔土器を仔細に観察するようになって、あることに気づき、今ではその実感が増しています。

 

きっかけは、仕事場にある文物は私の好みの収集に違いはないのですが、なぜこれらに縁が有り、集めることができたのか、なぜこれらが何時も周りに居るのかということでした。

縄文時代の土偶や土器は、当時の生活を彷彿とさせるもので、私の木の建築の原点でした。
火焔土器が好奇心を刺激し、長年謎解きをさせてきたものは何か。
建築装飾に端を発し、浮世絵、絵画、服飾、織物を経て元代のやきものに至り、各国の文様を漁らせてきたのは何か。
その正体は、人間は森羅万象を記号化し文様化する生きものだ、と知らせるメッセージでした。

 

古代エジプトのピラミッドも、ナスカの地上絵も、マチュピチュの空中都市も、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂も、バルセロナのサグラダファミリアも、縄文や弥生の住居も、法隆寺も、熊本城も二条城も、二畳の「待庵」も、ドバイのホテルも、アベノハルカスも、新興都市群も…。
歴史を貫く人間の営みを記号化、文様化したものと思うと…。

 

10Bの鉛筆を走らせ、一心にスケッチをしていた手を止めて、ボンヤリとこのような他愛もないことを考えながら、物事を想像し設計する仕事は面白いな、と今更ながらに思ったりしています。

私も年頃だし婚活ではないですが、文物仲間たちの嫁ぎ先と貰ってくれる人を見つけ始めなければ…。

 

 

写真:左、上 アルチンボルド「司書」の絵とフィギュア

   中 江山文化「玉龍」石造  下 歌川国芳 寄せ絵

 

 

 

 

 

2018年3月13日

2018年3月6日
季節性ツンツン症候群

 

しばらく俯き加減の姿勢が続くと…ツンツン!
(あっ、来たな!)
もう二十年来になりますが、ご多分にもれずいわずとしれた花粉症です。
毎年2月から梅雨前まで悩ましく、これを「ツンツン症候群」と名付けています。
名の由来は、茶の点前中に起きたことからです。

一心にお茶を点てていると、粘性のない鼻水が二滴、茶碗の縁に前触れもなく落下。
「アッ」と客から声が…。
苦し紛れに、「それでは自服で」と、作り笑みを浮かべながら…。

 

日本列島の山には杉が最も多く、戦後は植林が奨励され、山という山に植えられました。

30年以上の孫の代になって使えるようにと、将来に向けての思いやりの政策でもありました。
ところが経済的利潤の追求を第一としたエコノミックアニマルが活動した昭和40年(1965)頃から、安価を理由に外国産の木材を大量に輸入し、国内の杉やヒノキは放置されることになりました。
成長した杉は全国に花粉を大量に巻き散らすことになったのです。放置された杉のしっぺ返しが花粉症といえるようで、現代病の花粉症は、人間の欲から発生したともいえます。

石器時代から造られてきたはずの木の建築は、工夫を重ねながら今日に至っています。木造建築技術は世界に類のないもので、林業とともに高度な生活文化を形成し、継承してきたといえます。
これからの時代は木の建築を奨励し、人工林は伐採サイクルを定め、木と共存できる建築環境を保持できるようにすべきだと思います。
人間も自然の一部で構成員であるという感覚は、なるべく土や石、木や草というような自然界に存在する材料で構成した建築に居住することが最適なはずです。

我が国の木造技術はオリエンタルマジックと称されるほど高度なものです。技術は革新を伴うものですが、先人はこれを成し遂げてきました。私たちもこれを継承し、新たな時代に呼応できる木の建築を創り続けて行きたいものです。

 

私は花粉症を「季節性ツンツン症候群」と名付け、苦しみながらも仲良くしています。ツンツン症状がでると、杉、ヒノキを伐って使わなくては、と思いを新たにします。

それにしても、私の耳鼻咽喉を直撃する花粉症の色気のないこと。妙齢の女性の近くに寄れないことは何よりストレスです。
これから三ヶ月はクスリをやらずにツンツンと同棲状態。

仏陀は生きているのも苦しみと説いています。正にその通りだと…。

 

 

2018年3月6日

2018年2月25日
想像と理想

理想とする建築家像を追い求め、既に40年が過ぎています。
未だ道半ばですが、この頃は自分のイメージする理想形に到達することはないと思うようになりました。

2000~05年に「空と宇宙の未来都市・スーパーアミューズメントシテイ施設」(約120ha規模の敷地内)の未来都市の基本構想立案の任に就きました。
その中心となる巨大パビリオンは「グレート・アーボ」(集約型展示施設で、空と宇宙のデーマ館)と名付けられ、規模は平面でタテ:300m、ヨコ:240m 高さ50mで、宇宙から飛来した未確認飛行物体をイメージしたものでした。

これを計画した折に遭遇したスケール感は、体験のないもので、仮想現実というか空想の空間そのものでした。
宇宙というものを考え、宗教や科学の世界を彷徨する三年でもありました。

この折に同時進行していたのが、茶室の「小間席」の設計でした。
小間席の平面は約2.7m×2.7m。敷地の広さは約270㎡。
パビリオンと茶室とのスケール感の差異に苦しんだ三年でした。
未来都市計画は起業者の都合により数年で頓挫し、一方の茶室は完成しました。

この折の三年間は私の設計観を大いに惑わせ、狂わせ、それまであった想像力をバラバラに解体しました。何を頼りに建築の設計をして行ったらいいのか迷わせることになりました。

それから暫くして住宅の設計依頼を受けました。
その計画を練っている最中に不思議なことに遭遇しました。
どのような建築でも設計できる気分が芽生えていたのです。
以来、その感触は今日まで続き、敷地に立ち、構想し、設計し、施工し、完成した後の維持や管理を一貫し想像できるようになりました。

建築の設計は崇高な志が為せる業。
建築家は、その高い理念の下に人類のすぐれた遺産を継承し、新たな文化を創造し発展させて行く使命を佩びる…。

この私の理想は達成できない可能性が高い。先人はどのようにしてその使命を果たしてきたのか。どのように次代に継承してきたのか。
そう改めて思う昨今です。


構想計画案(設計主旨抜粋)2005年

空と宇宙がテーマのメインパビリオン
「グレート・アーボ」
(展示館 平面 タテ、ヨコ 300m 240m 高さ50m)
集約型展示施設で、空と宇宙のデーマ館。
アミューズメント シテイの中核をなす建築で、ハレー彗星をモデルにした地上絵の先端部に宇宙から飛来した未確認飛行物体のイメージでデザインした。

九星を現す円のドームと、それを結ぶスーパーチュウブは、それぞれ企業パビリオンの展示空間で、宇宙ステーション内の光景や体験施設のほか、イベント、ライブ会場、宇宙食レストラン、グッズ売店、休憩所、託児所、宇宙トイレなどが、未来型のデザインで配置される。

中央ドームは直径70メートルの空間に2基のロケットと組立て中の人口衛星を配備し展示のみならず、ロケットの製作過程を見ることができる。最上階は中央管理室とSCJ本社。階下は眺望レストランと大浴場を設ける。

建物は最先端の免震工法を用い地下に水と備品を主としたデュポ(備蓄基地)をつくる。

災害時には1万人6か月避難生活の拠点となるほか、国レベルの災害対策本部として機能する施設とノウハウを完備する。


 

 

 

2018年2月25日

2018年2月21日
眼前に富士

高校の部活顧問の訃報が届き、通夜に参列してきました。
十五歳の春から五十七年間、交流して頂いていました。
最近は篆刻と弓道に励まれ、多くの教え子たちは皆その姿に励まされていました。

違う工科のため授業は受けたことはなく、卓球も柔道をされていたとのことで直接指導を受けたことはなかったですが、部員をインターハイに出場させるなどの功績を残されました。
私にはひたすら人の生きる道を説かれ、酒を飲み興が乗ると、

男児志を立て郷関を出ず
学もし成るずんば死すとも還らず
骨を埋むる豈ただ墳墓の地ならんや
人間到る処青山あり

必ず幕末の勤王志士釈月照の「壁に題す」の詩吟を詠われました。
「男は志を立てて故郷を出たら、成就するまで帰ってくるな。死に場所は代々の墓のある地ではない。至るところに青山(死ぬ場所)はある。」
何時もそういって励ましてくれていました。何時しか詩吟を覚えた私は、未だに折々詠っています。

後年、縁あって篆刻に興味を持たれ、互いに篆刻したものを送るなどの交流をして頂き、多くの作品を遺されました。

葬儀会場近く、夕陽に染まる富士山を見て、「志は諦めさえしなければ叶うものだ。願心を高く持て。自分を信じて励むように。」といわれていた言葉を反芻していました。

富士の地に生まれ、多くの人を愛し育て、愛妻と生きた熱血の師は、八十三の生涯を静かに閉じました。

 

「いいか、決して諦めるなよ!」
帰路、夜陰に紛れて声が聴こえていました。

  眼前に富士 師は身罷るや 仰ぎ見る       合掌

 

葉書:先年、私詠の和歌に篆刻を添え贈って頂いた師の作品。

 

 

2018年2月21日

2018年2月11日
バンチェン縄文の土器

今年の秋に茶事を催すことにしています。
準備は半年前からと決めていますが、今回は水指に土器を使ってみようかと思い立ち、先日、倉庫を探してみました。
(確かあったはずだ、…。)と。

 

2000年にタイ・チェンマイを訪ねまた折に見かけた土器があり、なぜか気になったので、ガイドを介し求めたものでした。あれから約20年。
探し、出てきたものは、やはりタイ・バンチェン遺跡出土の土器でした。

ベルリンの東アジア美術館や東京博物館に所蔵されているバーンチエン出土の土器と同類のもので、彩色はされていませんが、紀元前二千年~三千年前のものといわれているものでした。また土器を確認してみると、文様は目の粗い紐(縄)文でした。

 

タイでは、日本でいう縄文期の約一万五千年前よりもっと前の旧石器時代から、農耕生活をしていた先住民がいて、黄河文明・メソポタミア文明とは違った、東南アジア独自の文明を持った民族の存在が確認されています。
稲作や豚などの家畜が行われ、ガラスや、青銅器・鉄器などが使われていたことにより、中国を起源とする青銅器の歴史も覆りました。

我が国でも旧石器時代にはすでに木造の竪穴住居に住み、生活していたことが判っていますが、東南アジアでも同じような人間が暮らしていた可能性も否定できず、今後の発掘研究成果が楽しみです。

 

茶事にはもうひとつ日本の縄文文化と中国・江山文化の文物を荘る予定にしています。
ふとしたご縁で入手した内モンゴル自治区出土の江山文化の遺物は、日本の縄文期に暮らした人たちとほぼ同じような価値観を有していたことを解らせてくれています。

日本の縄文土器に表された記号は、「男女が愛し合うこと」、「子供に恵まれ無事に出産できること」、「作物がたくさん収穫できること」だと解明されています。

何時の世にも「男女と子孫、食べて行けること」これが真理で願いというもので、人間が願い祈る心理はこれ以外の何ものでもないようです。

 

茶事の主題は「五千年の昔」となりそうです。
人類出現以来現代まで、人間の欲望と苦しみに変わりはないようです。

茶の湯には、人がひととして生きて行ける領域があります。
掃除から始まり、掃除に終わることは人の一生の縮図のようです。

客人は縄文の水指を観て、さて、何と言われるか…。

 

写真:タイ・バンチェン遺跡の土器(WEBより)

 

 

2018年2月11日