太田新之介作品集

2017年8月7日
作品-19 茶道具-香合

1.香合5種   貝2 赤松1 北山杉1 錺金具1

5月から10月頃まで、湯を沸かす釜の炉は塞がれ、風炉を使うようになる。
夏場の暑さを避けるため火を客から遠ざけるためだ。

この時期の香合は陶磁器以外のものを使うことが約束となっている。中に入れる香も練り香から白檀などの木片に変える。

桃山時代から香を席中に焚くことが始まったというが、元をただせば仏教伝来と共にインドから伝わり、仏前に芳香を献ずるものだった。やがてそれが貴族の生活を彩り、王朝文学の世界に広がり、香道が起こり、茶の湯にも取り入れられ、香を入れる香合は炭点前には欠かせない道具となっている。

私は茶事毎に茶杓や香合を作ることにしているが、香合は茶杓と違い材料のバリエーションが広いこと、多様な作りができるところが面白い。

写真にある貝香合のハマグリは、美味しく食べた後に漆を塗り、金やプラチナ蒔絵に仕上げ、木片はいずれも茶室「樵隠庵」造営時の用材の残りで、錺金具は名工森本安之助氏の手になるもので、熱海・水晶殿改修の際に龍文様の調子を見るために試作した銀の薄板を、曲げて身を作ったもの。

それぞれは夫々の茶事の趣向により作り、客に喜ばれるのを使命としている。
褒められて伸びるタイプの私は、褒められると差し上げる癖があるため、既に十数個の所有権は移っている。

茶事の面白さは催す本人でなければ解らない。
その面白さのを演出する中に香合や茶杓など自作の道具がある。

何度催しても飽きない茶事は、日本人が発明した興奮快感装置に他ならないと思っている。

さあ、次は今朝採った蓮で作るぞ!


明日は明日 今日は今日とて 過去は過去 今ここに在る 今を生き往く

 

2017年8月7日

2017年6月3日
作品-18 建午の茶道具

1.ステンドグラス水指      高さ 20センチ 幅16センチ

今回の茶事にはMOAあたみ幼児学園の関係者が参席するので、以前作っておいたステンドグラスの水指を出すことに決めていた。

数日前に出して水を入れたら、ガシャ漏れ。
これはマズイと漆で補強し前日に漸く水漏れがなくなったので、一晩水を張り置いておいた。

当日の早朝、「わぁ、漏れているではないか!」。
別のものにしようか迷ったが、朝7時に修理を終えた。

MOAあたみ幼児学園の階段ホールの壁に二枚のステンドグラスが入っている。私がデザインして、工芸家と一緒に作ったものだ。
その余りのガラスで作ったのがこの水指だった。

杓が水指に入る度にキラキラと水が躍る。
客は喜んでくれたようだ。

ステンドグラスは何ケ所かデザインしている。私にとっては照明の「禅のあかり」、「茶事のあかり」とともに、ものづくりの手遊びだと思っている。

 

2.茶杓 煤竹 銘「大麦小麦二升五合」  長さ 17.4センチ

茶事前日に仕上がり、筒に銘を書き席中に拝見にだした新作の茶杓。

この日の掛物は金剛経の一句で禅語の「応無所住而生其心」(おおむしょじゅうにしょうごしん)。
「大麦小麦二升五合」はその音写でもじったもの。
有難いお経も覚え方で大層変わる見本のような一語。

 

茶杓は一会の中では最もストーリー性の高い道具といえる。
「大麦小麦・・・」が客の耳に残ったようだ。

これだから茶事は止められない。

 

 

2017年6月3日

2017年2月3日
作品-17 茶道具

 IMG_0522.jpg

  

1.丹波引出し茶碗  径 12.7 高 8.0cm

今年の正月に富士川の窯から出た茶碗のひとつ。茶碗は全部で6個出来たが、使えるものはその中の3つである。

丹波の原土を使い、焼成の途中で窯から引き出したもので、火の玉のようになっているものを一気に冷水に入れるため、割れやゆがみがでるものもあるが、この茶碗は想像以上の出来栄えになった。

凛とした姿が好ましい。

IMG_0512.jpgのサムネイル画像

2.丹波茶碗 径 13 高 8.2cm

 この茶碗が窯から出てきたときに胸がときめいた。

良くぞ焼けてくれたと思ったものだ。

全体の姿と薪の灰が溶けて出来た景色は美しく、申し分のないものだった。

窯出しされた多くの作品の中でも王者の風格があると、内心自賛した作だった。

帰参し、これを浄め、早速お茶を点ててみた。

気分が良い、とは、この時だ。

楽の初代長次郎作を持ったことがあるが、志野なども含め桃山時代の茶碗は総じて重い。

重い茶碗の長所は、濃茶を練る時に発揮される。安定して点てやすいものだ。

いつの茶事に使おうかと、今から楽しみだ。勿論濃茶の主茶碗である。

 

IMG_0529.jpg3.丹波茶碗  径 13.3 高 7.8cm 

 大振りではあるが、少し口辺を開きいびつな作りとした。この茶碗は内外とも削りを施し、重くならないものとした。

窯の中に置く位置で焼けの景色が変わる。

溶けた灰が少しかせたているのが良い。

濃茶、薄茶の主茶碗に使えるものとなった。

(さあ、銘を何と付けようか…)

                                                                                                                                                                                                                  

IMG_0546.jpg4.黒泥肩衝茶入 径5.9 高7.8cm

黒泥と呼ばれる陶土は真っ黒な土でねっとりしたものである。

この黒泥で焼成したものは、焼く時に窯の中に置く位置で変化し、様々な表情をみせる。

大きめに作ったつもりだったが、焼き上がりは固く締まり小振りながら重く感じる。

艶のある黒の肌にゴマが降りかかり、得もいわれぬ風情を醸し出している。

黒泥は丹波と同じく何度も作ってみたい焼物である。

                                                                      

IMG_0542.jpg5. 丹波肩衝茶入 径7.0 高9.2cm

両手で粘土を細く紐状にして重ねてゆくいわゆる紐作りの茶入である。

紐の跡をそのまま見せようとしたのであるが、ややもするとダサい感じが出る。

焼け方が良かったせいか、正面にグリーンの塊が出て景色となり、幾重にも重なった地層から透明な水塊が見えるようにも感じる。

この茶入は前回の窯で焼いたものだが、着せる裂の良いのが見つからなかったので、そのままにしておいた。

先年、タイに渡航した折にラオス国境で山岳民族から入手した古布が仕舞ってあるのを思い出し、探した結果出てきた。ラオス民族の美しい織物である。

IMG_3058.JPG茶入は小壺のままでは茶入にならず、精々楊枝入れか一輪挿しの類だ。それに象牙の蓋を作り、由緒のある裂で仕覆を作り、桐の箱に入れて初めて茶入となる。濃茶点前では最も大切な道具となる。

写真の裂で牙蓋と仕覆、箱を作ることにした。

これも次なる茶事の伴侶としたいと思っている。

 

 

2017年2月3日

2015年10月8日
作品-16 茶道具

CIMG5009.JPG

 

 「伊賀細水指」  高さ19  径12.5cm

 

造作余話

先年、伊賀の登龍尾窯で焼いた細型の水指である。

「太田さん、この水指をボクにくれないかなあ。」

「これはちょっと・・・。」

「この手のものがないし、ボクのと交換してくれるといいが・・・。」

「今度の茶事に使いたいので・・良かったら茶事にこられませんか?」

親しくして頂いた陶芸家浅尾憲平氏とこのような問答を交わした一作である。

この水指は、窯から出てきた時に胸がときめいた3点の内の一点であるが、見事な出来栄えだったと思った。

出来栄えといっても焼いてくれたのは陶芸家とそのお仲間の方たちで、私はボデーを作り、後はお任せなので自慢はできないが、茶事における席中の問答は、「お作は?」、であるゆえ、「自作でございます」という分けになる。

薄緑色の解けたビードロの流れは、本格的な薪窯ゆえの力強さと美しさを現し、磁器質のような良質の伊賀土、赤松の薪などを使った故に出現したものといえる。

また、5日間の昼夜焚き続ける焼成技術が高度であることも必須条件である。

にも茶入、茶碗など十数点が出た。何日か伊賀に通ったかいがあった。

HP-120902.JPGこれらの茶道具を使って、どのような茶事を催すかはこの時から決めていた。

高価な道具や家元の箱書き物が無い私には、茶杓と共に焼物などが佳き伴侶となる。

茶事は、気象から始まり歴史、神仏、風習、建築、庭園、書画、美術工芸、陶芸、文学、料理、作法、服飾、音楽ほか、人間の営みのほとんどが催事のかたちで詰まっているもので、日本文化を知るもっとも普遍的な行為といってよい。

若者たちとこの水指を挟んで語り合えるのはこの上ない楽しみといってよい。

細水指は5~10月の風炉の時期に使うとされている。

今年は例年催すことの少ない10月末の「名残の茶事」にお披露目しようと思っている。その他の道具も、割れたものを繕って使える侘びた名残である。

10月は「風炉の名残」、4月は「炉の別れ」、日本人の繊細な季節感の表白といえる。

                                                                                                                                                                                                                   

2015年10月8日

2015年9月29日
作品-15 文房具・水滴

IMG_1186-1.jpg

 

色絵春秋絵水滴 対」  H5.5 W7.0 D4.5cm (有田焼)

  

IMG_1188.JPG

 

 「織部桃形水滴」  「志野桃形水滴」H7.5 W11 D8.5cm

                                                                                                      

造作余話

書をかくことが好きだったせいか、文房四宝である筆、墨、紙、硯を蒐めてきた。

現在は、筆と墨は奈良製の油煙墨か古墨の松煙墨、紙は全国に産する手漉きの和紙、硯は明代の古端渓を愛用している。

四宝の周辺の文具は折々に縁のあるものを使っていたが、気に入るものは少なかった。

そこで筆架や水滴は自分で作ろうと思い、茶道具などと一緒に作ることにした。

IMG_1207.JPGところが細工物の文具は中々難しく、水滴などは水の切れや数滴を上手く出すため微妙な口作りや穴あけが要る。

30個ほど作ったが気に入るものは半分ほどで、写真にあるものは現在愛用のものだ。

10個ほどは友人に贈っているが、先日連絡があり、今もその水滴を使ってくれているとのこと。

懐かしく何故か嬉しい知らせだった。

普段、その存在を忘れているが、折にふれ使っているものは愛着が湧く。

人間の付き合いも水滴の付き合いも同じようなものだと思う。

素人ながら筆を持つ時間を得ていることは有難いことだ。

先師は「書は君子のたしなみ」といった。

                                                                                                       

写真: 下 「織部 秋草文水滴」 H3.5 W4.5 D3.3cm

                                                                                                                                                                                                             

2015年9月29日

2015年9月22日
作品-14 書

IMG_1160.JPG

 

 書 「月」 一字

 

造作余話

この「月」は先年書いたものである。

今年の中秋の名月は9月27日(十五夜)で、満月の28日と共に、月が大きく見えるスーパームーンだそうだ。

毎年のこの日は、お供え物をして歌など詠んで過ごしていたが、今年は講演会があるため、一足先に花を入れ書を掛けた。

「月」は禅僧太田洞水老師の字が好きで、私もそれに倣い、何度も何度も書いてみた。

この字は、ようやく老師のような書に近づいた、と思えた「月」だった。

満月ではないが、上弦の月のイメージである。

 

「月」の字を書くと老師を思い出す。

老師の元を離れる日、「太田さん、あなたはこれから歴史に遺こる仕事を沢山しますから、精進して下さい。」

このはなむけの言葉は、いつまでも耳に残っている。

筆を持ち、白い紙に向かう時、いつも老師の慈顔を思い出す。

亡くなってもう30年近く経つが、幾つになってもあの時の励まされたことは忘れない。

「月」を書くたびに、私もひとを励ますような人間になりたいと思う。

 

筋割り表具  一文字 竹屋町絧入遠山、 中廻し 草木染古代絓(しけ)、

      筋 竹屋町印金、軸先 象牙

 

私の好みの表具とした。

月見とはいえ、花が多すぎた感も・・・。

                                     

 

 

2015年9月22日

2014年12月25日
作品-13 茶道具・茶杓

樵隠10作1203-2.JPG                                        

茶杓は一年を通して30本ほど削る。

もちろん茶事に使うために削るのであるが、時折、手遊びに作ることがある。

竹は何本か曲げてあるので、その気になりさえすれば直ぐ削れるようになっている。

今年は十数本の削り置きができていた。

これがその折々の茶杓たちである。

先日筒を用意して十本のものを入れた。今年も一緒に遊んでくれて有難う、という心持だった。

樵隠10作1203.JPG茶事・茶会にこの中から選んで使うこともあって、作り置きがあることは心強い。

また、いざという時に贈呈できる。

ホメられて伸びるタイプの私は、ホメられると直ぐに進呈する癖があり、贈られた方には少し迷惑なこともあると思うが、何年経ってもお礼をいわれるのは嬉しいものだ。

作りはともかく、竹は珍しい種類や由緒あるもの、また時代物を使っているので、その辺は自慢できると思っている。

茶杓は茶事の亭主をする私にとっては良き伴侶で、銘を付けて席中に登場する。

茶杓の銘は様々で、利休や遠州、有楽、光悦らにその極まったものがある。

今まで数百本作っているが、どうにも止まらない道楽になっている。

1000本ほど削ったらお披露目会でもやってみようかと思っている。

竹細工に長けた日本人の優れた記憶に触れる日々は面白く楽しい。

                                                                                                                                                                       

2014年12月25日

2014年8月5日
作品-12 篆刻と和歌

黒川先生篆刻-1.jpg私には何人かの恩師がいる。

すでに高齢の方が多く、この頃は消息をお訪ねすることも少なくなっている。

高校生の頃から50年余の交流をして下さっている恩師は部活の顧問をされていた黒川威先生である。

直接教科を教えられたことはないが、「青雲の志」を持つことを教示された。

先生は現在も慈眼をもって私を見続けてくれて、私の来し方に多大な影響を与えている。

黒川先生篆刻-3.jpgその先生が10数年前から篆刻を始められた。

作風は一般的な文字篆刻ではなくて、心象を絵画的に表現するユニークなもので、時折印譜を頂いて刺激を受けていた。

今夏、先生から新作の印譜が6枚届いた。ご関係の機関紙に掲載されたものという。

嬉しかったのは、私の和歌(『於八於五(おばおい)』句歌集2009年刊)を添えて頂いていることだった。

先生とご一緒できたことは望外の幸せだった。

黒川先生篆刻-6.jpg傘寿に近い先生は、「風船が、萎むような老化を自覚するこの頃です。」と文に結んであった。

老境に至り、なお創作意欲に衰えを見せない先生に励まされた気がした。

人生はどのような人と交わり、そのことがどのように自分に影響を与え、それを杖にしてどのような人生を歩めるのか。

まだまだ先生作の篆刻を観たいものだと思った。

 

 この夏は楽しや石に絵を刻み

 吾の歌にと添える師の貌

2014年8月5日

2014年1月15日
作品-11 茶道具
IMG_0259.jpg

茶入 志野肩衝

銘「仏陀の河」

高さ9.2㎝×径5.5㎝

造作余話

昨年2月インド・ブータン巡礼の旅で、釈迦の聖地「尼連禅河」の畔に立った折、頂いてきた河砂を土に混ぜて焼いた茶入れである。

11月の夜咄の茶事に使うために焼いたものだが、思うような茶碗と茶入れが窯から出てきた時、興奮した。

何度焼いても幾つかは思う以上のものが出てくる。何度やってもやめられない理由がここにある。 

載っている茶杓はインドの竹でこの茶事のために削ったものだ。銘を「寿慈阿多(スジャータ)」と付けた。

釈迦が悟りを開く前にスジャータ村の村長の娘から乳粥を施された由来による。

インドの竹は日本の竹と違い、中に空洞がない。木のようなもので、この茶杓はその芯の部分で作った。

もう一本の茶杓は竹の表面のところから採った。銘を「霊山ノ杖(りょうぜんのつえ)」とした。

IMG_0262.jpg仏教聖地「霊鷲山(霊山)」で入手したものであるため茶杓にしたのもだが、釈迦説法の聖地を参拝する人たちが山登りの杖にしているもので、善男善女の汗が染みている。ガイドを通じて折衝した情景が忘れられない。

日本に将来した経緯は、同行のKNOBことノブさんの協力に負うところが大きかった。

先人が、良質な日本の竹を茶杓にしてきた理由が分かった気がした茶杓削りだった。

仕覆はブータンの女性が正装の時に着る裂地を求めてきて仕立てて頂いた。

茶事がこれらの話題で盛り上がったのはいうまでもない。 

 

IMG_0241.jpg

 

ちなみに志野井戸茶碗の銘は「夢のつづき」と名付けた。自分が一生夢を見続けながら生きているように思えたからだ。

この二本の茶杓に日本製の竹筒を付け、新春の初釜で活躍してもらった。 

茶の湯の面白さを堪能した一年。どこまで続くか、また次の茶事を考えている。

どなたを招こうかなと。

 

茶杓 左 インド竹 銘「霊山ノ杖」(皮部分)   

   右 インド竹 銘「寿慈阿多(スジャータ)」(芯部分)

2014年1月15日

2013年7月15日
作品-10 書

_AKK4607bwl.jpg

 

1.書 一行 「水潺々」 (みずせんせん)

 

p8230821-1.JPG

 

2.書 横物 「心法通貫十方」 (しんぽうはじゅっぽうにつうかんす)

3.書  「主」 (ぬし)

HP-0925-1.jpg

造作余話

書はいつも50枚ほど書く。

それも一気呵成に書く。

書く気になるときは、決まって設計が始まった頃と建物が完成した後だ。

ひとつの仕事が何年にもわたるときは、その間、年に2、3度は書に向かう。

筆は常に持っているので、書く時は練習というものをしない。これは若いころに出会った禅僧の影響かもしれない。老師は筆をわしづかみにすると、半折を一気に30枚ほど書いた。私は墨を磨り、その場に居合せていて、老師のその呼吸というものを知ることになった。

後年、書家の小野田雪堂氏にも書に臨む呼吸を教えられた。書いている最中は、いずれも坐禅を組んでいる時の「数息観(すそっかん)」を思わせるものだった。

好きな言葉や文字を書き進めると、気持ちが高揚したあと、整い、清涼感につつまれる。

老師は、書は「君子のたしなみ」といわれていた。

この頃は五尺単宣や五尺全紙といった大きな紙に書いている。墨の量が大変だが、太い筆は使っていて気持ちがいい。

表具されて床之間に掛けられると、拝見をされる方が書に向かい拝をする。拝をされることは嬉しいが、少しこそばゆい。

書は、私の人生時間より長くこの世に遺こる可能性もあるが、余り考えることなく、ただひたすら書いている。

(写真  「水潺々」  撮影 堀田晃子)

 

2013年7月15日