イベント情報

2021年9月11日
忙中に閑有り

またまた僅かな閑をみつけては茶杓を削っています。

半年ほどは仕事に追われ、コロナや熱中症対策の中にありましたが、常のスケジュール通りの生活が続いていました。
それが7月3日に発生した熱海市伊豆山の土石流から大きく変わってきて、予定が定まらず、この1ケ月はひたすら時の移ろいに身を任せる日々で、悶々とした毎日でした。

 

現在取り組んでいる仕事のひとつに、箱根に在る茶室「山月庵」改修工事の監修があります。この茶室は名勝「神仙郷」の中に在り、令和改元大修理の中核を成す建築として位置している名席です。

先日、「杮(こけら)葺き屋根」の解体工事が始まり、現場に立ち会いました。
そこで目に留まったのが屋根の軒先に付けられていた椹(さわら)の板材でした。

15×20、厚みが2センチほどの板は半分ほど腐っていて、廃棄処分となる古材でした。
腐り加減をみる参考に板を外し、手にしてみると…。

(上質の椹だなぁ 捨てるには惜しいなぁ 先人が造った屋根の歴史が詰まっている…)

私の脳裏に昭和25年の創建から70年の歳月が巡りました。

(先人の名残を留めたいが…)

浮かんだのが所持している法隆寺の古材で造られた茶杓でした。

(よし!この古材で茶杓を造り、有縁の方々に使ってもらおう!)

頂いてきた古材の板を寸法に割り、その晩から早速削りました。
時間を忘れて没頭していました。
削りの最中は山月庵造営に携わった方々に思いを馳せ、至福の時を過ごしていました。

夜な夜なの削りで数本が出来上がり、筒と箱に銘を賦し、箱裏に「以山月庵古材造之 花押」を書きました。

(先人の名残が留まるぞ…)

まあまあの出来でした。
作家は心をストリップにし、俳優は身体をストリップにするといいます。建築家も心をストリップにしますが、それを形に表現するものです。

自然素材を用いた木造建築の改修には、それまでに携わった先人の手の温もりを感じます。その温もりを頼りに、また私たちご縁のある者がまた先人となって行く…。この連続こそ人間の営みの根幹を成すものといえるようです。

先夜の新規使用材の茶杓削りに続き、忙中の閑を楽しみとしています。

 

   コロナ禍や 月の出潮か 杓削り

 

写真:山月庵古材 茶杓 銘「光ノ郷」自作

 

2021年9月11日

2021年7月1日
織部の美意識

17年前、ニューヨーク市のメトロポリタン美術館で「織部 ― 転換期の日本美術」展(2003・10~04・1)が開催され、世界に日本文化の魅力が発信されました。
桃山時代の茶聖千利休の後、茶の湯の一大改革を成し茶道具に革命を起こした茶人、古田織部(1544-1615)展でした。

その数年前、私は盛んに茶事を催し、陶芸にはまっていた折、縁あって「織部十作」内、瀬戸の陶工〈元蔵〉作の黒織部沓茶碗を入手しました。
当時、古田織部が瀬戸を訪れた際、10人の名工を選んだという中のひとりです。
茶褐色の釉の窓に小さな格子絵がある沓型の茶碗で、革命とはいえ余りの変形と、重さに驚いたものでした。

しかし使ってみると、それまでの楽家の端正な形をした正統派茶碗に劣らず用に適い、使うほど掌に馴染み、愛着が増してきたのです。前衛とはいえ、用と美の新領域に至る一碗であると、織部の創作力とその美意識に思いを致したものでした。

以来、織部物は縁が有れば収集し、使うことを旨として来ましたが、飽きもせず、という実感が続いています。私にとっては用の可能性を感じさせる造形、創造を掻き立てる絵画性、定型の茶碗にはない美の世界を堪能させてくれる陶器となっています。

今はコロナ禍のためもあり、二年間作陶はできずにいますが、次回はまた古田織部に思いを致しながら、「アヴァンギャルド茶碗-その2」造りに勤しみたいと思っています。

 

写真:上 黒織部(古瀬戸)沓茶碗 織部十作 元蔵造 桃山期
中 黒織部笹絵筒茶碗 江戸中期
下 丹波沓茶碗 銘「安蛮技也瑠土」七十二自作

 

2021年7月1日

2021年1月3日
伊賀 銘「滴翆」

先月から巣籠り生活に突入しています。
やりたいことが山ほどありますが、仕事が最優先で、この正月は恒例の陶芸家・佐々木泰男さんの窯に行かず、今回は作品もつくることが出来ませんでした。

 

さて、年始に使う抹茶茶碗はどれにしようか…。

茶道具を整理していたら出てきたのが前に探していた一碗。
20年ほど前に、伊賀登龍尾の浅尾憲平氏の窯に入れて頂き焼いた伊賀茶碗、銘「滴翆(天幾春以・てきすい)」。

 

何か昔の彼女と逢えたような気がして、思わず一服。初使いでした。
巣籠り生活も捨てたものではないと思いました。

 

窯から出てきた時、茶碗の見込み底に溜まったビードロは美しく、まるで滴たる翠でした。即座に、当時ご厚誼頂いていた岐阜瑞龍寺僧堂の清田保南老師の軒号「滴翆軒」を想起し、銘としました。

伊賀焼は品よく、力強く、特に美しいビードロ(グリーン)が出たものは少なく、自作物の中でも気に入っていたものでした。
ところが長く行方不明となっていました。

忙中に翠滴る自作茶碗で、抹茶一服は至福の時でした。
「習慣性自閉適応障害症候群」気味の私には思いがけない贈り物となりました。

 

      コロナ禍や 年始巣籠り 全集中

 

 

 

2021年1月3日

2020年6月14日
黒柿二題

世界には銘木と呼ばれる木材があります。
外国産の三大銘木は「チーク」、「ヨーロピアン・ウォールナット」、「キューバン・マホガニー」といわれ、これらは建築や船舶の内装材のほか、家具や調度品、美術工芸品として珍重されてきました。

我が国では縄文の昔から今日まで木造建築が造られてきたことから、銘木と呼ばれる樹種は多様で、美しく希少の木材にその称号を与えてきました。思いつく木材だけでも針葉樹の檜、杉、松、ヒバ、カヤ、槙、サワラ、栂、モミ、イチイ、ネズコなど。
広葉樹ではケヤキ、タモ、カシ、アサダ、楓、椿、エンジュ、クルミ、柿、桂、桐、クスノキ、栗、桜、シナノキ、ツゲ、トチノキ、ニレ、ブナ、楢、柳、ホオノキなどです。

その中でも超希少材といわれ、高価な銘木が柿の木の中の「黒柿」です。

黒柿とは、樹齢を重ねた柿の木の中で、土の含まれる金属や樹木の内部で進行した微生物の影響などにより、色素が蓄積され、黒く変化した状態のものを通称「黒柿」と呼んでいます。よく黒い小さな実のなる野生の老木にその黒模様が出ますが、建築用や工芸用材に適するものは極僅かで、珍重されてきた銘木中の銘木といわれてきました。

昨年、国の有形文化財に登録された、旧小松宮別邸「桜御殿」(三島市)を調査した折、宮様のご寝所の床の間の框や落掛けに使用されていたのが黒柿でした。材は極上といえるもので、すでに明治時代には銘木として名高い材だったことを知りました。

仕事柄、銘木を入手できる機会が多く、茶室建築に使用する床柱材や天井板材などもストックしてありましたが、今年のコロナ自粛のため、手持ちの材料を整理していたら、黒柿が出てきました。十分に乾燥している新潟県産の板と角棒材です。

日、熱海を中心に活躍している棟梁に、長板に続きお願いし、茶の湯の道具に使う「結界」を作って頂き、この二、三日は仕上げに精を出し、荏油をすり込み、今日「結界」と「香合」の二つが完成しました。

さて、何時の茶事に使おうか、と思案しながら、内心出来栄えに満足している自分がいました。

「樵隠庵」の焼印を押しながら、木の文化に育まれてきた日本人を誇りに思う昼下がりでした。

さて、何という銘を付けようか。猛進している猪のようにも見えるが・・・。

 

写真:上  黒柿「結界」新潟県産
中  黒柿 孔雀杢「香合」
下  焼印「樵隠庵」

 

 

2020年6月14日

2020年4月26日
清見潟と山ノ神

新型コロナ禍で自粛軟禁状態が続いています。
私の場合、生業が建築設計のため、元々が自閉的生活のため、現在のところ余り不自由は感じていません。

先日お世話になっている大工の棟梁に、茶の湯の道具の長板を仕上げて頂きました。
材料の杉は秋田の鳥海山の銘木「神代杉」。約2500年前の火山の噴火により埋まったものとされます。

この材は先日、秋田の能代市に木材買い付けに行った際に協力して頂いた方からの、贈物でした。
多分その折、私が鳥海山の神代杉を見て、欲しそうにしていたのを見て、のことだったと思います。
「求めよ。さらば与えられん。」とは、よく言ったものです。

黒光りした木肌は神々しく、美しい姿を見て、即座に「山ノ神」と銘を付け、認めました。
これで、炉風炉の長板が揃いました。

昨年は炉の長板を黒柿で作り、銘を縞の景色から能の羽衣から「清見潟」としました。
これも縁あって頂いた新潟県産の黒柿(樹齢三百年以上)で、この黒柿の景色を持つ材は5万本に一本といわれる高級材で、銘木中の銘木とされるものです。
その折の茶事で使用した水指は縄文中期の火焔土器です。これは新潟県の信濃川流域の十日町付近馬高遺跡出土で、紀元前3000年、約5000年前のもので、共に新潟県繋がりでした。これに中子を仕組み、水指に仕立てたものです。

茶事の楽しみには道具の準備もあり、毎回の道具組の作業は、建築の設計作業に似るところがあります。想像が限りなく膨らむところがとても似ています。。
全ては「客(施主)が喜び、楽しむことになるように」、と。
それを見て、亭主(建築家)は喜びを多とする、と。

茶事は緊迫した4時間の中で、人と交わり、我がことを知る儀礼・儀式。
人間は、「仲間になりたい」、「知りたい」、「生きたい」、「伝えたい」、とする生きもの。
思うに、日本人が発明した茶事は、これら4つの要素が全て網羅されたものといえるようです。

人間の品性は美しいものとの出会いでしか磨けない、とは先賢の言。
茶の湯の道具を創りながら、我が国の深遠な文化に遭遇しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真:上 神代杉の長板(風炉用)
ヨコ:2.8尺 タテ:1.3尺 厚:(6分)

下 黒柿の長板 (炉用)
ヨコ:2.4尺 タテ:1.0尺 厚:(4分)

水指(縄文中期の火焔土器)

 

 

2020年4月26日

2020年1月20日
「紫匂い」

土は火の洗礼を受けて別なるもの「やきもの」に変じます。

我が国では縄文時代より土を焼いてきました。

 

私が陶芸に魅されているのは、1万数千年に、火山が噴火し、火山弾が飛び散り。溶岩が流れ、山火事に土が焼かれ、それを見た先祖たちが火の利用を思い立ち、土が堅くなって土器になることを知り、その記憶が今日まで続いている。その時間が作陶することにより甦り、身体が呼応してくると思えることで、縄文の昔に生きた先祖たちを実感できることにあります。

火は火山噴火ばかりか、雷や大風など自然現象により山が燃えることから発見され、特に火山国の日本列島に棲んだ先祖には必然的な営みとなることは容易に想像できます。
世界最古の縄文土器から1万数千年、令和二年の正月の窯焚きの結果は、それは想像を超える出来栄えといえるものでした。

今では稀な穴窯で薪をもって一週間焚く焼成法。しかも今はなくなった丹波原土、備前、信楽の焼締めと引出しの丹波や黒泥陶。施釉の萩、志野に加え今回は唐津が入りました。
どんなものが焼けるのか興味深々でしたが、案の定見たことがないものが窯から出てきました。

唐津とはいえそうもない斑唐津、萩といえそうもない焼締め萩。その変じ方に驚きました。

私は紫色に変じた萩の茶碗を手にするなり、即座に「紫匂い」という銘を付けました。かの立原正秋が加藤藤九郎の志野茶碗に付けた銘と同じ銘です。
その志野は赤黒く、手にした焼締め萩は紫が匂うが如くの肌で、平安時代の十二単の襲の色目「紫匂い」に相応しいものと思えました。

その他十数点の茶道具は、やはり見たことのない様相をしていて、内心小躍りしていました。

(佐々木さん有難う。さあ、何時の茶事に使おうか・・・)。
思いを巡らせながら帰路につきました。

写真:上  焼締め萩 茶碗 銘「紫匂い」
上の2 唐津 茶碗
中  焼締め萩 茶碗
中の2 焼締め萩 茶碗
下  焼締め萩 水指
2020年 自作十作の内5作

 

 

 

 

2020年1月20日

2020年1月2日
12日窯出し

夕方、陶友の市川武さんから写真が送られてきました。

今日前半の窯炊きが終わり、これから後半で、1月12日が窯出しとのことです。

また陶芸家の佐々木泰男さんは今回、新たな挑戦をしているようです。

誰もやったことのない、「引出し丹波」や「引出し黒泥」、「焼き締め萩」や「焼き締め志野」を進化させ、今回は「焼き締め唐津」にも挑んでいるようです。

忙しさに紛れ、窯炊きの手伝いができず残念ですが、お任せする以外に手立てがありません。

しかし、内心は楽しみでワクワクしています。

あの茶碗や大水指は思う以上に焼けているか…などと。

 

写真:炎が逆巻く窯の中
下:昼夜、薪を投げ入れる佐々木さん

 

 

2020年1月2日

2019年12月29日
令和正月の窯焚き

陶友の市川武さんから連絡があり、27日から窯に火が入り、只今窯焚き真っ最中とのこと。

佐々木さん始め窯焚きの皆さんのお手伝いが出来ないのが残念ですが、宜しくお願いするばかりです。
今回は丹波、萩に加え唐津が入ったのが楽しみで、1月半ばの窯出しが待ち遠しい限りです。

佐々木さんは2月に富士宮市で陶芸家の個展を開催します。
私は、次回の茶事に使えるものが出るかどうか。

何はともあれ窯の神さまにお願いする年末年始です。

 

    〽︎  火の中で  堪えて悶えて 姿を変える 君に会いたや  初春に

 

 

2019年12月29日

2019年12月10日
佐々木・唐津

お茶の世界では、古くから「一楽二萩三唐津」という、抹茶茶碗の格付けがあります。
1位が楽焼(京都)、2位が萩焼(山口県萩市)、3位が唐津焼(佐賀県唐津市)で、「一楽・二萩・三唐津」といわれてきました。
他に「井戸二萩三唐津」といわれることもありますが、唐津だけは両者の中に入っています。
楽焼は、わび茶の世界を完成させた千利休が創案し、楽家の初祖の長次郎に茶碗を作らせたのが始まりの茶道用の焼物で、すでに400年以上の伝統があります。歴史からして、楽茶碗は茶道(特にわび茶)にぴったりで、茶人好みの最高峰といわれます。楽家代々の名工、天才本阿弥光悦などの作品が有名です。

 

萩焼は400年以上の歴史があり、茶陶として優れています。その土味、素地の景色、釉薬など、古い朝鮮茶碗に最も近く、「萩の七化け」といわれる変化が生ずるため特に茶人に好まれています。

唐津焼は歴史が古く、斉明天皇の時(655~661年)に、神功皇后の三韓征伐の際に連れてきた高麗小次郎冠者が陶器を作り始めたのが最初といわれています。唐船の出入りする港が近くのたま唐津という地名になり、さらにこの地方の焼物の名称になりました。
製品は多岐にわたり、九州地区では、焼物のことを唐津物と呼んでいるくらい代表的なものです。絵模様のあるのを絵唐津は1590年頃までに完成したといい、多くはシンプルでモノトーンの絵が代表的です。

志野、有田、楽、信楽、伊賀、備前、丹波、萩などの作陶遍歴を重ねてきた私には、唯一、唐津がなく、何時かチャンスがあればと思っていました。
それが、先日、陶芸家の佐々木泰男さんが土を持って来て頂いて、「今度、唐津をやりますので、いかがですが?」といってくれました。(チャンス到来!)

唐津物は少し持っていますが、茶事でこれといってお出しするものはなく、縁のないものと思っていたところ、今春にお世話になっていた岐阜の青山千架夫さんが突然来訪し、西岡小十作の銘「瑞雲」をご恵贈頂きました。銘書きは細川元総理です。
唐津には珍しい高格の一碗で、大層気に入りました。その唐津物がこの度佐々木さんの窯で焼かれることに・・・。ご縁としかいいようがありません。

 

佐々木さんは「焼締め・萩」「焼締め・志野」「引出し・丹波」を完成させ、そして今回は「焼締め・唐津」に挑戦することに…。

私はひとりの陶芸家により、日本のやきものに新たな一頁が加えられようとしているのに便乗させて頂き、樵隠庵好みの唐津ができるといいな、と思っています。

また、次回の茶事が楽しみです。
どの様な茶杓を添えようかと、今からソワソワしています。

 

写真:紫色に染まる「佐々木・萩」 2019年自作

 

 

2019年12月10日

2019年11月15日
お米と日本、お米とわたし

新之介サロン 日野です。

大嘗祭をはじめとして令和への一連の儀式をテレビで拝見して、この厳かな歴史的瞬間を見ることができ日本人でよかったなぁと思う今日このごろです。
大嘗祭では、悠紀殿と主基殿という二つの祭場で、天皇がその年に収穫したお米をお供えし、神様と寝食を共にする儀式を行うそうです。
11月14~15日の皇室行事の大嘗祭「大嘗宮の儀」については、新之介さんも記事を書かれていますので、詳しくはこちらをご覧ください。

日本のすがた・かたち
「大嘗宮の儀」
http://www.wanococoro.org/words/4723

新之介さんの著書「伊勢神宮」の中では、日本文化を「古神道」、「日本仏教」、「皇室」の三つの大きな塊とし、そこに生活域でこの三塊を実践体験している、「茶の湯」を加えています。
大嘗祭の儀式や、お茶事の懐石料理や茶飯釜の茶事など、お米は日本文化と切っても切り離せないものがあります。

クラウドファンディングでできたドキュメンタリー映画「美味しいごはん」では、百年先の日本を守るために、今日美味しいごはんを食べようというメッセージが込められています。
私も田植えに参加させてもらい、映画の舞台となるお食事ゆにわさんのごはんをいただいて、「食べ方を変えれば生き方が変わる」と身をもって実感した一人です。
かつて忙しくて精神的に余裕がなかった時期は、ごはんに感謝するどころか、食べることすら面倒だなと思っていた時期もありました。
体調を崩してから、食べ物そして農業に興味を持つようになり、田んぼ塾ではお米の苗を作る所から収穫するまでとても手間のかかっていることだと実感したり、みんなで作業する楽しみも覚えました。

映画「美味しいごはん」は自主上映会というスタイルで、各地で有志による上映会が開催されており、最近ではイギリスなど海外でも上映会が開かれたそうです。
私は9月に静岡県では2回目となる浜松上映会に関わらせていただきました。

お米やお野菜など生産者の皆さんと朝市でお話したり、自然食品店やパン屋さん、レストランなどでは、お料理やおすすめのいただき方を教えてもらい、食材だけでなく、人や街にも興味や愛着が湧いてきて、顔が見える関係や繋がりを感じられることで心もすごく温まり、いただくごはんもよりおいしく感じるようになりました。
日本人として、特に主食のお米がいかに歴史的で自分自身にとっても大切なものだと改めて感じました。

大嘗祭の時期に、浜松上映会でも全国からお手伝いや応援してくれた方たちが各地でイベントを開催します。
日本人を根底から支え続けてきたお米。
その背景に込められた神話の時代から受け継がれてきた、深い”愛”と”祈り”を感じられる映画です。
お近くの方はぜひ足をお運びください。

 

*****

12/8(日) 岐阜上映会
※浜松上映会でも岐阜から駆けつけて手伝ってくれた後藤さんが主催です。
食べ方を変えることで生き方が変わる、僅か70分で人生を変える力がある映画です!
●申込・問合せ:岐阜上映会実行委員会
【申込】https://www.kokuchpro.com/event/gifu1208/
【メール】oishiigohangifu1208@gmail.com
【電話】090-2922-6577

*****

11/24(日)大阪府和泉市 弘法寺
※いつくしみ市(オーガニックマーケット)同時開催中!他にも色んな催し物やってます!
(英語字幕付き。 英訳がすごいらしいですよ!)
●申込・問合せ:いずみの国のいつくしみ市
【担 当】三輪雅美
【問い合わせ先】090-5905-8145
【申 込】https://kokucheese.com/event/index/580389/

*****

11/23(土) 北海道別海町 英語字幕付き
※150名入れます!
●申込・問合せ:ハチドリ しぺつの会
【申 込】https://www.kokuchpro.com/event/0141/
【メール】0141gohan.bekkai@gmail.com
【電 話】050-5372-4055

〜〜〜〜〜〜〜
その他の日程はコチラ
(映画公式サイト)
https://oishi-gohan.com/screen-information/

毎日の”美味しいごはん”で、少しずつでも日本中に幸せが広がりますように。
私も暖かくなったらぜひ地元で上映会を開催したいなと思っています。

新之介サロン 日野美奈子

2019年11月15日