日本のすがた・かたち

2019年4月11日
いずれ「日本原人」も

4月11日のニュースによると、「アジアで第5の原人 6万年前、比ルソン島に」の見出しで、以下の記事が掲載されている。

― フィリピン・ルソン島の洞窟で見つかった歯などの化石が新種の原人と分かったとフランス国立自然史博物館などのチームが10日付の英科学誌ネイチャーに発表した。現生人類のホモ・サピエンス(新人)が到達する前にいたと考えられ、アジアでは北京原人などに続き5種類目となる。化石は5万年前から6万7千年前のものと推定。アジアではこれまでに北京原人のほか、ジャワ原人、インドネシアのフロレス原人、台湾沖で化石が見つかった「澎湖人」が知られている。
初期人類に詳しい国立科学博物館の海部陽介人類史研究グループ長は「現生人類のように進歩的な面と、チンパンジーなどにみられる原始的な面が混じっている。ルソン原人と呼んでいいと思う。アジアに多様な人類がいたことが示された」と話している。(産経ニュース 2019.4.11 07:07ライフ 科学)―

 

15年ほど前から、私は、400万年前にアフリカから発生した新人類(ホモ・サピエンス)が世界に広がった、という説に疑問を持ち、現在に至っています。
今では、「世界各地に人類は発生していた」というのが最も信じられる説で、気象学、遺伝学、血液学、言語学、考古学などから、最古の日本人は20万年前から日本列島に住んでいたとされます。

その中で、興味をひくのが石器で、日本産の黒曜石が後期旧石器時代から新石器時代にかけて、日本海を渡り、ロシアのマラヤガバニ遺跡まで約1000キロ運ばれていた事実が判明しています。その他にも大陸に渡った黒曜石は各地に遺り、日本人が海外に進出してことが立証されています。
また、風俗、血液型、白血病抗原体などからも日本人が大陸に渡っていたことが判り、既に北京原人や今回発見されたルソン原人などが生きた時代に、既に日本原人が活躍していたことに違いありません。
いずれ火山活動や酸性の土壌により、骨などの化石が出土しない列島の風土からも、確たる証拠が見つかるのではないかと思っています。

 

縄文時代から始まった太古の日本人への興味は、私を飽かすことなく、世界各地で出土報道がある度にワクワクしています。
未だに日本に原ニホンザルが生息することもあり、日本原人(飛騨原人)が日本列島にいたとの情報を、今かと待っているところです。いずれ原日本人も発見されることでしょう。

 

天皇即位の大嘗祭は、縄文時代の生活を遺しているといわれます。
その祖先は旧石器時代からの風習を営々と今日に伝えています。
令和の世、私たちは歴史を繋いで生きています。

https://www.sankei.com/life/news/190411/lif1904110007-n1.html

 

写真:原人の暮らし、火を道具として使い始めた。
(模型、愛知県犬山市・リトルワールド)

 

 

2019年4月11日

2019年4月4日
「令和」・心寄せ合う想像力

「令和」が新元号に決まりました。
この二文字の典拠は万葉集の第5巻からといいます。

「梅花の歌三十二首并せて序(あわせてじょ)」
「時に、初春の令月(れいげつ)にして、気淑く(き よく)風和ぎ(かぜ やわらぎ)、梅は鏡前の粉(こ)を披き(ひらき)、蘭は珮後(はいご)の香を薫す(かおらす)」。
「時あたかも新春の好き月(よきつき)、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている」。

 

政府が元号の典拠を万葉集に求めたことは誠に好ましく、快哉という他はありません。
発表された途端に、号外を求め人は殺到し、万葉本は特需でこれまた売れまくっているといいます。

 

中学生の頃の愛読書は『万葉集』と『唐詩選』でした。
人の情愛は万葉集から、人生の彷徨は唐詩選から影響を受け、特に和歌の詠嘆の魅力に虜になったことを覚えています。
「恋ひ恋ひと 逢える時だに美しき 言尽くしてよ 長くと思わば」石川坂上郎女(いしかわさかのうえのいらつめ)の歌に魅され、良く歌ったものです。

 

元号は天皇崩御の際に代わりますが、令和は退位のための制定のため、お祭り気分で発表を待つことができました。あたかも時は満開の桜の候。

 

やれ、キリストの生誕から始まる西暦が現代的で良い、封建的な元号はIT時代に相応しくない、安倍首相は天皇を政治利用しているからけしからん、などなど煩いこと至極です。
まあ、何事も人のすることに難癖を付けなければ済まない輩がいることは承知していますが、そのクレーマーたちが、アナログの「号外」に殺到した様には、苦笑する他はありません。

 

お祭り気分で結構。新しい時代に立ち会えることは稀なこと。ましてや「令和」の意味は「心寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味」です。令(うるわ)しく平和に生きる日本人の原点をそこに見るような思いがします。

 

私は元号があることにより、国家という存在を確認し、天皇を戴く日本の文化の深遠さを改めて思います。日本人に生まれて本当に良かったと思います。

 

元号が改まると、私の心境も再生する思いです。5月1日が待ち遠しくあります。
私にとっての令和は「心寄せあう想像力」と解しています。

 

                何もかも新たなるかな天地も 煌めき代わる令和の朝陽に

 

 

写真:平成31年4月1日AM7:00の富士山

 

 

2019年4月4日

2019年3月25日
平成改元

この頃、新しい仕事場を得たせいか気合が入り、愛用のT定規が活躍しています。
高校入学時に親に買ってもらった製図用具一式は、その後の59年間常に道連れでした。
その間に描いた設計図は三千枚以上と思われます。

 

パソコンによるCADソフトで図面は描いていますし、幼稚園レベルの落描きが写真レベルのクオリティーになる、AI技術による「GauGAN」なるものの存在も知ってはいるのですが、どうも性に合わず、何時の間にか手描きの設計図に戻っています。私の建築設計のスタイルは、T定規なくしては成り立たないようです。

 

なぜ今、このことを書くことになったかというと、平成の年も後僅かで、新しい元号の年になることによります。
31年前に昭和から平成に元号が変わりました。私は不惑の年を迎えていましたが、その頃は不惑どころか超多惑の頃で、海に小舟で漕ぎ出したような不安の人生真っただ中で、T定規だけが頼りという有様でした。
ただ、元号が変わったことにより、なぜか気持ちが一新し、不惑感に近づき、改めて我が国の伝統文化の深遠さに思いを致すことになったのでした。

 

「象徴天皇の源流」と位置付けられ、権力と権威が分離したとされるのが、9世紀前半の平安初期、第52代嵯峨天皇の頃といわれます。以後、天皇は権力を持たず、時間と空間を抽象的に支配することになりますが、その「時間の支配」を表すのが元号といわれます。
鎌倉から室町時代にかけ、足利義満などにより幕府の将軍や実力者が改元し、権力の源泉とした時期もありましたが、そのような混乱期も天皇は存在し、皇位継承が続いてきました。「奇跡の制度」といわれる所以です。

 

元号は天皇と一体で、645年の大化から1400年近く続いてきた日本独特の制度は世界に類をみないもので、現在の一世一元制は、平安初期の桓武天皇から淳和天皇までの4代にわたる治世もそれぞれ単一元号であり、中国・明代以後の伝統とされますが、わが国の歴史は古く、先人の叡智が創作した「時間の支配」は営々と続いています。

 

現代の独裁者国家の行く末を考えれば、過去の歴史がその答えを出しています。勿論、独裁国家では我が国の天皇のような存在は機能しないと思いますが、独裁者の末路は無残としかいいようがないものです。権力を持った分だけ悲惨な結末になるというのが歴史の事実です。

我が国の天皇には権力や財力は存在せず、有るのは時間と空間を抽象的に支配する機能、つまり象徴という権威のみ。しかし、この「権威のみ」というシステムこそ、世界に誇る日本システムであり、日本文化の大きな塊なのです。

 

改元は甦りへの祈りのように思います。誰でもが今日から明日へと甦生を願います。私にとっての5月は、何もかもが一新する月になりそうです。

くたびれたT定規が「まだまだ使えるぞ!」、といっているようです。

   平成も 終わりぬ開く 桜かな

 

 

 

2019年3月25日

2019年3月17日
黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)

天皇陛下が4月30日に退位することを皇居・宮中三殿に報告する祭祀(さいし)「奉告(ほうこく)の儀」が12日午前、執り行われました。
陛下の退位に向けた一連の儀式が始まり、4月30日の国事行為「退位礼正殿(せいでん)の儀」まで9の儀式が行われます。

この日の祭祀は午前10時ごろに始まり、陛下は、「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」という天皇のみが身につける束帯をまとい、厳かな表情で、皇祖天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる賢所(かしこどころ)の回廊を進まれ、内陣で、退位することと、その期日が4月30日であることを報告する「御告文(おつげぶみ)」を読み上げられ、歴代天皇と皇族がまつられている皇霊殿、国中の神々がまつられている神殿でも同様の御告文を読み上げられたそうです。

午後には天皇陛下が、伊勢神宮や初代とされる神武天皇、孝明、明治、大正、昭和の各天皇の陵(みささぎ)(墓)に使いを派遣する「勅使(ちょくし)発遣(はっけん)の儀」も御所で行われました。
天皇の退位は、憲政史上初めてで、宮内庁は平成の即位の儀式や、通常の宮中祭祀などを参考に儀式を立案したといわれます。これから退位の期日までの儀式はいずれも先祖への拝礼となります。

3月26日 神武天皇山陵(奈良県橿原市)に天皇陛下が拝礼する
4月18日 伊勢神宮(三重県伊勢市)に天皇陛下が拝礼する
4月23日 昭和天皇山陵(東京都八王子市)に天皇陛下が拝礼する

4月30日には、退位礼正殿の儀(皇居・宮殿)。天皇陛下の立場として最後に行う儀式で、国事行為として、三権の長や閣僚、地方代表らも参列し、首相が国民代表の辞を述べ、陛下が最後の「おことば」を述べます。

 

黄櫨染御袍が天皇陛下の服として定められたのは、弘仁11年(820年)とされます。陛下が退位を黄櫨染御袍の束帯をもって皇祖天照大神に報告されることは、我が国の永い歴史と共に先祖が営々と文化を繋ぎ、育んできたことを実感させます。

 

「身を浄め、威を正し、先祖に報告する」、その儀礼、儀式を営々と未来に託してきた日本人。その象徴たる天皇の皇室。私は二千数百年の歳月を凝縮した日本文化の大きな塊をここに見ます。

 

幾多の困難を乗り越えて伝え来た先人の叡智が平成の御代から新たに引き継がれます。
昭和、平成、新たに改元される年。この時代に生きあわせたことを嬉しく思います。

 

天皇は、日本人にとって再生のシンボルです。

 

写真:今上天皇即位式 黄櫨染御袍のお姿 (Webより)

2019年3月17日

2019年3月11日
皇統命(すめらみこと)

2019年4月30日に今上天皇が生前退位され、翌日5月1日には皇太子が新天皇に即位されます。平成の次の新元号が2019年4月1日に発表されますが、いよいよ日本の新しい時代の幕開けとなります。
初代神武天皇から126代目の新天皇の誕生は、昭和、平成、そして新しい年号と共に、改めて日本の歴史を訊ねることになります。

 

山本健造が遺した「飛騨の口碑」によると、ホモサピエンス(新人類)が地上で暮らし始めた頃、日本列島にも先祖がいて、その始原は飛騨の淡山(乗鞍岳・飛騨大地)としています。
私は、我が国の木造建築の始原の調査から「飛騨の口碑」に興味を持ち、考古学や遺伝学、歴史学を頼りに山本原日本人説を日本国史の柱としてきました。その説は、発掘されている石器から、20万年から37万年前から日本列島には原日本人が住んでいた、というもので、信にたるものでした。

 

山本健造の最大の功績は、肇国の歴史を明らかにしたことで、「古事記」や「日本書紀」の国史を時の権力者の都合の良いように改編したところを糺し、記紀の紀元前1世紀頃の出来事を神話仕立てにした理由などを挙げています。
中でも紀元1世紀頃初代神武天皇(サヌ命)が即位される際に皇統命の辞令「位板」(くらいいた)が大和のサヌ命に授けられ、晴れて神武天皇として即位されたと口碑に遺ることを明らかにし、歴代の天皇が即位式に臨む際、岐阜県高山市にある位山の「イチイの木(一位の木)」によって製作された笏木(しゃくぎ)を使われてきたことの意義を説いています。(笏木とは神社の神主や斎主が持ち儀式を行う薄い木の板のこと)

 

飛騨位山の一位の木で製作される笏が、歴代の天皇の即位式に献上されてきたのには理由があります。紀元前3~5世紀頃から続く、35代のヒルメムチ命(天照大神)などの皇統一族の亡骸が埋葬されている御陵がその位山であるということです。39代ヤマトイワハレ命(サヌ命・神武天皇)も天の岩戸といわれる大岩に祀られているといわれます。

私は、日本文化の大きな塊は神道、日本仏教、皇室、茶の湯にあると思っています。
その皇室に営々と伝わる笏木は飛騨の位山に生える常緑針葉樹の一位の木は、我が国の真の歴史をものがたり、皇統命・皇室のふるさとが飛騨であることを伝えています。

 

即位に合わせて行う大嘗祭は、2019年11月14日から15日にかけて挙行されるといいます。
今回の大嘗宮は少し仕様を変えるようですが、東に萱葺きの「悠紀殿」、西に「主基殿」が木肌を剥かない櫟(クヌギ)で造られ、周りに芝垣が巡らされます。殿の中にはそれぞれ北側の「室」と南側の「堂」に分かれ,北側には「褥(しとね)」「衾(ふすま)」と呼ばれる寝所が像置かれ、東側に天照大神が降臨する神座と対向する天皇の座がしつらえられ、そこで神人共寝共食の秘儀が行われるといいます。

この大嘗宮を造るところの木を切ったり、草を刈ったりするのは悠紀国、主基国のいわば神人(じんにん)といわれる祭祀・神役集団とされ、この度の建築は、皇居東御苑の旧江戸城本丸跡の広芝に、大手建設会社5社が共同で担当しています。
ITが席捲する現代にあって、木の国ならではの文化といえます。

 

木の文化は,先人の叡智が結晶しリアルに躍動しています。

 

 

写真:平成の大嘗祭で皇居・東御苑に造営された大嘗宮

 

 

2019年3月11日

2019年3月2日
老人介護施設?

昨年から今年にかけ、名建築に関する講演の機会を得ました。
その折に「三島市にある小松宮別邸をご存知ですか?」と聞いてみました。
応えはゼロでした。
ならば、「楽寿園はいかがですか?」と。
数人の方が手を挙げられました。
「その楽寿園の中に在る楽寿館は?」。
やはり数人の方の反応でした。

 

三島市の名勝・「楽寿園」公園の中に建つ「楽寿館」は、明治23年~25年にかけて造営された小松宮彰仁親王(明治天皇名代・伏見宮邦家親王第8王子)の別邸です。
建物が市の所有となった折、名称を市民からの募集によったため、小松宮別邸の庭園名が「楽寿園」、建物名が「楽寿館」となりました。謁見の間の名称が「楽寿の間」であったためでした。以来、宮家の名建築は「楽寿園」の中の「楽寿館」として呼称され今日に至りました。

15年前に市の文化財審議委員になった折、楽寿園や楽寿館を「小松宮別邸」と呼称されたらどうか、と提案しました。当時の市長や関係者の反応は殆どありませんでした。

 

昨年末から、「小松宮別邸」に残る最後の建物が、国の登録有形文化財として申請する運びとなり、私がその申請の任に就くことになりました。
諦めていない私は、この機会を逃しては、と市長始め教育長、市の関係者に「楽寿園」が無理であればせめて「楽寿館」を「小松宮別邸」に名称変更されたらどうか、と説きました。
京都にある桂離宮に勝るとも劣らない宮家の建築は、国の重要文化財になる可能性が高く、三島市にとって国にとっても重要な文化財だと。

 

文化庁が条例改正により、2020に向けて日本の歴史や文化を世界に発信しようと、文化財を観光資源にすることに舵を切りました。
国の文化財を元に収入を得ることは、平和的なことで、我が国の世界に誇る文化を資源化することにより、文化財の保全と利活用が進むことにもなります。

「楽寿館をご存知ですか?」
「それって老人介護施設ですか?」

この会話があったことを市の関係者に伝えたら、ショックを受けていました。

 

今回の申請は「小松宮別邸」名を入れました。
近く小松宮別邸の名が世に出ることと思います。
〈明治期の宮家の名建築が発見された!〉ということになるかも…。

 

写真:小松宮別邸の御殿

 

 

2019年3月2日

2019年2月22日
1万年往来

今、世界で最も話題性に富んでいるといわれるものにAI・人工知能があります。私はAIに関心があり、その可能性に期待しているひとりです。

一方、多くの人はAIにより仕事を奪われると危惧し、その話題が喧伝されています。
色々見方や考え方により見解が分かれるところですが、私はというと、まあ、AIが活躍する頃には多分この世にいないし、心配することはないとのんびり構えています。
先日も若い人たちとこの話題で盛り上がった時、AIに生身の人間が征服されそうになっても「心配するな、なるようになる。」と、一休禅師張りの話をしました。

私の結論は、人間の能力が人工的に劣ることになっても、人間が人間でいるかぎり人工物は人間を超えることはないということです。この地球上では自然の摂理に逆らうことは不可で、人工物はそれに順応できるとは思えないのです。

 

AIに関心が高くなっている私には、ある変化が生まれています。縄文時代など古代への関心が高まっていることです。これは10年ほど前からですが、その度合いはPCやスマフが活躍するに比例しているようです。
20年前、縄文時代の住まいを研究し始めたのがきっかけで、今では何かと現代と縄文時代を対比させるような癖が付いています。
(縄文の人たちにはスマホは魔法使いの道具に思えるだろうな…)から始まり、
(スマホばかりで地図を見ていると道を覚えないな…)
(電気がなければスマホは使えないな…)
(バーチャルの世界で物事が完結してしまうと体得できるものがなくなるな…)などと、空想や妄想が広がって行きますが、縄文からの古代史に関心を持っていると、何事につけ古代と現代との往来が新鮮となり、また、思いがけなく貴重な情報を得、また歴史上の人物との出会いが私の可能性にスポットをあててくれることになります。

 

時系列を遡り、我が国の木造を俯瞰する時、私は得も言えぬ高揚感に満たされます。
そして現在取り組んでいる、茶室群造営計画の遂行に行きつきます。
ナポレオン・ヒルは「思考は現実化する」といっています。私の心はそれに同化します。
心は方向性を持ちながら時空に融けてあるからです。

 

スマホもAIも量子コンピュータも縄文時代も、人間が棲息していて成立してきたこと。
人間の好奇心と欲望には限りがない、と仏陀は教えていますが、本当にその通りだなと今更のように妄想しています。

(それにしても超精巧なロボットに、官能的な色気が欲しいな…)。

 

最新の「アンドロイド観音」

https://www.sankei.com/west/news/190223/wst1902230036-n1.html

 

 

 

 

2019年2月22日

2019年2月10日
新しい仕事場

昨年5月から新たな事務所作りをしていまして、どうにか来月から本格的スタートとなりそうです。

事務所の引越しはこれで5度目になりますが、現在取り組んでいる計画遂行には手狭となり、近くに仕事場を移す準備をしていました。木製の机は全て自作で、使い易さ抜群です。

何しろ3年ほど前からチョーウ・タボウで(まあ、余計なことばかりしているとの声も聞こえていますが)、引越しも6回に分けてとなりました。

 

引越しの度に思い出すことは、初めて事務所を開設した29歳の6月のことです。
今にして思えば恥ずかしくもありますが、身も心も燃え盛っていたことを思い出しますし、あの新しいトレーシングペーパーや鉛筆の匂いは何時までも覚えています。

現在はパソコンやAIによる設計環境に変化していますが、新しく仕事場を移す時の高揚感やそこはかとない不安は変わらず、ああ、また空想と現実の間で漂う生活が始まると、全身に力が漲る思いがしています。

 

仕事場は、主として茶の湯のステージ「「三島御寮」造営計画のためのもので、二人のスタッフと15人のブレーンが交会する場でもあります。
さあ、何はともあれボチボチと…。

 

私は設計の職人を目指しています。
私の知る限り、職人は皆人生をかけて仕事に向かっています。
私も人生をかけて設計監理に向かっています。
限りある命の限り。

 

今年の正月は高熱で1週間ほど休みました、引越しなども重なり、長くHPが改まりませんでした。心配して下さった方々もあり、改めてお礼を申し上げます。

 

写真:設計・伊豆国分寺 天井下絵「地球創成」 大谷まや画

 

 

 

2019年2月10日

2019年1月26日
寝た正月

 

果てない宇宙のような空間に,建築だろうか、ゆっくり回転しながら近づいては遠ざかって行く。
数百もあるだろうか、確かに皆見覚えがある。
手の届くところに禅寺の塊が来た。
それは木でできた模型のようで、木組みも確かな出来栄えだ。
住宅も茶室も近づいては遠ざかって行く。
私は宇宙遊泳するようにその建築の間をさまよっていた。

 

正月の5日から高熱を発し、一週間休んでいました。
どうも毎年の正月休みは体調を崩すことが多く、今年も同じ半月でした。
高熱でうなされていた時に観た幻覚と妄想の、回転しながら漂っていた建築は、気が付けば全て今まで自分で設計してきた建築でした。
(まあ、50年も設計していれば…)

 

その中に金に輝くUFOのような建築がありました。
それは現在取り組んでいる「茶の湯のステージ「三島御寮」造営計画」のマスコットキャラクターでした。

 

我が思う建築家を目指して50年。未だその途上にありますが、ひとついえることは「私も仕上げの時期に入ったようだ」と思うことでした。
建築は、基礎造りから始まり、本体架構、仕上げの工程を経て完成します。左官工事に例えていえば、下地、中塗り、仕上げの工程となり、私の仕事も仕上げの時期を迎えたということです。
年齢もさることながら、漸くやることが手に取るように見えてきた、そのことの実感に直結しています。このリアルさは胸を熱くし、命をかきたてるエネルギーに満ちています。

 

「人間の幸不幸は心が決める」、とは先賢の言。それも健康があっての相談で、弱った体力や認知を得ていたら、心の判断は難しく、また何人もそれを避けることはできません。

 

この寝た正月、高熱妄想世界に浮遊しながら唄った都々逸
  〽 ボケた振りしてお尻をさわる「オジイちゃん、オイタしちゃダメよ!」
     「ん、」にっ、と笑って舌を出す

 

唄いながら、ようやく設計図に向っている毎日です。

 

写真:木造のUFO

 

 

2019年1月26日

2019年1月1日
謹賀新年



                            あけましておめでとうございます

                  新玉の年の初めの富士の嶺に
                君健やかであれと願いぬ

                     2019年 元旦
                      太田新之介




2019年1月1日