日本のすがた・かたち

2018年9月9日
通常気象災害

常々自然の気象には異常というものはない、というのが私見です。
異常と通常との境目は学問上の統計が根拠となっていて、その歴史は精々百年程のものです。
48億年という地球の年齢からすれば、ほんの瞬きでしかない時間の計測が私たちの判断基準としている方が異常なことのように思います。

 

最近発生した災害は、「2016年4月:熊本地震」、「2019年6月:大阪北部地震」、
「2018年7月:西日本豪雨」、そして復旧に追われている「2018年:台風21号」、2018年9月6日:北海道胆振東部地震」と枚挙にいとまがありません。
いずれもが甚大な被害を受けて死者も多く出ています。
これらを異常とか想定外とかという基準で判断できるものではないようです。

 

我が国の記録に残る災害は,1000年代以前の白鳳地震(東海地震・南海地震):684年11月29日に発生したM8.4(くらい)の地震から始まり、10万人の死者が出たという「関東大震災」(1923年9月1日に発生したM7.9の地震)までに発生した大災害は66回です。以降、北海道胆振東部地震まで85回。
有史以来、約1500年の間に起きた大災害は150余といわれています。これらはいずれも想定外といわれています。

自然事象に対抗し、ましてや征服するということは愚かなことだと先賢は看破しています。人間が生きて行く上で、どうしても変えられない最大のものは「自然の事象」といわれます。また「過去」と「他人の人格」も変えることはできないもので、これらに上手く付き合っていくには「折り合いを付けて行く」以外にないようです。

災害対策には妙案はなく、災害に備えできる限りの準備をし、後は事象に任せ、皆で力を合わせ復旧、復興をして行く以外にないように思います。そしてこの繰り返しの知恵を次代に伝達できるようにすることだと思います。

私たちは生息地域の気候風土に育まれて生活しています。空気、水、食料、住い、衣服、エネルギーなどを得て暮らしています。

自然の循環に逆らわず、順応し、折り合いを付けながら、地域特有のエネルギーをシンプルな方法で得て暮らして行く知恵を持ち、次代に伝えて行く…。

私は木の建築を設計しながら、この自然界の中で順応し、使う人たちが健やかで美しい生活を目指してくれるようにと念ずるものです。水、木、石、土など、これらを用いて実現を夢見る昨今です。

太陽光発電ではなく、水力発電を多くすることも併せて…。

 

    被災され亡くなった方のご冥福をお祈り致します。

 

写真:地震で発生した北海道厚真町の土砂崩れ現場=6日午前8時21分(共同)

 

 

2018年9月9日

2018年8月29日
猿人・原人・原生人類と建築

この夏の猛暑は70年の間で最高レベルとのことです。
それに加えて忙しさも最高レベルで、汗まみれの日々が続いています。

最近の人類学研究では、440万年前にエチオピアの森に棲んでいたラミダス猿人というチンパンジーとも人間とも違う二足歩行の生きものは、一夫一婦制でメスの獲得にエネルギーを使わないことで子孫を残し、子育を手伝っていたといわれています。

370万年前にはアファレンシスへ進化し、彼らは仲間を持つに至り、240年前にはホモ・ハビリスとボイセイに分かれこの頃には既に石器を使用し、道具をもつ人になっていたとのことです。
その後に出現したホモ・エレクトゥスは走るのが得意で、およそ180万から7万年前まで生きていて、150-100万年前、更新世初期に肉食により脳が大きくなり、精巧な道具を作りその子孫がアフリカ、アジア、ヨーロッパの各地に分散したといいます。
ネアンデルタール人、ホモ・サピエンス(現生人類)などがそれに続き、洞窟から海岸へ出て、アムール貝などの未知なる食料を得て海を渡ったとされています。

そのホモ・サピエンスの子孫が私たちで、440万年前の血を受けついていることになります。
ヨーロッパ人と日本人の共通祖先の分岐年代は、7万年前±1万3000年であると推定されています。

私が人類の進化に関心が高いひとつに住いがあります。先人はどのようなところに住んでいたかということです。
日本人にとっての手がかりは縄文時代の1万5千年前ころからのものですが、7万年前に始まり、1万年前まで続いた最終氷河期が終わったころ、祖先は既に森の木を利用して住いをつくり集落を形成したのだろうと思います。

縄文早期の建築は雨露をしのぐために造られたと思います。
平地の近くの木を使い、蔓で結び、草や葉を掛け、土を載せた屋根を作り、火を使い、土器を作り、家族で住んでいたと推測されます。土、石、木、草や葉などの自然材料を加工したものが構成材料です。

森林で覆われた日本列島では早くから木造建築が造られ、それが弥生時代に受け継がれ、古墳時代、飛鳥、奈良、平安、鎌倉、室町、桃山、江戸と受け継がれ、今日に至っています。
特筆すべきは、世界に類例を見ない大材を用いた寺院建築から細い自然木を用いた茶室建築に至った1500年の建築文化の変遷です。
奈良仏教から禅宗にいたる伽藍、神社建築、寝殿造り、書院造り、民家、城郭、町屋、数寄屋(茶室)建築への変遷は、まさに日本人の精神性や風習、風俗などの文化の息吹が見てとれるものです。

私は建築家を志して40数年経ちますが、先人が手で造ってきた木造建築のすがた・かたちを見る度に、気候風土が生み出した日本人の優れた特性を見つけ出し、自分はその子孫だといつも思います。

先人は大昔から営々と木の建築を造ってきました。
私もその一員として、後の人たちのお役に立つ仕事を目指しています。
暑さと忙しさも、木の香りと共にあれば・・・。

 

写真:ホモ・エレクトスの模型(Web・ウキペディアより)

 

2018年8月29日

2018年8月15日
「治山治水」再考の時かと

40数年前、静岡県伊東市鎌田に造られた「奥野ダム」の管理棟の設計を担当しました。
その折に我が国の水力発電の歴史や実態を知ることになりました。
勿論、ダムに関する仕事は初めてだったこともあり、日本の戦後の高度成長期を支えた電気エネルギー源の殆どが水力と火力であったことを知り、ダムの重要さを思い知らされることになりました。

奥野ダムは「中央土質遮水壁型・ロックフィルダム」という形式のもので、1972年に着工され1989年に竣工しました。
ダム建設に伴い奥野地区27世帯が移転を余儀無くされたとのことを聞き、仕事の重さを一層感じたものでした。

ダムの景観の中に設計する管理棟は、それまで設計してきた建築とはスケール感が異なり、街中や公園、宗教施設とは趣が違います。ましてやその折には茶室の小間席の設計も同時進行でした。
悩んだ挙句、「ダムのシンボル」をテーマにデザインし、設計主旨書を県に提出し、承認を得ました。

この仕事の完成後から、日本の森林と電気エネルギーについて考えるようになりました。
その後、原子力発電に頼り大きな試練を経ながら現在に至っている訳ですが、最近の豪雨や台風による災害を見るにつけ、先人が勧めてきた「治山治水」の重要さもさることながら、日本国土が生み出せる「水力発電」による電気エネルギー確保を再考したらどうか、と・・・。
アリババの会長は、ビックデータは「現代の石油」だといっていますが、日本のダムは「未来の石油貯蔵湖」になる可能性があるのではないかと思います。

自然の有様は人間の尺度を超え、私たちはそれに順応して生きて行く他はありません。どう考えても対抗し、征服は不可能で、過去を見ても予想外の事象ばかりです。

ダムを再考し、改修し、水に逆らうことのない工夫をし、日本の日本による電気エネルギーを創出することがこれからの課題ではないかと思われてなりません。

災害時の流木による氾濫、洪水、土砂崩れなど、水エネルギーの恐ろしさを見るにつけ、森林の管理方法と水エネルギーの確保を30年スパンで考え、実行に移すべく行動を起こす時が来たと思います。

金儲けのための太陽光発電は自然の営みから離れて行くシステムに思えます。
私たちは自然の循環サイクルから遠ざかれば遠ざかるほど、痛い目に遭うようになっているようです。

 

写真:「奥野ダム・管理棟」 ふじのくに静岡県公式ホームページより
http://www.okunodam.jp/

 

 

 

2018年8月15日

2018年8月7日
ジャズ&花火

「サマータイム」を聴きながら若い頃と建築について回想していました。

60年も前、ハリーべラフォンテの「バナナボート」がヒットしていた頃、ジャズに出会いました。鈴木章治の「鈴懸の道」、シルオースチンの「サマータイム」、「バラの刺青」、オスカーピーターソンやロバートアイラーのフリージャズと共に、よく新宿のジャズバーで聴いていたことを思い出します。
その後もジャズとの縁は続き、今に至っては仕事場のBGMの殆どがジャズとなっています。

数多くい中の一曲と問われると、シルオースチンの「サマータイム」と答えています。
この曲には数々の思い出がついて回っていて、自分の人生の喜怒哀楽が織り込まれているように思えることです。また哀調の旋律が私の好みということもあり、何時聴いても過ごしてきた時がそこに蘇ってきます。

熱海・水晶殿ジャズライブに招待を受け、久し振りに生ライブを聴くことができました。
市内にあるジャズクラブのピアノトリオとサックス奏者の出演でした。
「サマータイム」、「スピリチュアル ユニティ」、「スピリッツ リジョイス」、「セービングオールマイ ラブ フォー ユー」、「人生のメリーゴーランド」など好みの曲ばかりでした。

ジャズはピアノやサックスだけでも聞けますが、ベースとドラムスが加わると、俄然生きもののような様相を呈してきます。
この夜はドラムスが良く、二時間余、堪能しました。
最後の「チュニジアの夜」が演奏されると、綺麗な熱海の夜景に花火が打ちあがり、この演出の良さも相まって、改めてステージである水晶殿の存在を思いました。

熱海駅の高台にある「水晶殿」は岡田茂吉翁の設計で戦後造られた建築です。
この熱海随一の名建築は茂吉翁の、「多くの人々に美しい生活をしてもらいたい」との願いで造営されたものです。
その願いの通り、300人ほどを容れたホールは品の良い美しい香りに包まれていました。

優れた建築を造るには、施主、設計者、施工者がいずれも優れていることが必要です。三位一体が醸し出す旋律に似て、「和」を尊ぶジャズも建築を造ることも同じだと花火を観ながら思い、先年、建築家として、この水晶殿の改修設計監理の任に就いたことを誇りに思っていました。

 

ライブを催して頂いた皆さんに深謝九拝。

 

「小柄でネ…」
〽 浴衣姿が好みだけれど それに笑顔じゃ 目がタレル

 

 

 

2018年8月7日

2018年7月31日
言葉と道具

避暑と調査を兼ね北海道へ旅をしてきました。
逆走した台風12号を尻目に良かったとも思いましたが、行ってみると連日35度超えの酷暑でした。
今年は地球規模の異常気象だそうで、私たちは今、自然には正常も異常もなく、想定内も外もないことを知らされています。
自然は気候風土を作り、生物はその中で順応し生き延びて行く他はなく、異常気象も人間の勝手な基準といえます。

 

北の縄文文化は近年の研究により、様々な学説が覆され、改めて発掘に依らない仮説の危うさを思い知らされています。
中でも木造建造物に関しては眉唾ものが多く、今では毛皮のパンツをはき、石の槍を持った縄文人像をいう人は少なくなりましたが、草葺き屋根の復元建築物に至っては、もはや信をおけないものとなっています。
木材は腐食により形が遺らないため、竪穴の跡を見て現代人が勝手に想像するほかはないため、殆どが怪しげな復元となります。
私は、竪穴跡は見せても、住居復元はしない方が良いという立場をとっています。なぜなら現代人で見たことのある人はいないからです。

 

現在の学説では、我が国の木造建築の歴史は縄文時代からといわれていますが、私は1万五千年前からではなく、先祖は後期旧石器時代の3万年前から森や海の民として木や草や石を利用して暮らしていたと推測しています。
その証拠は道具にあるとみています。

 

先日、東博で縄文展を観ましたが、石器の発達が木や草、石の加工の歴史を作ったのだと改めて思いました。
縄文草創期には既に石器などにより、竪穴住居が造られていて、その始まりは旧石器時代に遡ると思います。
約4万5千年前の第一亜間氷期は1万年以上続いたといわれ、それからの温暖期はヒトが人類社会を完成し,氏族共同体を構成して飛躍的に生産性を高めた新人が登場したといわれています。その生産力を高めたものこそ道具というものでした。

 

人類は「ことば」を生み、言葉は道具を生み出しました。
人類の歴史は道具に依って展開して来たといっても過言ではありません。
言葉はすがたを創る道具であり、道具はかたちを造る道具といえます。

人間の強い想念は、形になるべくして空間に未分化して溶けて在るといいます。
想念もまた言葉によって組み立てられているものです。

 

北の大地で、言葉はヒトが知能を持つ以前に在った、と、旨いビールを飲みながら空想に耽っていました。

 

写真:「札幌ビール旧工場」

 

 

2018年7月31日

2018年7月14日
土と石と木

このところの猛暑は記録的のようです。
年々熱中症に気を付けるようにしていますが、子供の頃から塩分や水分補給などの習慣がなかったせいか、余り対策はしていないのが現状です。
三日前、庭の椿の葉に蝉の抜け殻があって、この夏も蝉しぐれが近いことを知らされました。刻々と季節は巡っていることを…。

 

去年の九州北部豪雨で40人もの死者を出し、今回の西日本豪雨では200人以上が予想され、現在なお新たな災害が心配されています。
地震、火山噴火などと共に日本列島は災害列島であることは論を待たず、いかに先祖たちが工夫し治山治水に心がけてきたのかが偲ばれます。

 

今日、首相官邸で開いた西日本豪雨の非常災害対策本部会議で、今回の豪雨を「特定非常災害」に指定すると発表されました。西日本豪雨は特定非常災害の指定としては東日本大震災や熊本地震などこれまで4件の中で、豪雨での適用は初めてとなります。
いかに被害が甚大で、復旧が大地震に匹敵するものかが理解できます。

 

TVのニュースで豪雨による河川の氾濫をみると、山崩れによる土砂と流木が橋を破壊し、氾濫が起きている様子が映ります。
流木は植林した沢沿いのものが多く、植樹を限りなくした後、間伐を怠ったことにより、陽が当たらなくなった地面は痩せ、しっかり根を張れなくなった木が多くなったことも流木が多くなった原因といわれています。

 

対策は林業保護の補助金制度とされていますが、私は、「植えて育てて伐って使う」、という循環サイクルが破綻していることにあるとみています。「植えて、放置し、使わない」という人間の身勝手が流木氾濫の原因といっても良いと思います。

 

先人は、生活を気候風土の中で工夫し、知恵を伝え、継承してきました。
自然は猛威ではなく、畏れながらもその中でたおやかに生きる術を伝えてきました。
日本人のDNAには自然は征服するものではなく、恭順しながらその中で子孫を残して行くというものでした。土、石、木による木造建築は自然の中で生活するその最たるものといえました。

 

災害に遭うたびに、決して自然には想定内はなく、自然の恵みに生かされる生活を目指すことが良いと学ばせてもらっているのではないかと思います。

私の仕事は限りがあっても、木の建築を創り、次代に伝え、また次の時代に伝えてくれるように念じながら…、今日もまた…。

被災され亡くなった方の冥福を祈り、一時も早い復旧と復興を願い、僅かな支援をさせて頂きます。

合掌

 

 

 

 

2018年7月14日

2018年6月30日
風が変われば命がけ

 

句歌都々逸集—『緑の洞』の編集が進んでいます。
昨日の編集打ち合わせは「都々逸」(800唄)でした。

都々逸は母の影響で子供の頃から唄っていて、多分、ませたガキだったのではないかと想像されます。
何しろ都々逸は、男女の色気を唄っていることが多く、江戸時代から座敷や粋筋での遊び唄として唄われてきた背景があり、子供の世界ではないからです。

母は家に集まる漁師たちにせがまれると、何時も台所から着物姿の割烹着で手を拭きふき現れ、座敷の下座に座ると、

 

〽 種蒔かぬ 岩に松さえ生えるじゃないか 想うて添われぬ ことはなし~

 

などど、それはもう子供の私でもホレボレする声で2、3曲やるのです。6歳頃の私に詞の意味は分からぬものの、この幼い時の体験が、後に歌舞音曲にハマることになったのは確かでした。

長じて都々逸を唄う時は、早朝、鏡台に向かって髪を梳いていた母を思い出し、粋な女だったな、と懐かしむものでした。

和歌や俳句、都々逸は作り初めてから約50年経ちます。
編集をしながら読み返してみると、その当時のことが蘇り、両親や兄弟と過ごした日々が懐かしく思い起こされます。そして、13人居た家族は2人残して亡くなり、命あるものの限りを思います。

先人は歌や句を詠み、生きる道標や伝授、感慨としてきました。
建築家を志して40余年、日記を書くことをしなかった私の記憶は、日本人が好み表現してきた、これら極短の文学形式によって記録されてきたようです。

今では300年生きる木の建築を構想し造るのも、唄などを詠むのも、皆同じ想念の業の上にあるような気がしています。

 

〽 端(はな)は浮気で 漕ぎ出す舟も 風が変われば 命がけ~

 

母の十八番でした。

 

写真:編集担当カワシマノブエさんの校正用原稿

 

 

2018年6月30日

2018年6月20日
無数の活断層

この10日ほどで群馬、千葉、大阪、山梨、また大阪と福島に地震が起きています。
専門家の間では活断層のあるところでは、何時地震が起きても不思議ではない、とのことです。
そうすると、日本列島は活断層が至るところにあるので、地震の巣窟であることは論を待ちません。

三年前、近くにある箱根山の大涌谷周辺が小規模噴火を起こしました。
その折に箱根山は直近の噴火が3100年前であり、噴火前後の観測データがないことが話題になりました。現在の学問では、噴火予知は不可能に近く、ハワイやグアテマラの噴火はまさに人智及ばざる状況で、成す術もないところです。

近年、日本列島は地震の活動期に入ったとされ、現在最も注目を集めているが日本地震予知学会会長の早川正士氏の理論のようです。
「地震が起こる約1週間前、前兆現象として地殻のヒビ割れが起こる。このヒビが電磁波を発生させ、地球上空の電離層に作用する。電離層は通常、上空60~800キロメートルに存在するが、電磁波の影響を受けると地上に数キロメートル近づく。地上から送信される電波は電離層ではね返り、再び地上で受信されるため、異常があった場合は、電波の送受信がいつもより短時間で行われることになる。各地の観測所で得られた結果から地震の震源地と発生時期を予測している。」
この理論からすると、地震は生命体である地球が宇宙の法則に沿って起きるように思えます。地球の表皮であるプレートの動きも地球だけの条件という訳にはいかないということです。

南海トラフ巨大地震の発生も現実味を帯びてきました。
60万年前、火山島だった伊豆半島が日本列島にぶつかり、その時に地下にマグマが生まれて富士山と箱根山ができたといいます。2つの山はいわば兄弟の関係で、距離も25kmしか離れていないので、どちらかが噴火すれば、連動してもう片方も噴火する可能性があるといいます。


私は、良寛禅師に倣い「地震は来た時に対応すれば良い」との考えに与しています。
いたずらに過度の心配は禁物で、何時何処で遭遇するか誰にも分からないからです。

北大阪地震では国宝の茶室が被害にあったようです。人命は無論ですが、形あるものは壊れるのが定め。仕事柄、列島に存在する優れた建築に被害がないことを願い、万が一に消滅することがあっても、先人の遺徳を継承し後の世に伝えるべく、復元できる準備を怠らないようにしたいものです。

私は、より耐震設計に努め、長く人々の役に立つ建築を造って行くことを目指しています。

 

写真:南海トラフ巨大地震の想定震源域 画像は「Wikipedia」より引用

 

 

2018年6月20日

2018年6月6日
相模の海

久し振りに熱海・瑞雲郷の「水晶殿」に入りました。
平成大改修の設計監理を担当し、完成してから6年の歳月が流れています。

往時、設計者の岡田茂吉翁が座られていた,というところに座し、遠い相模の海を眺めていました。
初夏の風光はことのほか瑞々しく、棚引く雲を観てこの地が将に「瑞雲郷」であることを改めて感じました。

水晶殿は唯の建造物にあらず。
眼前に展開するたおやかな絶景と同化し、意思を持ち、この場を訪れる人々に何かのエネルギーを注いでいるように感じました。この感覚は初めて訪れた40年前と変わらないように思いました。

棚引く雲、霞む相模の水平線、影だけの伊豆大島、手が届きそうな初島、海面に二筋を描く連絡船、幾重にも渦をみせる潮の流れ、正面は僅かに霞む故郷の町…。

海で遊んだ幼い頃、家族や友達の顔、9歳の頃から既に湾を隔て見ていたこの水晶殿…。
29歳で建築家を志し、最初に縁があった水晶殿の円形サッシュの改修設計…。

それから43年経ち、この円形ホールに座っている不思議さと縁を感じていました。
(決して偶然ではない…)

建築は完成した時から古くなり、そして朽ちて行くものです。形あるものの宿命で、これを避けることはできません。しかし、先人は多くの人にとって重要となる建築を可能な限り遺し、活用してきました。それは先人の遺徳の継承であり、文化の継承というものでした。後の人たちが生活するために必要とするであろう「すがた・かたち」でした。
そして継承は建造物ばかりではなく、言葉や教え、技術や環境の保全、開発の工夫、自然への適合の智慧に及ぶものでした。健やかに生きるための手立てといえるものです。

建築家は自己の知識、経験、人間性など全てが問われる仕事で、そして行動は人々のためにあるべきだ、との思いは今でも変わりませんが、水晶殿に座り、完成に至る過程を振り返ってみると、仕事とはその折々の縁と事情でしかできないことを改めて思いました。

相模の眺望は、私にとって清らな気に浴す貴重な時間でした。
水晶殿から発するエネルギーは、この清らな大気のように思いました。
(何が、清らな気を発し続けているのか…)

故郷の海は優しく静かでした。

       故郷 に 帰 る こ と も な し 舞 う カ モ メ

 

 

 

2018年6月6日

2018年5月23日
仏師、飛天を彫る

 

先日、愛知県春日井市にある名刹・退休寺の本堂に飛天の彫刻を納めたとのことで、彫刻師の高畠(旧姓森田)彩乃夫婦が報告に来てくれました。
平安後期といわれる本尊の阿弥陀如来像が有名な寺ですが、その背後の壁には四体の飛天が荘厳されています。
彼女は本尊の正面左の飛天を担当したものとのことでした。
写真を見るとモデルは本人と見紛うばかりで、神秘的で肉感的で、そして色気を感じました。眼の先は本尊阿弥陀様。

仏師は、制作に関してはその持てる知識、技術、経験、そして人間性が表白される作業といわれ、どのように繕っても現在の自己の持てるものしか作品に反映されないものです。
彼女は独立してからの一年余、日々精進を重ねてきたのだとこの作品が教えていました。
この飛天は去年の夏に制作準備をしていたもので、その写真からは随分、イメージが変わったな、と思いました。
聞けば伴侶の助言が大きかったとのこと。彼も獅子頭の彫刻師であり、特に顔の表情表現には一家風を持っているので、得心がいったものでした。

天は、天空を自在に飛行するロマンそのもの。欧米では天使で「翼」を仏教国では「衣・領巾(ひれ))で飛翔します。天国へも極楽へも飛んで行ける夢の飛行体です。

私は仏の世界を荘厳するにもっとも多用される飛天は若い時分から興味があり、インド、ネパール、ブータン、中国、朝鮮など現地で実見してきました。
天上を住いとする神仏と、地上の衆生との連絡を飛天に託しと思われる説話が多く残されているのを見ると、飛天は神仏界と人間界を結ぶ重要な存在ということになります。

天使、天人、楽天、天男、天童、天衆、天女とも呼称されてきた飛天は、現代に至り、女性で顕されることが多くなり天女といわれるようになりました。
「羽衣」は能楽の第一の名曲。天皇は即位の秘儀に「天の羽衣」をまとい、皇祖神と一夜過ごすといいます。

彼女が富山の射水市から持参してくれた飛天の写真は、私の好奇心を痛く刺激しました。
ものづくりの原点は常に「我が裡にあり」です。その想念をすがた・かたちにかえるのは知識、技術、経験、人間性、そして願心です。

彼女の来訪は、暫くボンヤリしていた私の願心に火を点けてくれました。
共に精進あるのみ。

寺の檀信徒の方々は本堂の飛天を観て、精気を感じるのではないかと想像できます。
ものづくりに勤しむ若者は、この結果に励まされるものです。
彼女の将来が楽しみです。

 

 

 

写真:春日井「退休寺」飛天

下:昨年の持参の飛天習作

 

 

 

 

 

 

2018年5月23日