日本のすがた・かたち

2020年7月3日
土器は語る

このコロナ禍真っただ中に、しきりに縄文時代の先祖のことを想います。

1975年から始まった青森県大平山元(おおだいらやまもと)遺跡から出土した世界最古といわれる縄文土器は、約1万6500年前のものでした。
この土器がもたらした様々な情報は、今を生きる現代人にはとても新鮮でした。

 

先年、東京国立博物館で縄文展を観ましたが、土器の造形や迫力にも増して世界最古の文明があったことを確認し、興奮したことを覚えています。
それはメソポタミア、エジプト、インダス、中国の「世界4大文明」が覆り、日本は文明を中国から教わった後進地域だったという歴史観が変わった日でもありました。

「そもそも土器は、日本で発明され、西に伝播したのではないか?」
「ヒトも同じように日本列島から西に移動したのではないか?」

 

近年、この疑問を解く発表が続き、現代の研究では、北アフリカで1万年前後の土器遺跡が続々と見つかっていることをふまえ、土器の発明は東アジアの日本列島であり、それが西に伝播していった一方で、それとは別に、アフリカで独自に土器が発明された、という説が有力となっています。
それは、我が国の先祖は1万7千年前から土器を発明し、土と木と石と草をもって住いを造り、定住生活をしていたことを立証していることにもなります。

 

縄文の先祖は、日本列島を巡る海で寒流と暖流がぶつかり合う世界有数の漁場を有し、豊かな森林からは木の実やキノコなどがとれ、さらにイノシシやシカ、ウサギなどの動物も豊富でした。こうした自然の恵みで争うことなく、四季折々の豊かな食物に恵まれていました。
森を切り開き畑にすれば、樹木がなくなり、やがて表面の土壌が失われてしまいます。牧畜でも家畜が草の芽まで食べてしまえば植生が失われ、土壌が劣化します。外国の砂漠化はそれを立証しています。それに比べ、祖先たちは1万数千年以上もこの日本列島で暮らし、しかも豊かな自然を残してくれたのです。
国連のいう「持続可能な開発」〈Sustainable Development〉 という概念は、まさに縄文人たちの生活がそのまま当てはまります。

ポスト・コロナは世界を混迷に誘う可能性が高いといえます。
今、この先を思う時、私たちは先人の知恵に思いを致す必要がありそうです。
それは自然の中で、自然の環境に順応し、自然の恵みを分かち合い、共存共栄を図るということになります。

世は権力行使と暴力による奪自由化の坩堝と化しています。独裁は憎しみを生み、やがて悲惨な滅び方をします。こうして歴史は繰り返していますが。人間の欲望には限りがないことが分かります。

今、縄文土器を水指にした10月の「吟秋の茶事」を企画しています。土器を見ながら数千年の時を想起していると、改めて「持続可能」な木の建築造りに邁進して行かねば、との思いに至ります。そして私が子孫に遺せるものがあるとすれば、これかもしれないとの思いにも。

 

    〽︎ 嗤う他なしこの世のことは とどのつまりのあの世往き

 

写真:上 大平山元遺跡(青森県外ヶ浜町出土)縄文草創期の土器片
中下 人面深鉢土器(勝坂式 縄文中期 伝山梨県北杜市縄文遺跡周辺出土)

 

2020年7月3日

2020年6月18日
夏越大祓と夏祭り

「夏が来れば思い出す~」。
六月の夏越大祓の「茅の輪」くぐりが始まると、故郷の夏祭りと青春真っただ中の頃、友と歩いた尾瀬の湿原を思い出します。

近くの三嶋大社では、毎年、古式に則り夏越の大祓式・茅の輪神事を斎行していましたが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、神職のみにて行い、一般の参加はできなかったようです。でも茅の輪は6月7日(日)より参道に設けられ、くぐれるとのことです。

大祓は、半年の節目にあたり、日常生活において知らず知らずのうちに犯している罪や穢れを祓い清め、清らかな姿に立ち返らんとする神事で、茅の輪をくぐることで、疫病を避けられるとの信仰があります。私の場合、今年はコロナ自粛のために輪をくぐる機会を失っていて、多分、罪穢れがもう半年分溜まり、大晦日まで持ち越しそうです。(トホッ)

7月20~22日までは郷里漁師町の「阿治古神社」の夏祭りです。
創建は古く不明で、記録によれば、天正18年(1591)、豊臣秀吉が厚木城を攻めた折、網代から軍船を出すことを要請し、30艘の船と漁師たちが協力した手柄に応え、神社の祭典の神船とその奉仕者に刀を授け、流れ瓢箪の幕染めを許可したとのことです。

現在でも祭りには奉仕者は流れ瓢箪の幕染めを使い、神船「両宮丸」の巡幸渡御が勇壮に行われます。また無形文化財に指定されている鹿島踊りの奉納や山車の練り歩き、太鼓など、小さな漁師町の祭りとは思えないほどの熱狂ぶりです。

私は子供の頃からこの祭りに使う山車に乗るのが好きで、今でも彫刻で埋め尽くされた天照大神や龍神、故事来歴の人物、吉祥文など鮮明に覚えています。町内にある神船、八つの山車の彫刻は飛騨の匠、南砺市の井波の名工、立川流の彫刻師が彫ったとも聞いていました。

 

後年、私は建築家を志し、伝統建築の造営に手を染めてきました。
その中には自然木をそのまま使う黒木造を始め、ケヤキ、クス、カツラといった材の彫刻のデザインする仕事に多く携わる縁がありました。

今日までその仕事は続いていますが、木材を目にしてそれをすがた・かたちに設計する時、私は何時も夏祭りの山車で遊んだ思い出に浸ります。
そして、漁師だった父の姿を瞼に浮かべます。

 

人間は何処で生きても、生まれてから今日までの旅を続け、また明日へ向かって歩いて行くようになっているようです。

 

写真: 上 三嶋大社「茅の輪」神事
中 阿治古神社(祭神 天照大神) 熱海市網代
下 夏祭り 神船

 

 

 

2020年6月18日

2020年6月7日
令和六月・涼風

約二ヶ月の巣籠状態を脱し、今日から自粛解除となりました。
執筆はことの他はかどらず、ウツウツの連続でした。
これから推敲の日々が始まります。

 

パソコンのキーボードを叩きながらも、常にコロナ禍の動向は気になり、世界のことは兎も角、これからの日本はどうなって行くのかを考えていました。
今、アメリカと中国の確執とデモ、暴動、略奪、殺人・・・。
その中で我が国は何から何までやることが遅いと、行政は叩かれるばかり。果たしてそうだろうか、と考えていました。
それらは一概に過去と比較できない、今という時代ではないかと・・・。
スマホやCP、AIというものを得ている現代という「時代」故なのではないかと。

 

この頃小学生がハマっているという、マイクラゲームを観て驚かされました。
ノートPCを観ているとそれは瞬時に建築物を組み立てながら設計し、設計しながら組み立てて行くもので、雲の上まで造られた超々高層ビルの屋上にはプールは勿論、宇宙船着陸場まである、というFS的奇想天外の設計です。

そしてまた、高層建築は瞬時に計画を変更し、崩しては組み立て、組み立てては崩し、まあ変幻自在の様でした。
観ていて、「これはもう、オレたちの出番はなくなるなぁ」と思いました。
時代というものは、人間が好奇心や欲望により知らずしらず作って行く時間の蓄積で、何人もそれを止めることはできません。
しかし、それが人間にとって良き有様になるかどうかは未知のものです。

 

2020年という時代に生きている私は、どうもこれからの時代は、色気と味気が薄くなるような気がしています。
バーチャルリアリティーの世界が広がって行くと、実感や触感といった五感を動員して暮らす術は、必要とされない可能性も大です。生きものとして自然の中で生息するのではなく、子孫は、人工的な環境の中でしか生きられないのではないかと危惧するこの頃です。

今朝はお茶の稽古が始まるのを機に、露地を改め隅々まで手入れをしました。
樹々や草、苔たちは待っていたような気配を見せ、既に繁茂した季節の装いを済ませていました。
時代を超えて生き続けてきた「茶室」という建築・・・。
これは我が国の先人が営々と造営し、日本文化の源流を伝えてきた「木の建築」・・・。
私は露地の草を引きながら、息絶えるまで造り続けて行こうと、改めて思いました。

 

 〽︎露地の草引き 空仰ぎ見て 令和六月 風涼し

 

2020年6月7日

2020年5月23日
「如庵」の向こうに

ご多聞にもれず、世の自粛要請によって巣ごもり生活が続いています。

新型コロナの影響は地球規模となり、ある程度の終息はあっても、特効薬やワクチンが開発されなければ、第2波、3波は避けられないようです。
良い形でコロナと共存していかなければならないのは必然で、今、「人間もウイルルス」だ、と改めて思い知らされています。

 

この一ヶ月ほどは本の出版に向けての執筆生活でした。
幸いに人に会うことも少なく、我が裡に深く入り込める時間が作れたので、これ幸いと原稿に向かっていました。

私はかねてより日本の建築の精髄を見聞し、その意たるところを記録に留めておきたいと、「伊勢神宮」、「熱海・水晶殿」などの考察研究を上梓してきました。
その見聞や研究の動機というのは単純で、自身の建築設計の質を上げたいというものでした。つまり、私の設計の水準がどの辺にあるのかを探る手立てでもありました。
過去、住宅から始まり、30数種の用途の建築を設計してきましたが、その問いかけは今でも続き、筆を擱くまでそれは絶えそうにありません。

 

今、私を原稿に向かわせているものは「茶室・山月庵」です。
この茶室はもう十数年前から気にかかっていて、訪れる度に興味をひかれ、謎が膨らむものでした。
私好みの国宝「如庵」は、以前犬山で建築団体依頼の講演をした折に大概のことは得心し、未練はなくなりましたが、こと「山月庵」に関しては未だに気を惹かれるものが大で、「如庵」の向こうに見えていたのが「山月庵」でした。

 

建築の設計を始めると、日頃の饒舌は影を潜め、巣籠症候群に罹ります。執筆も同じ様相で、自閉性適応障害を呈し、どちらも習慣性というところが特色です。その都度、周囲は迷惑するものですが、ここは何処かの国と同じように一党独裁を貫いています。

コロナも一党独裁も米大統領選も、そして私の自閉症生活もなるようになると思います。
「心配するな、成るようになる。」とは一休禅師の遺言。
この頃、この言が妙に私を包んでいます。

 

  人の世は 金の亡者の浮き沈み 食うて出てくりゃ是非もなし

 

 

2020年5月23日

2020年5月5日
晴耕雨読

この二カ月ほど、得難い日々を送っています。
多分、あと数ヶ月はこの状態が続くのではないかと思います。

コロナウイルスが起こしている様々な社会現象は、現代社会の盲点を炙り出しているようです。
ひとつは、国際政治は偽善のかたまりで、残酷だということです。
またグローバルな問題を目の当たりにし、その解決のためには国際協調が必要といいながら、実際には各国は自己の利益しか見ていないことです。

そのような事実が暴かれたコロナショック時代は、どのように生きて行くのか。当面はこの課題に取り組まなければいけないことになりそうです。
具体的には新型コロナの感染拡大により物理的な動きを封じられ、世界中にエゴが強く根付いていく中で、自らを守り、かつ可能な限り輝くための術や戦略をしっかりと意識し、実行に移し始める必要があるようです。

 

私たちの生活は外国からの産物で成り立っています。基本となる食料の自給率は40%といいます。
ということは、食料の輸入を止められたら国民の6割は生きて行けなくなることになります。約7500万人余が餓死の危機に晒される計算になります。

私の関わる建設関係に於いても、この二カ月前ほど前から、建設資材の供給が遅れ、現在では輸入がままならなくなり、工事が中断している状況です。
TVなどで工事中断の看板を見る度に、私たちは安価な建設資材が無尽蔵にある、という錯覚に陥っていたことを知らされます。

 

何故このようなことになったのか。
様々な原因があるとおもいますが、ひとつには飽くなき利益の追求にあり、儲けるためなら自然環境破壊も厭わず、先人が営々と築いてきた自然との共生や、固有の伝統文化の継承も軽視してきたことがあるようです。
新型コロナは、欲望の限りを尽くす人間の所業を直撃し、自然から遠ざかり、生きものという観点から遠ざかった分だけ取り戻すことが肝要だと教えているかのようです。

人間の本性は我利我利亡者であり、詰まるところ他人はどうでも良いという生きものといえます。それを調整してきたのが宗教に代表される国々の文化だったと思います。
自然発生的な民族固有の文化に反し、利のために動けば歴史は鉄槌を下し、自然の摂理は人心の欲望によって変えられることはないように思います。「グローバル化」というまやかしではなく、時間を要しても自給自足の生活を目指すことが肝要かと・・・。

 

このところは晴耕雨読の日々。
勿論どこまでこの日常が続くのか分かりませんが、生業はブレーン数人の生活を案じつつ「その時はその時」として、今は、晴れれば露地の草を引き、雨降れば本を読み、気が向けば散歩に興じ、神仏に参り、日本建築の真髄探求に勤しんでいます。

出来ることは人に会わないこと。
それだけのこと。

 

                     夢を見て 生きる蒼穹 鯉のぼり

 

 

 

2020年5月5日

2020年4月26日
大地に生息

天も地も
神も仏も 日も月も
貫くものは そこの心根

陽が昇るのか、地球が迎えにゆくのか。
46億年も前から日々繰り返えされている運行。
そして私はこの大地に生息しています。

日本に生まれて、この頃ようやく足元が見えてきたようです。
今、日本の国の面白さ美わしさを発見し、胸を躍らせています。

コロナと生存競争だ!
自粛軟禁生活にめげないように、自分を励ましています。

 

 青モミジ 命の風に 蒼い空

 

 

2020年4月26日

2020年4月13日
コロナ性引きこもり症候群

一説によると、インドネシアのタンボラ火山が破局噴火すれば、社会というものは1週間ぐらいで崩壊するそうです。急激な氷河期が来て、たぶん1年ほどでほぼ世界は全滅するとのことです。人類はそのレベルの生物のようです。
今、世界を恐怖に陥れている新型コロナウイルスも、ある意味人類がそのレベルの生きものと知らせているようにも思います。

現代社会は人間間、民族間、国家間では、存続をかけて戦いという選択がありますが、ウイルスでは特効薬かワクチンの開発しか手立てがなく、戦い抜くといっても見えない相手故に手探り状態が続いています。
こうなったら、なるべく人間に接触しないことの専念する他はないようです。
医療崩壊をきたした国々は、出来る限りのことしかできないので、後は天に任せる他はありません。

生活が困るからといって他人の所為にし、国が悪いといって、補償するように迫っていますが、ここは一番、他人の所為にせず、コロナの所為にし、国の支援を待つことです。そして自分が罹っていることを想定し、先ずは出来る限り食料を確保し、他人にうつさない行動をとることが必要です。
そしてまたコロナの自然衰退を待ち、万が一罹ったら覚悟することです。

刻々に入るニュースを見れば、グローバルな社会とはいえ、国情により対策は夫々で、ウイルスの撲滅方法はどれが良いのか、民族自決の方法となります。
中国武漢に端を発したウイルスを人間が地球上にバラマキ、広げました。その対応のすがたは決してグローバルではなく、個々の国の在り様によって様々となっています。これから益々感染が広がると思いますが、一縷の望みは特効薬です。
私は、日本製の薬が救世主となるといいな、と思っています。

現在、仕事も滞り、作業方法も変わり、生活も蟄居のような現状となっていますが、考えてみると照明の無かった時代は、日の出と共に起き、食べ物を得て日の暮れと共に寝るというものでした。生活のベースも個人主義ではなく、大家族的で統制のとれる生活のようでした。つまり自然の事象の中で、自然を畏敬し先祖を崇拝する、自然循環サイクルの中の一員として生きていたということです。それがスマホに象徴されるような激変した生活様式に・・・。

生来、自閉的引きこもり症候群の私は、昨今のコロナ世情の中では比較的生活変化はなく、相も変わらずスケッチブックに10Bの鉛筆を走らせています。
コロナ一過の後に来るだろう夢のない生活に、少しばかりお役にたつことができたらと・・・。

 〽︎ アタシコロナで本読むばかり 主は未だに引きこもり

 

 

2020年4月13日

2020年3月31日
新鎖国令

今日3月31日、茂木敏充外相は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国、カナダ、中国、韓国の全土や欧州のほぼ全域など49カ国・地域の感染症危険情報を4段階で2番目に高い「レベル3」(渡航中止勧告)に引き上げると発表しました。
これまでは中韓の一部地域やイラン、欧州の23カ国にとどまっていましたが、アジア、大洋州、北米、中南米、中東、アフリカなど世界全域の73カ国・地域へと大幅に拡大しました。

いよいよ日本ばかりか世界各国は鎖国政策を始めざるを得なくなったと思いました。
新型コロナウイルス禍は止まることを知らず、国々は国境を封鎖し、他国との接触を断つ行動に移りました。
これは江戸時代初期(1639)に始まり、幕末(1854)まで続いた国を閉ざす鎖国と同じで、目的や内容に違いはあっても、他国との接触を断つことについては同じようです。

現在の状況がしばらく続くとなると、国々は新型ウイルスとの闘いに明け暮れ、経済ばかりか、食料にも事欠くようになり、果ては国の文化、文明に衝撃を与える可能性が高まるのではないかと思います。
そして、グローバル社会指向は崩れ、未来志向の自給自足に向けた生活を再構築することになるのでは、と考えられます。
きっとエネルギーを湯水の如く浪費し、経済的利益を享受する指向や生活を再考することになりそうです。

我が国の鎖国は、江戸文化の爛熟期を創出し、人々は清貧ながら時代を生きてきました。江戸文化は後の私たちに大きな影響を与え、特にモノづくりは濃密で他国に類をみない独自の工芸を生み出しています。
閉じられた国境内に醸成した民族独自の表現といえます。

この数ヶ月の国々の有様は、他国に頼らず、経済優先の我欲を調整し、気候風土の中でそれぞれが生きる術を再構築するように、と諭されているようです。
またウイルスは、札束を道具にして金稼ぎに精を出してきた者たちの、如何に非力な有様を嗤っているようにも思います。

私はというと、ファンだった志村けんと同じく高齢者ゆえ、マスク、手洗い、アルコール消毒に努め、良く食べ、充分な睡眠時間の確保に邁進しています。
そして、隠れ自閉性引きこもり症候群が功を奏し、仕事に集中する昨今です。
ただ、花粉が難敵で、こいつはアルコール消毒も効きません。

・・・嗚呼!

 

 

2020年3月31日

2020年3月13日
不快な生活

“東証1万8千円割れ コロナショックで売り殺到”
今朝のニュースです。
今、世の中は何処を見ても新型コロナ騒ぎで、人間が活動する判断の多くがコロナウイルスに左右させられています。
このような状況になると人間は至って非力で、思想や哲学は役に立たず、体力や精神力さえあてになりません。

 

ウイルスの前にはただ平伏すのみで、どのような策を講じても余り効果はなく、感染者は忌み嫌われ、人間の扱いすらされないようになってきます。

感染を広げない方法は人が人と接触しないことに尽きるため、接触することで成り立っている人間社会が崩壊して行く様が見て取れます。何はともあれ特効薬の開発を待つしか打つ手はないようです。

 

これから各国の政治は混乱し、経済は破綻し、文化の濃度は希薄してくるはずです。そうなると国々の政策は財力と医療に集約せざるを得なくなります。
財力と医療のない国はウイルス感染を座視するしかなく、最終的には自力で食料を賄い、仕事を創出し、グローバル社会ではなく鎖国的国造りをするようになるはずです。

 

私はこのところ縄文時代の生活に思いを致すことが多くなっています。
木の実や草木、魚や貝、そして栗や米を品種改良しながら栽培し、子を育て暮らしていました。自然を畏れ敬い、先祖を崇拝し、小さな単位で生活域を守り、エネルギーは自然循環サイクルの中で購っていました。
その生活が良いとは思いませんが、今直面しているウイルス対応生活は、縄文期のライフスタイルを参考にする必要がありそうです。

 

安全、便利、快適を得て刺激的で情報過多の現代社会は、逆に多くの問題を創出しています。エネルギーを得るための原子力を始め、石油、ガスなどが環境問題を引き起こし、それに対応するためにまた膨大なエネルギーを必要とします。そしてそれらが生む権益や権力欲・・・。
人間の欲望には限りがありません。
その飽くなき欲望に黄信号を灯した新型コロナウイルス。眼に見えない敵は、人類に密かな警告を発しているようです。

 

2月初めから花粉症対策を講じてきた私は、マスクを購入しなるべく外出しないことや、人混みを避けることをしてきましたが、これがコロナウイルス禍と連動したため、何となくコロナ対策となってきました。
ただこの一ヶ月、年度末了の仕事に追われ、無粘性の鼻水と共に不快度の高い生活を強いられてきています。

それにしてもツン、ツンと予告もなく落ちてくる鼻水。

(アッ)・・・。

 

 

写真:前庭に咲いた椿「抜筆」―百花誰が為に開く―

 

 

2020年3月13日

2020年2月23日
バイキンか!

新型ウイルスで世界中が混乱しています。
由々しき問題は、今日ニュースにでた「新型ウイルス対応医師らが職場で“バイキン”扱いさえている件です。

目に見えない敵には不安と恐怖をかきたてられるものですが、「オイ!そこまで地に落ちたのか!」というのが私の実感です。
自分が、医師に対応してもらったら、まさかそうできないだろうし、ましてや医師の家族までそのような扱いを受けているとなると、何をか言わんということです。

医師は何も好き好んで対応しているのではなく、職業としての務めを果たしているのであって、非難されることなどないはずで、むしろバイキン扱いしている輩を隔離した方が理にかなっているというものです。

 

先人は「他人様に迷惑をかけないように」、と教えてきました。それが、皆が和み暮らせる原理原則のひとつでした。それがこの有様とは・・・。

私は「日本のすがた・かたち」は何か、との問いから、先人の知恵や生きる術に教えられてきましたが、今に至り、この「バイキン」扱いする人たちのすがたは想像できません。多分、自分さえ良ければ他人はどうでもいい、と自制心を失っている人たちのような気がします。

世の中が混乱し、自分勝手が大手を振って闊歩するようになると、人の精神は病んで行きます。是非、自制して頂きたいと願うものです。

私はというと、持病?の自閉症と適応障害が幸いして、現在はなるべく人に会わないようにしています。
現在、濃厚な接触をしたい人もいますが、今はガマン、ガマン。

 

自分のできることは、マスク、アルコール消毒、うがい、手洗い励行、人混みを避けること、そしてジッと我慢して、ウイルスが人に悪さをしないように待つだけのように思います。
何処にいても、注意しても罹る時は罹るし、眼に見えないウイルスには文句はいえないようです。

多分、新型ウイルスは人の世を劇的に変えることになるように思います。
人もウイルスも大きさの差はあっても、地球上の生きものに相違なく、「他人様に迷惑をかけないように」と生息できるようにする他はないようです。

ウイルスは人間に何かを教えているように思えます。

 

画像:東京マラソン(共同通信)

 

 

2020年2月23日