日本のすがた・かたち

2017年8月22日
到達点

焼物を始めてから、かれこれ40年になります。

有田などの磁器物から施釉物の楽、志野、萩、織部、焼き締め物の備前、伊賀、信楽、丹波、黒泥などを作ってきました。
作るのは基本的に自分の茶事で使う茶道具の類でした。

 

ある時から、自分の理想とする茶碗のすがた・かたちは何か、を想い巡らすようになりました。
茶事で点前をする際の濃茶、薄茶茶碗の理想形を作り、それで茶を点ててみたいと思うようになったわけです。

一口に濃茶の主茶碗といっても、炉の時期と風炉の時期とは違い、また茶事の趣向によっては変えなくてはならないこともあり、一碗といっても中々難しいところがあるものです。
しかし、自分が理想とするすがた・かたちが必ずあると、思いを秘めてきました。

 

今月の20日朝、窯から出でてきた丹波の茶碗を手にして興奮しました。
(ああ、これが自分の追い求めてきた究極の茶碗だ!)
すがた・かたちは理想的で、焼けもうつくしい…。

興奮は、周りで作業をしている仲間の人たちに悟られることのないように、何時もの沈着冷静さで装いましたが、内心は胸を熱くしていました。
40年の結晶のひとつがこの一碗にあると、到達したと思い、自分なりの「用と美」に供するひとつの到達点に至ったと、手に得て実感した瞬間でした。

頭の中で濃茶を練る作法をしてみました。

取り扱いから湯を入れ、茶筅通し、湯をこぼす、拭く、置く、抹茶を入れる、湯を入れる、練る…。
古帛紗を添えて客に呈す…。
客が茶を啜る…。(お服加減いかがですか?)

(よし!次の茶事はこれを使おう!)

焼いて頂いた陶芸家に感謝しつつ帰路につきました。

 

約50種類の自作茶道具は、私の茶事の伴侶となってきましたが、出来不出来にかかわらず、茶事遍歴40年の記憶遺産であることに違いはありません。また、これらは私の仕事の設計構想に深く関わってきた文物でもあります。

何時の日か、「三島御寮」造営計画が成ったら、これらの道具を使って頂き、茶の湯を堪能する一助になれればと…。

さあ、次なる到達点を目指して。

 

写真:(仮称)「丹波変体茶碗」 自作

 

 

2017年8月22日

2017年8月16日
送り火

 

お盆も明日送り火となり、ご先祖さんたちがあの世に帰って行きます。
迎え火と送り火は毎年欠かさない年中行事です。

ご先祖さんたちが家に来て、子孫と過ごすという風習は、とても上手く考えた儀式で、毎年お彼岸と共に季節の移ろいを感じさせ、人生の節目を感じさせるものです。

仏壇に向かい一炷の線香を立て、般若心経一巻を上げると、不思議に鬼籍に入った親兄弟や親しかった人たちの顔を思い浮かべます。そして様々な出来事を思い出し、今ここを生きていることに謝念を抱きます。

考えてみれば、先祖の数は人類発生のところまで遡り、天文学的数字となります。そして、現在この地球上に生きている人間の共通の先祖となり、人類は皆親戚ということになります。

小さな家には大勢入りませんので、まあご先祖さんといってもお招きできるのは顔を覚えている精々10名程になるようです。
それにしても、自分には親がいて、祖父母がいて、曾祖父母がいて、そのまたと考えて行くと、今現在の我が身の奇跡を思います。

 

日々、喜怒哀楽の中で悶えながら暮らしている私たちは、どうしても幸不幸の判断をしたくなる生きものです。先賢は幸不幸を決めるのは自分の心だと、看破しています。そして判断をし過ぎると苦しむぞ、と教えています。

日本人は争いを好まず、幸不幸は明解にせず、「和する」気持ちでバランスよく調和させる智慧を培ってきたように思います。人は平等であっても平等にはならず、公平を期するという精神がそれを良く現しています。日本のすがた・かたちです。

 

燃える火は還る場所を知らせる誘導灯ですが、火を観ていると情念をかきたてられ、明日も健やかに生きよと先祖たちの励ましが聞こえてくるようです。

盂蘭盆会は宗教行事ですが、人が健やかに生きて行くための儀式のように思います。

 

    盂蘭盆会 誰彼となく火と燃えて 先祖となるや いずれ苦も無く

 

 

 

 

2017年8月16日

2017年8月9日
火焚きの儀式

誘われて熱海の花火を観に出かけました。
砂浜の階段で見上げた花火の色は多様で、前にもましてグラデーションがかかり神秘的でした。さすが日本の花火は世界一。
何時見ても、花火の華やかさと一瞬に消える儚さに酔わされます。

          大輪の 花火の色や 淡い月

 

それにしても浴衣の若い女性の多さに驚かされ、それに釣り合うように若い男が多いこと。メスが集まるとオスも群がるとは虫の世界ばかりではないな、と思いました。少子化対策は本能のなせる行動に任せるが最善の策で、動向を握るのは何時の世も若い女子ということになります。まちづくりやまちおこしは、この視点を持って計画すべしです。

花火を観ている頃、富士宮芝川の佐々木窯では窯詰を終え、窯を塞ぎ、下燃しという窯の湿気を取るため窯外で火を焚く準備をしいていました。この数日の大雨で窯が異常な湿めりとのことでした。

今朝、陶友市川武さんから写真が届き、火が焚かれたことを知らされました。

      窯焚きや 火に手をかざす 月の夜

10月6日の個展に向けて、陶芸家佐々木泰男さんの勝負の窯です。

 

そして13日の夕方はお盆の迎え火を焚き、ご先祖さんを迎えます。
花火も窯も迎え火も毎年繰り返される火焚きの儀式。
火によって人間は覚醒し、そして非力を識る。
生きているとは、燃えながら暮らすことと人はいう。

      燃えているよな素振りを見せて 何も仕掛けぬ野暮カラス

 

この頃は、燃えながら暮らすに秘訣はないと思うようになりました。

なるべく粋に、今ここを生きる……。

 

写真:熱海の花火

下:佐々木窯の下燃し

 

 

2017年8月9日

2017年7月31日
最年長

お盆が近づいてくると、この一年で亡くなった人を数えます。
近年のことですが、年々亡くなる人の数が増えていることを思います。
これは高齢の人が先に往くことで、知り合いの数が段々少なくなっていることになります。

幸か不幸か、私の場合は、亡くなる人の数にも増して若者との交流が生まれていて、むしろ知り合いが増えているように思います。
知り合いが多いということは、付き合いの数が多いということにもなり、人間関係のわずらわしさに悩まされることにもなりますが、その辺の調整は年季入りですので。

人が集まると最年長者は誰か、ということになります。
最近まであまり関心はなかったのですが、この頃集まりの中の最年長者は誰かというと、私であることが多くなり、少し複雑な気持ちになっています。
思いもしなかった「最年長者」。

考えてみれば古稀も過ぎているので、ボチボチ年長者の部類が多くなるのも無理からぬことです。
高齢者は安穏と過ごすイメージがありますが、私の場合はどうもそれに収まらず、生々しく生きていることもあり、何時までも変態系の範疇に入っているように分類されているようで、これを快感といわずして何というか、という毎日です。
何しろやらなければならないことが多く、ボーっとしていられないことが充足堪能の秘訣のようです。
健康な人はこの世に存在することはなく、身体の何処かに異常があるのが当たり前で、これをなだめたり調整したりして生活をするのが普通で、人生の達人は心技体をバランスよく整えて生きる人ということになります。

今年のお盆はご先祖さんに迎え火を焚いて招き、交流を深め、新たに鬼籍に入った友人知人には新盆のご挨拶をする予定です。
そして供養の茶事をするための道具を作ります。この時期は去年咲いた蓮のハチスで香合を作ります。

枯れた蓮の台を二つに切り、身と蓋の中を、砥の粉を入れた漆で固めます。
ピッタリと合う形になってから漆を塗り、金とプラチナ蒔絵で仕上げます。
ハチスの穴の部分は赤と黄漆を塗り蒔絵して極楽浄土のイメージで…。

蓮の台は仏の座。
近く、この世の時間を一緒に生きた人たちを追善供養の茶事で偲ぶことになります。
どのように生きても一生は一生。人生に意味はなく、ただ日々食うて寝るだけ。人を恨み羨むこともなく、「今・ここ」を一途に生きること。

先に逝った先賢はそう教えています。

 

人生に意味なし可もなし不可もなし 今ここを生き食うて寝るのみ

 

写真: 蓮の香合 自作

 

 

2017年7月31日

2017年7月23日
夜叉や鬼女

テレビを観れば毎日というほど、誰かが頭を下げて謝罪しています。10年前には余りなかった光景です。
番組のテーマの大半は有名人の名や失敗を借りて、これでもか、これでもかと責め立てる個人攻撃です。
マスコミの紙面には正義、忖度、説明責任、差別、不適切、暴言、暴行、不倫、離婚、暴露、敵失、スクープ、リーク、炎上などの文字が大きく踊ります。そして今や倒閣運動のビラと化した幾つかの大手新聞。

 

私の対マスコミ観が変わったのは、2年前の参院で審議中の安全保障関連法案に反対する市民団体が8月30日に開いた集会でした。
警察当局は約3万3千人と発表しているのに、主催者の「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」が発表したのが12万人で、それにマスコミも歩調を合わせていました。

それまでは関心が薄かったのですが、マスコミが取り上げている大半の情報は偏向的で、それも意図を持って編集されている事実に気が付きました。
以来、新聞やTV報道を信じることはなくなくなり、臆面もなくウソ情報を載せる大手紙や事実を伝えない地方紙には関心ががなくなりました。

現在は、ネット情報の中から確かそうなものを自分で判断するようにしています。それにしても世知辛い世になったものだと思っています。

 

政治は時代を映す鏡ですし、政治を語らずして時代はありません。
ですが、政治を語るには覚悟がいるもので、特に現代社会では反対意見との闘いが必要となります。
私は大いに関心を持って、一票という投票権利を有しているものですが、やはり目に余ることが多いのが昨今の出来事です。

蓮舫、稲田、辻元、、豊田、上西議員や離婚を餌に連日マスコミを賑わしているタレント達を見ていると、何ともやり切れないものがあります。

その道のプロとはその道で人間としての完成を目指すもの。
人間の完成には、美しさの憧れと品性の高まりがあるべきで、人を陥れるための鬼の形相ばかりでは、哀れな末路が待っているというものです。

それにしても、女性の奥ゆかしさ、つつましさは何処に失せたのか、男子に在れといわれた侠気は、何処に行ってしまたのか。

 

謝罪社会は週刊紙が主導し、他社もそれを増幅させている。

人間の心に内在する憎悪や嫉妬が顕在している時代は、決して幸せとはいえません。

世阿弥の能ではありませんが、女性が皆、夜叉や鬼女に見える時代到来。

 

今年の梅干が出来上がった黄昏時。
甕に仕舞いながら、生き辛くなったなあ、と思いました。

 

梅干や 蓮も見ている おちょぼ口

 

 

2017年7月23日

2017年7月10日
みがき隊 出動

先日、国の登録有形文化財である熱海「東山荘」を皆でみがいてきました。

私は講師で参加し、前半は座学で東山荘とはどのような建造物なのか、なぜ文化財に登録されたのか、またこの名蹟を次代にどのようにして伝えて行けば良いのか、などを話ました。

私の願いは、先人が遺した優れた文化財には、ずっと昔から続く人間の叡智が詰まっているので、それを保存し活用し、子や孫の代にバトンタッチして行ければ、というものです。

東山荘はMOA美術館の創立者である岡田茂吉翁が、昭和19年10月5日、熱海に移られた最初の住居です。

私は先年翁が設計された熱海「水晶殿」の改修設計の任に就き、その折に水晶殿の建つ地を選ばれた場所が、熱海駅に近いこの東山荘であることを知りました。

翁は東山荘の二階の窓から見える北西の地を指さし、「あそこが良い」といわれたといいます。
あそことは現在「水晶殿」や美術館の建つ場所「瑞雲郷」でした。

今回みがいた場所は一階玄関の内外、待合、それに玄関外から離れ(応接室)への渡り廊下でした。
若い皆さんは、初めは戸惑い気味でしたが、少し慣れてくるとフットワークも良くなり、終わりの頃は気持ちよさそうでした。

私は、名建築の保存活用は愛情をこめた手入れから始めることを勧めています。みがくことはその考えに応えてくれます。
終わってから皆で背骨を伸ばし、暫し天井を眺めました。

創建は昭和8年。84年の風雪に耐えた木造の別荘建築は私たちみがき隊を待ってくれていたようでした。

 

「またみがきましょう!」。
隊長の及川博文さんはじめ、皆さんの声でした。

 

 

 

この夏はみがき参りて楽しけり古人を偲ぶ汗も清しく

 

 

 

 

2017年7月10日

2017年7月1日
風のハルモニア

 

対談

建築家・太田新之介さん #1「日本、そして日本人について」

風のハルモニアの第2回は、木に精通する建築家であり、茶人でもある太田新之介さんにお話を伺ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「これから自分はどうやって生きていくのか?」
だいぶ昔ですが、そんなことが気になって、わからなくて仕方がない時期がありました。
ちょうど日本を未曾有の大災害が襲った頃だったからでしょうか。
会社を辞めて、もう企画やらクリエイティブの仕事なんか絶対やらないと腐っていた頃だったからでしょうか。
モヤモヤにつぶされそうで、これからの日々に拠って立つものをすがるように探していた時期…
とにかく毎日が悶々と苦しかった。

僕はラッキーでした。
太田さんは、熱海・伊豆山にある石川の実家を設計してくださった建築家であり、伯父でもあります。
正月だったか、親族の集まりで久々に太田さんの隣に座りました。
太田さんの口から語られる、茶事のこと、木の文化のこと、日本の建築のこと、日本人の美意識や価値観のこと…
小さい頃に聞いていたのとは明らかに違うビビッドさで、僕のこころを激しく揺さぶりました。
ああ、自分はこれをやっていきたい、と思えるものが見つかった瞬間でした。

対談記録の書き始めはこの一文からです。

石川渉さんはTHOUGHTS・ソウツの代表取締役であると共に空間デザイナーとして、私と対談しました。
「コンセプトをつくること、ストーリーをつくること、人にことばをプレゼントすること、社会や暮らしを楽しくする」というのが会社の方針と聞きました。
彼は私の思う若者のひとりで、多くの人たちに良き影響を与え、町々の未来をデザインしてくれ、日本の未来に貢献してくれるものと思っています。

ブログの記事を見て、私も未だ熱いな~、と感慨に耽りました。

そして彼のような若者たちがいる限り日本の将来は明るいと思い、私もこれからだ、と老骨に鞭打ったところです。

一緒に仕事をしてみたいと思わせる若きクリエイターでした。

 

撮影   小林智之

 

風のハルモニア・THOUGHTS
http://thoughts.jp/kaze/

 

 

2017年7月1日

2017年6月26日
四つの窓・六次元

私が敬愛している方の中に、飛騨の口碑を伝えた山本健造氏がいます。
氏は著書『神秘の六次元世界』(福来出版1995年刊)で次のように記しています。(以下要約)

―古代インドの聖典「リグ・ベーダ」に宇宙開闢を説いたところに、「悟りの開けていない人には宇宙の4分の1しか認識されないが、4分の3は悟りの世界に隠されている。即ち、悟ったひとは宇宙の全体を認識できる。」と書いてある。
そして、これらを詳しく説明すると、人間は宇宙の根源を観察すると、四つの立場に分かれて論戦する宿命をもつ。

1. 宇宙は物質の集合体であると考える唯物論
2. 宇宙は神か、宇宙意識によって創造された唯心論
3. 宇宙は空間の拡がりがあり、その拡がりの中にヒズミを直すためにエネルギーが起こり、物質が生ずると考える唯空間論
4. 宇宙の生命の流れは時間であると考えて、宇宙の生成の根元は時間であるとする唯時間論

この四つの立場は、どれも確からしさは平等です。
ところが、唯物論に落ち込んだ人には、他の三つの立場は間違いに見えます。
唯心論の人には、唯物、唯空間、唯時間の三立場は絶対に間違いに見えます。
唯空間に立つ人も、唯時間に立つ人も、全く自分の立場だけが正しく見えて、他の立場が誤りに見えて参ります。
しかし、この四立場は次の悟りに達するための予備段階に過ぎません。
四つの立場の各々が真理の一部であり、四立場が統合され、止揚されたところに真理があることを悟るべきです。―

氏は禅の悟りには物心一如、二而不二、一即多、等の悟りがあり、素晴らしいものがあり、哲学的思考方法を学ばないで、あのような高い悟りに達した禅の高僧たちに心から敬意を表すと述べています。

そして氏は六次元について、三次元の空間に時間を乗じて四次元。勢力を加え五次元。それに志向を加えて六次元でこの宇宙は成り立つと。
人には空間・時間・力・志向の四つの型があって、それぞれが人生とは競争(美の追求=空間)・成長(真理の探求=時間)・成功(勤労努力=力)・貢献(善行=志向)だと考えているとしています。

悟りはないことを悟った私は「真、善、美、勤」の六次元の消息を伝えた山本健造氏に心からの敬意を表しています。

己の考えの窓は四つの内のひとつではないか、と自戒する昨今ですが、お蔭様で張り合いよく、調子が上がっています。

 

写真:アボリジニの聖なるチュリンガ(宇宙観の図化・六次元)自画
下 偉人・山本健造氏

 

2017年6月26日

2017年6月18日
大望を持って

“Boys,be ambitious”(少年よ大志を抱け)。
1877年、札幌農学校(現 北海道大学農学部)の先生だったクラーク博士の言ですが、大望を、大願を持て、大きな目標を定めて生きよとせは先人の言葉です。

子どもの頃から聞いていた言葉の意味が還暦を過ぎる頃、漸くわかりました。

何がわかったかというと、若い時分に大きな目標を定めて生きれば、歳をとってからそれなりに充実した人生が送れる可能性が大だということでした。

先人はそのことを知っていて、後進にそれを伝えてきたわけです。

人間は60過ぎれば人生下り坂で、それも加速状態を迎えた下り坂です。
私はその頃まったく自覚がなく、これからが盛んな我が人生と思っていました。
肉体的には下り坂であっても、どうもこの「大志」が続けば、雄々しく暮らせることができると思えたものでした。

人生の下り坂は存外面白いもので、よくよく考えてみるとこれほど味わい深い時間はないように思い、何をしても堪能できるように感じます。

大きな志をたて、一心に取り組んでくると、やがてそれが後進に伝えられる知識や智慧に育ってきます。それこそが先人が営々として次代に伝えてきたもの、「如何に生きるべきか」の伝達です。

私の周辺では、次々と仕事を離れ、穏やかに、またはボンヤリ過ごす人が多くなりました。皆が異口同音に、やがて迎える人生の終焉を待つ話をします。寂しさが漂います。

この寂しさは、後進に伝えてやれることがないため生じ、極まるのではと私は思うようになりました。

大志や大望は実現不可能と思えることに挑戦する意識で、それがあることにより生涯が充足することができる…。どうも先人の教えるところはそのような人生の来し方ではないかと思います。

コキジイは私の異称ですが、益々大志が膨らんで痛いくらいです。

クラーク博士の言には続きがあります。
“Boys, be ambitious like this old man” (この老人のように、あなたたち若い人も野心的であれ)。

「人間はまず自分の生活をたて、周りを助け、世のため人のために尽くす」
これが人生を健やかに生きる秘訣のようです。

大志は誰でもが今日の今からでも抱くことができる天与の意識です。

…………………………………………………………………………………………………………………………

今年から建築用材になる木材の調査をしています。

北は北海道のタモ、青森のヒバ、秋田の杉、会津の桐、伊豆の杉と桧、東濃の桧、木曽の桧とネズコ、吉野の杉と桧、京都の北山杉と集積される数寄屋材料、岡山の桧、広島のケヤキ、霧島の杉、屋久島の杉などが現在はどのように生産されているかの調査です。

長く木の建築を造ってきた私は、その都度その構成する木材に行き着きます。
木も人間と同じで千差万別。適材適所に使わなければ三百年、五百年の用に供することはできません。

この近くの木材を多用することを心がけていますが、何処でも三百年、五百年生きている巨木の前の立つと、我が身の小ささに遭遇します。

常々、私もこのような大樹となりたいと思って生きてきました。

 

写真:伊豆随一、天城山中の「太郎杉」
樹齢400年、樹高48 根回り13.6 目通し6.6 今なお樹勢は旺盛(Web転載 )

 

2017年6月18日

2017年6月11日
生死と文化

 

このところ若者たちと時間を過ごすことが多くなっています。
会話の中で、彼らから出てくる問いは「日本文化とは?」。

元々日本人であるので日常は国の文化について特別知らなくても問題にならないものですが、昨今はグローバル化が進み、情報の高速化も手伝い、「日本とは、日本人とは、自分とは」、という疑問に直面することが多くなったからだと思います。

最終的には他国の人に日本文化を語れるかどうかになりますが、その先に「自分は何者か?」というところに行き着くことになります。そして文化を理解することは、生死と共に生存のための道標を得るためだと気付くはずです。

私も若い頃から日本文化を考えて来たひとりですが、きっかけは木造建築の設計で、以来道連れのような存在となり、多分息絶えるまでこの関係は続くと思います。

若者たちは「いかに生きるか」を私に問い、参考や手本にしようとしてくれてはいますが、残念ながらこれには正解はありません。それぞれがそれぞれの正解を求めながら生きて行く以外にないからです。

「自らを灯しび」(自燈明)として生きるように、と釈尊も説いています。

そして自分の魂は貸すことはあっても決して与えることをせず、孤立無援にして自己の確立を目指し、他者の役に立ちながら生きること。

齢70にして今までのことを顧みても、このことは間違いない道標となって私の生き方案内をしています。多分これ以上、性分の変態性が昂じなければこのまま行くことになると思います。

若者の特権は先ず行動に移せること。行動こそ答えの泉。
そしてできることなら、五感を動員し、「手に得て心に応ず」を実践して身体が先に感応できるようにと勧めています。

それから文化は比較できないこと。他国の文化と比べても比べようがなく、そのまま受け止める以外にないと伝えています。
先年ブータンへ旅した時、特にこの念を強くしました。国民の幸せはその国の尺度でしか計れないし、国と国との争いは文化の破壊の戦いだということも付け加えています。

自国の文化を識ることは自分を知ることであり、どのように生きて行くかを探る行動でもあります。この問いかけは生涯続くように思います。

写真:上 ブータンの祭り
中 ブータンの工事現場
下 飛騨「水無神社」の祭り

 

 

 

2017年6月11日