新之介文庫だより

2018年12月9日
近詠・句歌都々逸33

 

何処までも 続くススキ野 ひつじ雲

 

人は生き 往くものと知る 枯紅葉

 

雄々しくも 孤立無援の 冬仕度

 

独り行く 頼らぬ自由 冬立ちぬ

 

眼前に 冬の星座や 筆走る

 

冬コーヒー 飲んでは語る 建築史

 

寒空に 連夜のビール 風まかせ

 

勝負なし 人生色なし 冬の空

 

池の寒月 ショートカットを 回想す

 

散歩する 小径に野菊 宵の月

 

大輪の 白い椿に 托す夢

 

彼の女を 想い手折るか 白椿

 

善悪や 富士に誘う 雪景色

 

待つ身にも 燃える種あり 宵時雨

 

鳳仙花 幼心の 辿り路

 

忍び逢う 恋の色かな 黒椿

 

紅葉落つ 夢を宿して 雪を待つ

 

麗人や 俳句遺して 旅仕度

 

三日月を お供に散歩 根競べ

 

強羅なる 名蹟朽ちるか 苔紅葉

 

 

 

2018年12月9日

2018年11月25日
近詠・句歌都々逸32

 

何時か見た 恋の色かな 西王母

 

フグ刺しに 父やともがら 波の音

 

設計の 嬉しさに逢い 照葉挿す

 

落葉や 一縷の望み 待つは春

 

星冴えて 我が想いかと 眺望す

 

麗人の 面影見せて 散る紅葉

 

忙しや 心亡ぼす 古稀の坂

 

コキ過ぎて 耳も昭和も 遠くなり

 

駆け寄れば 彼待つ橋に 紅い月

 

することは 際限もなき 富士の雪

 

明日をのみ 思いわずらう 白椿

 

白椿 いつか来た道 回り道

 

人は皆 苦しみ生きる 落葉かな

 

たちまちに 生老病死 杜鵑草

 

月見草に 話しかけては 散歩道

 

黒髪や 白きが肌に 翳る月

 

設計や 苦し紛れに 月を描く

 

山を見て 海を描くかの 恋や罪

 

便り来て 返さぬ弱さ 笑う猫

 

遠ければ なお燃えにけり 月の路

 

 

2018年11月25日

2018年11月10日
近詠・句歌都々逸31

 

鉛筆を 削り昨日に 悶絶す

 

野の仏 改心約す 初時雨

 

滔々と 道行く先に 宵の星

 

「道路案内を見て」
港北は 我若き折住みし丘 鳥の声聴き 偲ぶ往時を

 

「川和高校建設」
川和なる 学びの舎造りしは 我19なる 若きその頃

 

来てみれば 浜の歴博面白き 子等の歓声 あちこちに飛ぶ

 

海隔て 磯に波寄る故郷は 思い出霞み 今や不帰の地

 

故郷の 空懐かしや カモメ舞う

 

セーターを 出して去年への 辿り旅

 

熟し柿 次の逢瀬を 急き立てる

 

忙しや あら忙しや 枯尾花

 

妄想す 設計昇華 時間軸

 

何時までか 止まぬ設計 富士に雪

 

黒椿 想いの君に 会いにけり

 

浄々の 気を研ぎ澄まし 線を引く

 

夜空駆け 構想君に 伝えたし

 

赤い橋 紅葉は招く 彼の岸へ

 

紅葉狩 グラデーションの 君を観る

 

掌をとりて 妖しや闇に 夢の中

 

茶を点てて 熱き静寂に くちづける

 

 

2018年11月10日

2018年10月27日
近詠・句歌都々逸30

 

葉や落ちる 絶える時まで 合掌す

 

母想う 雲間の月に 残る声

 

紅月や 清池を照らし 忘却す

 

紫の花 一輪に 恋時雨

 

祈りあり 生ある日まで 落葉掃き

 

〽 主は素敵よこの世の宝 言ってる先から金勘定

 

〽 君の気持は知ってはいたが 知らぬ素振りの愛もある

 

〽 コイ(恋)というからアイ(愛)って応え後はこうして風まかせ

 

〽「リニアなの…」だからダメって言ったじゃないの乗った途端にあの世往き

 

〽「古稀(・・)過ぎネ…」ドット疲れが溜まって抜けぬ もうお迎えが来る時間

 

〽 お金も操も名誉もいらぬ 時の過ぎない日が欲しい

 

〽 気持ち良いわと身をよじらせて 止めちゃだめよと「足の裏」

 

〽 変なことしてオイタは駄目よ「アッ、ヤダ~!」止めちゃダメダメもっと下

 

〽 地方に行ったら病気になった「病名は?」医者の話じゃチホウ症

  「あら、元からだったじゃないの」

〽 都会に行ったら病気になった「病名は?」医者の話じゃチカン症

   「あら,満員電車ネ」

 

設計に 想いを賭けて 松葉かな

 

花堕ちる 音無く情け 友として

 

設計や 遠くの音に 耳澄ます

 

坐禅組み 正気の熱を 訪ねやる

 

称えあれ 縄文人の 円住居

 

 

2018年10月27日

2018年10月15日
近詠・句歌都々逸29

ふるさとの 磯の香りや 栄螺喰う

 

強羅なる 風温かき 苔の庭

 

箱根路や 幾歳月を たどる樹々

 

芦ノ湖の 船の向こうに 富士の峰

 

楽しみは 孫の雄叫び 宵の月

 

道半ば 今朝ひとつ咲く 西王母

 

彼の人と 月をツマミに ビール呑む

 

設計や 眼の先の闇 月明り

 

茶事一会 削る茶杓に 託す夢

 

床の花 獅子王に笑むか 客の貌

 

思い出は 白い椿に 池の路

 

懐かしや 紅い灯影に 揺れる胸

 

構想は 月冴え渡る 道の如

 

いつまでも 薄れぬ恋に 白椿

 

冬近し 妄想炬燵に 拡散す

 

妄想は 我が望みなり 月に問う

 

迷い道 今更ながらに 紅葉狩り

 

問答や 歓喜悶絶 郷の秋

 

待つ人も 来る人もなし 道祖神

 

今ココを 生きるか遅咲き 酔芙蓉

 

 

2018年10月15日

2018年10月3日
近詠・句歌都々逸28

 

アズナブール 唄い偲ぶか 彼の女(ひと)も

 

青春の 欠片を放つ 天蒼し

 

秋草や 思いの丈を 声とする

 

待つ身にも 名残の風か 枯尾花

 

秋雨に 来るか来ぬかの 旅の駅

 

〽三味の音を聴きゃ 寝た子も起きる 囃子ついでの 膝枕

 

金木犀 匂いは弱し ウロコ雲

 

今更の 恋心かな 酔芙蓉

 

屈折の 人生やいと 面白し

 

余生なし 連生いつか 果てもなし

 

〽龍虎吟嘯 雲風起す 私ゃ色掛け 主ょ起す

 

〽古稀も過ぎれば 見るからジジイ 私ゃ70 花盛り

 

曼珠沙華 ふるさとの海 墓参り

 

来てみれば 秋の古里 海の色 知る人もなし 波の静けさ

 

古里は 寂しきものとイワシ雲 思い出ばかり ただ海を見る

 

思い出は ふるさとの浜 父母の声 磯の香りを 運ぶさざ波

 

この世をば 離るる時に 何思う ふるさとの海 ふるさとの空

 

姉の墓 何処ぞと探す 彼岸かな

 

干物売る 老婆を知るや ふるさとの 海辺の町の 秋の侘しさ

 

立ち止る 磯の香に 夢の跡

 

 

2018年10月3日

2018年9月15日
近詠・句歌都々逸27

 

前庭に 酔芙蓉や 咲きにけり

 

遅咲きの 酔芙蓉を 観るや月

 

被災者を 偲ぶか今朝の 曼珠沙華

 

水に添い 水に暮らせと ヒツジ雲

 

先人の 知恵なる暮らし 夏や冬

 

紅葉葉に 装う主は 空に充つ

 

箱根なる 苔むす庭に 秋の風

 

チリーン 風鈴ひとつ 別れかな

 

遠のいて 我が故郷は 霞けり 波間に浮かぶ 顔も幽かと

 

思い出は 故郷の海 磯の香の 波に遊んだ 友たちの声

 

にまとう 知識経験 その智慧も 心なければ 失せる美と知る

 

今ここと 定め行かまし 三十年 更に行かまし 果てもなき道

 

未知なりや 空想の中 行く道は 何時か飛翔す 九天の外

 

湾隔て 靄に幽かな 故郷は 薄れる人の 情けとも似て

 

夏雲の 塊りは我の 志 力与えよ 神よ仏よ

 

上野なる 池を巡りて 夏の夜に 情けを交わす 人もあるかな

 

縄文を 刻む営み 清しけれ 森に海にと 生きた先き人

 

炎暑なり 燃える情にも 似て激し いつか絶えなむ 定め想わす

 

〽 「小柄でネ…」浴衣姿が好みだけれど それに笑顔じゃ 目がタレル

 

〽 聞いてちょうだいアタシの好み ジャズとシャンソン 主の情

 

 

 

2018年9月15日

2018年8月16日
近詠・句歌都々逸26

 

〽猛暑猛暑でもうしょうがない 露出度上がる目は下がる

 

静けさや 命限りの 蝉時雨

 

故郷や 待つ人もなし 盂蘭盆会

 

〽 熱中しすぎで熱中症に 動き過ぎたか蚊帳の中

 

三年も 会わずに似るや 夏の雲

 

暑さゆえ ビールの旨さ 虫も鳴く

 

もの持たぬ 心は軽し 夕涼み

 

黄昏も 汗に塗れて 月ひとつ

 

〽 蝉も鳴き止む猛暑の午後は 主に肌見せカキ氷

 

〽 華の咲かない今年のハスは 恋の未練に似て枯れる

 

〽逢えば嬉しい逢わなきゃそれも 主と逢瀬の夢枕

 

〽ジャズが好みのアタシの側で 都々逸を唄う粋なひと

 

君と見た 大きな火星 淡き夢

 

二人往く 冥土も暑き 盆供養

 

〽 アズナブールが好きだと言われ 踊るチークに揺れる胸

 

〽 リーンリーンリーンと囁く虫の 初鳴きは淡い恋心

 

〽 夜も更け行く祭りの闇に 何もせぬひと野暮な方

 

〽 ジャズと花火の熱海の夜の 響く音色に酔わされる

 

構想も 酷暑に会いて 沸騰す

 

都々逸に 夢を託して 夏の路

 

 

写真:知り合いの・天才・のりと君が作ったお面

 

2018年8月16日

2018年7月25日
近詠・句歌都々逸25

 

今ココを 生きると決めし 五十年

 

設計は 太古の記憶 DNA

 

縄文の 記憶を設計 する如し

 

火焔土器 設計あたかも 今の我

 

渦文は 設計既に 我にあり

 

風を待つ 鉄風鈴に 父の貌

 

一日を あと一日と 蝉の声

 

痛いほどの 暑さに遭い 蝉黙す

 

息を吐き 熱中症か 今一歩

 

この暑さ 九天を飛ぶ 夢を見る

 

今はただ 設計のみや 猛日照り

 

ふるさとに 帰るか迷う 盂蘭盆会

 

構想を 模型に託す 蓮うてな

 

縄文は 面白きかな 火焔土器

 

眼を開けよ 遮光土偶に 迫り寄る

 

顔見せよ 仮面土偶に 語り寄る

 

吉報は 来れば良しかと 茜雲

 

成る程に 来るか稀なる 梅雨の月

 

昨日まで 君を恋しと 九蓋草

 

囁けば 蛍の光手 をつなぐ

 

 

 

2018年7月25日

2018年7月15日
近詠・句歌都々逸24

 

15日 朝凄まじき 蝉時雨

 

蝉声や 豪雨の死者を 送りけり

 

蝉時雨 去年の逢瀬の 朝の雲

 

明日朝も 蝉時雨かな 誰ぞ待つ

 

何を待つ 天より降つる 蝉時雨

 

設計を 励ます今朝の 蝉の声

 

想い成る 夢よ続けよ 蝉時雨

 

蝉時雨 引越し前の 応援歌

 

蝉たちの 大合唱の 朝枕

 

蝉声や 僅かな命 燃やしけり

 

妖しげに 蛍や乱舞 恋ごころ

 

一瞬の 命燃やして 舞う蛍

 

闇にこそ 逢瀬を隠す 蛍狩

 

あの夜の 蛍の乱舞 濡れそぼる

 

いつまでも 蛍の乱舞 闇の中

 

手を繋ぎ 蛍の宿を 訪ねけり

 

舞う蛍 光軌は何時か フリージャズ

 

F分の 1と揺らぐか 闇蛍

 

声出さず 激しく燃える 蛍かな

 

後れ毛か 闇の匂いに 蛍舞う

 

〽 鳴くが情かよ 鳴かぬが情か 蝉と蛍の根くらべ

 

 

 

2018年7月15日