イベント情報

2017年12月11日
錦秋の庭をめぐり

名建築・みがき隊の隊長及川博文さんが、「錦秋の庭をめぐり」と題してHPに投稿されています。

今年も錦秋の箱根に行ってみたかったのですが、このところ多用に過ぎて叶わず、及川さんの一文で紅葉を愛でることに。箱根の神仙郷は名園の中の名園。一年を通じて日本の美を堪能できるところです。

以下、HPより転載。

___________________________________________________________

錦秋の庭をめぐり

今秋、早稲田大学の生涯学習講座にて、箱根強羅にある神仙郷(国の登録記念物)の庭園を龍居竹之介先生(日本庭園協会名誉会長)の解説で巡る機会を許されました。

秋深まると、箱根には多くの観光客が訪れますが、箱根美術館が建つ神仙郷の庭は紅葉の美しい庭園として近年人気が高まっています。
龍居先生を先頭に、二つの滝の景、自然な山中の景、明るく開放的な巨石の景など、次々に展開する景観を楽しみながら一行は庭内を進みました。
神仙郷は傾斜地を巧みに生かし、箱根外輪山の遠望と一体化した庭で、巡る場所毎に視点場があって、飽きず庭を楽しむことができます。
苔庭では、鮮やかな照葉が美しく、地に伸びる樹木の影も面白く、「苔の青」と「モミジの紅」のコントラストがとても印象的な情景をつくりだしていました。

こうした庭園では、建物から見る景色は緻密に計算され、また建物も庭の一部として溶け込んでいて、建物と庭が不離一体である事を感じます。
龍居先生が庭や建物の見方について、お話しくださいました。
一般的に皆さんが庭や建物を見る時、「いつできたのか」、「誰がつくったのか」という事を必ずというほど聞きたがるものです。
そして、その情報を知ると…ろくに庭や建物を見ないで、安心して帰っていくんです(笑)

胸に手を当てれば…苦笑いしてしまいます。
いつできた、誰がつくった、だけに左右されるのでは無く、自らの感性を働かせ、純粋にその空間の面白さや美しさを探訪することが、とても大切な事であるとの教えです。
艶やかな景色を心に写し多くの学びに感謝した一日、自らの感性を高めて、来年の錦秋の頃、再びこの庭を巡ろうと思いました。
(写真上:神仙郷 石楽園から箱根美術館を見る)
(写真中:龍居先生の解説にて神仙郷を巡る)
(写真下:神仙郷 建物と庭/観山亭と茶室「山月庵」竹門)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「神仙郷」文化遺産オンライン
早稲田大学エクステンションセンター
講座「倒叙日本庭園史」

2017 旅好きが選ぶ!日本の紅葉名所ランキング (神仙郷 箱根美術館 6位)

______________________________________

 

名建築・みがき隊HP

http://migaki-tai.org/archives/890

 

2017年12月11日

2017年12月3日
名建築・みがき隊

この夏から本格始動した「名建築・みがき隊」の方々が誕生日を祝ってくれました。

二十歳の頃に感電事故に遭い、九死に一生を得たことから、誕生日は命日だと思うことにして、なるべくお祝いもしないようにしてきました。ただ祝い事は好きなため、他人のお祝いは大いに盛り上げてきました。

今年は私の五十回忌というところでした。

ところが先日、みがき隊の方々との打ち合わせに臨むと、何と、盛大にバースデーパーティーが・・・。

段取り良く考えて頂いたことで、無駄な抵抗もできず、ローソクを吹き消した時には目頭が熱くなりました。

そして、隊長始め隊員の皆さんからあたたかい寄せ書きや、及川隊長の家族の方からのお祝いが・・・。
素敵なプレゼントでした。
感激でした。

 

その中の一枚のイラストに目が留まり、尋ねると今野貴広チーフの絵でした。
隊長と事務局の日野さんの絵も。

及川さんは私の現在の姿、日野さんは非日常の姿、、今野さんは私の十年後の姿とのことでした。

それぞれの絵は中々雰囲気があって嬉しいものでしたが、今野画はフランスで流行っている風刺画だと思いました。
この才能は非凡なもだと感じたものでした。彼は優れた建築家になると。

美味しいケーキを頂きながら、この仕事を続けてきて良かった、と改めて思いました。

 

まだ日の浅い「美我輝(みがき)」隊の講師ですが、来年もこのプレゼントを頂けるように励もうと思った次第です。

 

 〽「我 美しく輝き」たいって思った時は 雑巾片手にひと磨き

 

イラスト:上 今野画 下左 及川画 下右 日野画  下 隊員の皆さんのお祝いメッセージ

 

名建築・・みがき隊HP  http://migaki-tai.org/

 

 

2017年12月3日

2017年11月13日
月立(つきたち)

月立が転じて「ついたち」になりました。朔月のことで新月の異称です。
新月の頃となる北鎌倉の雪堂美術館では、第10回「雪堂茶会」が行われます。
茶会は毎回三人の席主により催されます。私も席主の一人で参加していますが、回を重ねる度に面白くなっているように思います。
その面白さの元を考えてみると、茶の湯の世界を体現できる楽しさもありますが、何よりも毎回実感するのが小野田雪堂という人物の発見です。

1995年11月、雪堂翁との邂逅は私にとって人生の一大事でした。そして十年の交流は珠玉のような時間でした。
人は出会い、そして別れるのがさだめ。
こうして今年は雪堂翁の十三回忌を迎えました。「光陰矢の如し」といいますが、月日の移ろいの速さは年々増すばかりです。

今ひとつの元は、茶会の道具の第一に挙げる雪堂画賛の掛物、「この今をありがとうございます」です。
これは席主の一人のKNOBさんが、初回から床掛物と推してきたもので、毎回がこの掛物を中心とした道具組となっています。

「この今に感謝します」、という言葉は、万人に通ずる魔法のような愛語で、健やかに暮らす秘訣を教えています。
ですが、考えてみると、日常はこのようなわけには行かず、二人いれば争い、妬み、恨みは常住しているものです。しかし、それでも雪堂翁はこの一言を持ち、人をどこまでも信じ、案じて生ききりました。

茶の湯の面白さと、床掛物のひとこと。
この奥行きと幅の広さに何時もワクワクしている私がいます。
今回の茶会の主役である雪堂翁に薄茶用の茶碗を献じたいと思っています。
千二百万年前に堆積したという泥炭を元にした黒泥で作り、今夏に芝川の佐々木窯で焼成した茶碗です。
銘は「月立」。新月のことです。

「さあ、皆さんで新たな日々を歩む始まりの日にしましょう」。
朔日のムーンパワーをもってKNOBさんの点てるお茶は、きっと美味しいと思います。

私も雪堂翁が晩年に書いたこの書に会いに行くような気がしています。

席主を一緒にされる茶道教授岡山喜代子先生、社中の皆さん、雪堂翁ゆかりの方々の活躍も楽しみです。

 

写真: 黒泥茶碗 銘「月立」自作 2017年

 

 

2017年11月13日

2017年11月8日
11月19日 第10回「雪堂茶会」

 

11月19日(日)第10回「雪堂茶会」が雪堂美術館で行われます。

私にとってのこの茶会は、美術館の門である「雪堂門」の設計から始まっています。
ディジュリドゥ演奏家のKNOBさんこと中村亘利さんが下記の一文を書いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開門式

2004年11月3日。雪堂美術館が開館しました。 午前9時から 開門式が執り行なわれました。スーツ姿でばっちり決まった雪堂先生と  建築をされた太田新之介さんから贈られた着物を着られ人力車で登場された奥様芝雪先生。 このことを知らなかった雪堂先生はびっくりしながらも うれしそうに目に涙を浮かべていました。 御来賓に参議院議員前国家公安委員長の 小野清子先生  町田デザイン専門学校校長の 横山武人先生 新経営研究会代表の 松尾隆先生を迎えて 開門式は始まりました。
斎主 太田新之介さんにより お祓い 祝詞があげられ 水引き結びきりを 館長 雪堂先生が行いました。 そして 僕が初めて目にした 開門奏上 浄められた竹を持った 新之介さんが 「千歳楽 萬歳楽 永々棟 開門」と発声され その間合計7回 打ち付けられました。 初めてみる 日本の伝統的な建築の儀式に 震えるような感動をおぼえました。 木で地面を打つのは 天と地を繋ぐ、大地に祈りを伝えるという意味があるそうです。 そして 館長夫妻により 門は開けられました。 清清しい檜の門をくぐると、今までの様々なことが頭の中を駆け巡りました。 先生が御近所に迷惑にならないようにと 最小人数で行われた開門式の後は美術館の中で沢山の御来賓の方々を迎えての 開館式が開かれました。 雪堂先生御夫妻や 御来賓の皆様 美術館設立を支えてきた建設委員新之介さん ひとりひとりの思いのこもった言葉 ひとつひとつが心に染みました。
建設委員の若い仲間を代表して 僕が演奏する番となりました。 演奏前に話すことを決めていたのですが、おめでとうございますと先生と目が合った瞬間に誰よりも きっとこの日を望み  志し半ばにして亡くなられた先生の御子息 ひとしさんのことが 僕の心の中にいっぱいに思い出されました。 絶対に喜んでくれてるだろうな。 きっと 今日もどこかで見守ってくれてるだろうな。  そんなことを思ったら涙が出てきて しゃべることが出来なくなってしまい、一言話して、すぐにディジュリドゥに口をつけました。 何も考えず ただ雪堂先生 芝雪先生 今回の設立に御尽力を承ったひとりひとり 雪堂先生と共に歩んでこられた書藝新潮社の先輩方 そして ひとしさんに吹こうと思った。 いろんなことが思い出された いろんな人の笑顔が浮かんだ。 あふれる鼻水をすすりながら 泣きながらディジュリドゥを吹いた。 こんなことは きっと 今後もないだろうと思う。 そして こんなにうれしいことは生まれて初めてだった。 本当に本当に 開館できたことを心から喜ばれている先生。おめでとうございました。 御協力いただいた すべての方に心から感謝いたします。
これからが また新たなスタートです。 ひとりでも多くの方が この美術館に 小野田雪堂という人間に繋がっていくように 頑張っていきたいと思います。 開館準備の時 新しく出版された一字千金のサイン会は先生が おつかれになるから止めましょうとの意見の中 「僕はやるよ。倒れるまでやるんだ。みんながこんなに頑張ってくれたんだから」と先生は笑顔でおっしゃいました。 開館初日 沢山の方にサインをされる先生名前とサインを書いていただきうれしそうにされる方々。 こんなふうに 幸せが 笑顔が生まれる美術館に関われている今を本当に幸せに思います。  この今をありがとうございます。 ひとりの願いが 万人の願いに….

合掌  中村 亘利 (KNOB)

ノブさんのHPより転載

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、第1回「雪堂茶会」の主催者あいさつ文。

ごあいさつ

小野田雪堂先生は生前、講師の太田新之介さんに美術館が開館したら樵隠塾を開きたいと望まれていました。先生は去年の9月、第1回の樵隠塾を開くことができ、何よりと喜ばれておりましが、その矢先、10月15日にお亡くなりになりました。
塾の継続か否かの時、皆様からの強い要望にも支えられ、鎌倉樵隠塾を1年間継続して参りました。この9月から2期目に入ることになり、今期からは塾の組織を整え、皆様のご要望に応えて、講座に加え新しい企画をさせて頂くことになりました。
第1回の行事として、雪堂先生を偲ぶ茶会を企画いたしました。これは先生の書を床の間に掛け、講師の太田新之介先生がご亭主となってお茶会をするものです。
今回は、太田先生が雪堂先生と中国旅行をされた時、列車の長旅の間に、茶籠を使いお茶を点て、車中茶会をされたことにちなみ行われるものです。ご亭主に、雪堂先生の思い出話や、書や茶の湯での交流のお話しをして頂き、また、KNOBさんには「雪堂先生に捧ぐ」というテーマのライブをお願いしております。
この「雪堂茶会」は樵隠塾の恒例行事とさせて頂き、毎年、春秋に開催できるよう努力して参りますので、宜しくご協力のほどお願い申し上げます。
11月19日は、和やかで楽しいお茶会になると思っております。鎌倉樵隠塾の塾生の方に限らず、ご関係の皆様にもお友達をお誘い合わせの上、錦秋の北鎌倉にお出かけ下さるようご案内申し上げます。
開催日:平成18年11月19日(日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして雪堂氏13回忌の来たる平成29年11月19日(日)の奇しくも同月同日に第10回の開催となりました。
錦秋の北鎌倉へ、皆さまお誘いあわせの上、お出かけ下さるようご案内いたします。

http://blog.livedoor.jp/tennen_koodoboku/archives/72987836.html

 

 

写真:2004年11月3日 雪堂美術館「雪堂門」開門式

下 開門された「雪堂門」と添えられた芝雪梅(鹿児島紅)

 

 

 

 

2017年11月8日

2017年10月29日
芳枝さん~花の響きをうたう~

 

 

ご紹介です。

先日、修善寺・柳生の庄のお茶会「耕心茶会」に出演された芳枝(よしえ)さんが、”芳枝さん~花の響きをうたう~”で、ラジオ出演されました。

電話のゲスト出演ですが、現在の心境や新曲の紹介をされています。

益々深化し、ご活躍の芳枝さんを応援しています。

 

写真:芳枝さん厳島神社にて

 

 

 

2017年10月29日

2017年10月20日
建築家の皆さんがウォッチング!


水晶殿(展望室と景観)

10月14日
JIA(日本建築家協会)東海支部 静岡地域会の皆さんが建築ウォッチングで熱海を訪れ、東山荘(国の登録有形文化財)、MOA美術館(リニューアル)、水晶殿(熱海・瑞雲郷 内 展望施設)の3つの建物を見学されました。

 東山荘では海景を取り込んだ建物や庭内を巡り、昭和初期の別荘建築の趣を味わいました。
続いて午後からは、MOA美術館の能楽堂にてリニューアル工事と展示作品の概要について説明を受け、厳選した素材構成でリニューアルされた展示室を巡り、美術品を鑑賞しました。

 

さらに、水晶殿を訪れた一行はサッシを開け放ち外気と一体となった展望室にて、目前に広がる相模湾と岬の重なる絶景をしばし楽しみました。
そして、この建物を復元改修した設計者である太田新之介氏と構造担当者の尾林孝雄氏より、改修時の設計経緯や構造特性などについて話を伺いました。
水晶殿にて記念撮影
小雨降る秋の一日、趣の異なる三つの建物を巡り、参加の皆さまは「湯のまち 熱海」の新しい魅力を実感されたのではないでしょうか。

名建築・みがき隊  隊長及川博文

 

写真:中 東山荘 本館にて

下 サッシを開放して絶景を望み改修設計者よりお話しを伺う

 

リンク集 名建築・みがき隊HPより抜粋転載

 

2017年10月20日

2017年9月11日
炎のこころ展

10月6日(金)~9日(月)まで伊豆修善寺温泉「柳生の庄」で佐々木泰男陶芸展が開催されます。

—炎のこころ展—
陶芸家・佐々木泰男さんの作品展が、一昨年に続き「柳生の庄」で開催されます。
佐々木さんは長く陶芸の道に励まれ、丹波、備前などの焼き締め物の大作を得意とし、数々の陶芸や工芸展に入賞するなど、高い評価を得ています。
近年、心に期するところがあり、茶陶に情熱を傾け、引出し伊部、丹波を始め、萩や志野の施釉物も含めた茶道具作品に新境地を開いたと聞きいています。
今回、柳生の庄」主催の第一回「耕心茶会」の開催に合わせ、佐々木さん新作も発表されます。この度の作品の中から「伊部引出し茶碗」2点は、特に佐々木さん独自の境地を拓くもので、修繕寺住職の吉野真常老師より、下銘と箱書きを頂くことになったとのことです。
今回出展する茶道具を主とした一連の作品は、きっと皆さんの期待に沿うものと確信しています。どうぞお出かけ下さるようご案内致します。ー

紹介文からの抜粋です。

毎回の窯で佐々木さんの作品に注目していますが、この度の8月の窯は、彼の新境地を拓く茶入、茶碗など十数点が出てきました。
引出し伊部、丹波、その他の焼締め物、また殆ど見たことがない萩焼です。
彼の萩は一般的ないわゆる萩焼とは焼き方を異とし、あのふんわりとしたものではなく、あえていえば「焼締め佐々木萩」といえるものです。
土や釉薬は萩でも焼き方が焼き締め的というわけです。

これが思いがけずに良い味を出していて、茶碗に茶巾、茶筅、茶杓を仕組み、席中に持ち出す時の雰囲気を試してみると、絵になるというか、力があるというか、誰も作ったことがない茶碗ということがわかります。
一週間をかけ、穴窯での焼成の成果といっても良いと思います。

茶入、茶碗、花入、茶壷、香合などの茶道具は使いたいと思わせる気を放っています。

併催の「耕心茶会」はほぼ即日で茶券完売とのこと。
錦秋の修善寺楽しみです。

 

写真:上 引出し伊部茶碗
中 左 萩肩衝茶入  右 丹波瓢形茶入
下 丹波灰かぶり獅子香炉

 

 

 

 

2017年9月11日

2017年8月29日
彫刻師・高畠彩乃

「彫刻師として独立しました・・・」

そういって、彼女は一枚の名刺を私に差し出しました。

先日、お盆に帰省した折、新婚の彼と一緒に訪ねてくれた折のことです。
旧姓森田彩乃が高畠姓となり、仏師修業も明け、独立した彫刻師として活動を始めたとのことでした。

彼は木製建具師とのことでしたが、本格的な木製建具製作ばかりか、お神楽の獅子頭師であり、話を聞いていると、私の好きなバリバリの職人で、夫婦揃って楽しみを持たせてくれる若者でした。

仏師彩乃は現在、依頼を受けている天女の製作に勤しんでいるとのこと。頼もしい限りです。

近く、状況が整ったら、「三島御寮」造営計画の御堂の本尊「薬師如来」像を依頼することにしています。
彼女の彫刻には清らかな風の流れを感じます。

一層の精進を頼みながら、運慶や快慶の偉業を吸収するように話しました。

氷見市のイベントポスターのデザインも担当し、その光背のような線描きは黒地に浮かぶ浄土のイメージを想像させました。
才能はきっと花開いて行くと思いました。

二、三年前の内に、三島で私と二人展をしようか、と相談しました。

 

 

2017年8月29日

2017年8月14日
続・引出し‐中継

昨夜遅く、陶芸家の佐々木泰男さんからメール画像が送られてきました。

私の黒泥茶碗を窯から引き出し、冷水に浸けた後の状態でした。
画像で見る限り、楽茶碗や引出し黒のような艶があり、申し分ない出来のようです。

見た途端、「今度の茶事にはこれを使おうか」、「銘は何にしようか」などと早くも妄想が広がっています。

私の作陶は、ひたすら茶事に使うもので、都度招く客のために作り、縁があれば謹呈するというものです。
この後、十数点窯から出てくるのが楽しみです。

でも、私は多用に過ぎて窯焚きを手伝えず、連日連夜焚いて頂いている佐々木さんやお仲間の方たちには大変申し訳なく思っているところです。

薪で焚く窯は大勢の人の協力と時間を要します。そのエネルギーが全て作品となってくるのが作陶の魅力でもあります。ガスや電気ではないところがまた燃えるところです。

佐々木さんの作品はまた追って紹介したいと思います。

 

写真:自作「引出し黒泥茶碗」

 

 

 

 

 

 

2017年8月14日

2017年8月12日
引出し‐実況中継

窯から第一作目が引出されました。
陶芸家佐々木泰男作品の真骨頂ともいえる「引出し丹波茶碗」です。

今朝の引出し作業の様子を、市川武さんが知らせてくれました。
今回の窯に入れた作品の中で、私が最も注目しているのが引出し物です。
丹波の引出し茶碗は、茶味に適う雰囲気を持っていて、折々の茶事に出しています。

私の知る限り、現代の陶芸家で丹波の引出し物を作る人はいません。

窯出しの20日まで未だ8日あります。
幾つの引出し物が出るのか、それも楽しみです。

10月の個展の主役になるのでは、と秘かに思っています。

 

 

 

 

2017年8月12日