新之介文庫だより

2018年10月15日
近詠・句歌都々逸29

ふるさとの 磯の香りや 栄螺喰う

 

強羅なる 風温かき 苔の庭

 

箱根路や 幾歳月を たどる樹々

 

芦ノ湖の 船の向こうに 富士の峰

 

楽しみは 孫の雄叫び 宵の月

 

道半ば 今朝ひとつ咲く 西王母

 

彼の人と 月をツマミに ビール呑む

 

設計や 眼の先の闇 月明り

 

茶事一会 削る茶杓に 託す夢

 

床の花 獅子王に笑むか 客の貌

 

思い出は 白い椿に 池の路

 

懐かしや 紅い灯影に 揺れる胸

 

構想は 月冴え渡る 道の如

 

いつまでも 薄れぬ恋に 白椿

 

冬近し 妄想炬燵に 拡散す

 

妄想は 我が望みなり 月に問う

 

迷い道 今更ながらに 紅葉狩り

 

問答や 歓喜悶絶 郷の秋

 

待つ人も 来る人もなし 道祖神

 

今ココを 生きるか遅咲き 酔芙蓉

 

 

2018年10月15日

2018年10月3日
近詠・句歌都々逸28

 

アズナブール 唄い偲ぶか 彼の女(ひと)も

 

青春の 欠片を放つ 天蒼し

 

秋草や 思いの丈を 声とする

 

待つ身にも 名残の風か 枯尾花

 

秋雨に 来るか来ぬかの 旅の駅

 

〽三味の音を聴きゃ 寝た子も起きる 囃子ついでの 膝枕

 

金木犀 匂いは弱し ウロコ雲

 

今更の 恋心かな 酔芙蓉

 

屈折の 人生やいと 面白し

 

余生なし 連生いつか 果てもなし

 

〽龍虎吟嘯 雲風起す 私ゃ色掛け 主ょ起す

 

〽古稀も過ぎれば 見るからジジイ 私ゃ70 花盛り

 

曼珠沙華 ふるさとの海 墓参り

 

来てみれば 秋の古里 海の色 知る人もなし 波の静けさ

 

古里は 寂しきものとイワシ雲 思い出ばかり ただ海を見る

 

思い出は ふるさとの浜 父母の声 磯の香りを 運ぶさざ波

 

この世をば 離るる時に 何思う ふるさとの海 ふるさとの空

 

姉の墓 何処ぞと探す 彼岸かな

 

干物売る 老婆を知るや ふるさとの 海辺の町の 秋の侘しさ

 

立ち止る 磯の香に 夢の跡

 

 

2018年10月3日

2018年9月15日
近詠・句歌都々逸27

 

前庭に 酔芙蓉や 咲きにけり

 

遅咲きの 酔芙蓉を 観るや月

 

被災者を 偲ぶか今朝の 曼珠沙華

 

水に添い 水に暮らせと ヒツジ雲

 

先人の 知恵なる暮らし 夏や冬

 

紅葉葉に 装う主は 空に充つ

 

箱根なる 苔むす庭に 秋の風

 

チリーン 風鈴ひとつ 別れかな

 

遠のいて 我が故郷は 霞けり 波間に浮かぶ 顔も幽かと

 

思い出は 故郷の海 磯の香の 波に遊んだ 友たちの声

 

にまとう 知識経験 その智慧も 心なければ 失せる美と知る

 

今ここと 定め行かまし 三十年 更に行かまし 果てもなき道

 

未知なりや 空想の中 行く道は 何時か飛翔す 九天の外

 

湾隔て 靄に幽かな 故郷は 薄れる人の 情けとも似て

 

夏雲の 塊りは我の 志 力与えよ 神よ仏よ

 

上野なる 池を巡りて 夏の夜に 情けを交わす 人もあるかな

 

縄文を 刻む営み 清しけれ 森に海にと 生きた先き人

 

炎暑なり 燃える情にも 似て激し いつか絶えなむ 定め想わす

 

〽 「小柄でネ…」浴衣姿が好みだけれど それに笑顔じゃ 目がタレル

 

〽 聞いてちょうだいアタシの好み ジャズとシャンソン 主の情

 

 

 

2018年9月15日

2018年8月16日
近詠・句歌都々逸26

 

〽猛暑猛暑でもうしょうがない 露出度上がる目は下がる

 

静けさや 命限りの 蝉時雨

 

故郷や 待つ人もなし 盂蘭盆会

 

〽 熱中しすぎで熱中症に 動き過ぎたか蚊帳の中

 

三年も 会わずに似るや 夏の雲

 

暑さゆえ ビールの旨さ 虫も鳴く

 

もの持たぬ 心は軽し 夕涼み

 

黄昏も 汗に塗れて 月ひとつ

 

〽 蝉も鳴き止む猛暑の午後は 主に肌見せカキ氷

 

〽 華の咲かない今年のハスは 恋の未練に似て枯れる

 

〽逢えば嬉しい逢わなきゃそれも 主と逢瀬の夢枕

 

〽ジャズが好みのアタシの側で 都々逸を唄う粋なひと

 

君と見た 大きな火星 淡き夢

 

二人往く 冥土も暑き 盆供養

 

〽 アズナブールが好きだと言われ 踊るチークに揺れる胸

 

〽 リーンリーンリーンと囁く虫の 初鳴きは淡い恋心

 

〽 夜も更け行く祭りの闇に 何もせぬひと野暮な方

 

〽 ジャズと花火の熱海の夜の 響く音色に酔わされる

 

構想も 酷暑に会いて 沸騰す

 

都々逸に 夢を託して 夏の路

 

 

写真:知り合いの・天才・のりと君が作ったお面

 

2018年8月16日

2018年7月25日
近詠・句歌都々逸25

 

今ココを 生きると決めし 五十年

 

設計は 太古の記憶 DNA

 

縄文の 記憶を設計 する如し

 

火焔土器 設計あたかも 今の我

 

渦文は 設計既に 我にあり

 

風を待つ 鉄風鈴に 父の貌

 

一日を あと一日と 蝉の声

 

痛いほどの 暑さに遭い 蝉黙す

 

息を吐き 熱中症か 今一歩

 

この暑さ 九天を飛ぶ 夢を見る

 

今はただ 設計のみや 猛日照り

 

ふるさとに 帰るか迷う 盂蘭盆会

 

構想を 模型に託す 蓮うてな

 

縄文は 面白きかな 火焔土器

 

眼を開けよ 遮光土偶に 迫り寄る

 

顔見せよ 仮面土偶に 語り寄る

 

吉報は 来れば良しかと 茜雲

 

成る程に 来るか稀なる 梅雨の月

 

昨日まで 君を恋しと 九蓋草

 

囁けば 蛍の光手 をつなぐ

 

 

 

2018年7月25日

2018年7月15日
近詠・句歌都々逸24

 

15日 朝凄まじき 蝉時雨

 

蝉声や 豪雨の死者を 送りけり

 

蝉時雨 去年の逢瀬の 朝の雲

 

明日朝も 蝉時雨かな 誰ぞ待つ

 

何を待つ 天より降つる 蝉時雨

 

設計を 励ます今朝の 蝉の声

 

想い成る 夢よ続けよ 蝉時雨

 

蝉時雨 引越し前の 応援歌

 

蝉たちの 大合唱の 朝枕

 

蝉声や 僅かな命 燃やしけり

 

妖しげに 蛍や乱舞 恋ごころ

 

一瞬の 命燃やして 舞う蛍

 

闇にこそ 逢瀬を隠す 蛍狩

 

あの夜の 蛍の乱舞 濡れそぼる

 

いつまでも 蛍の乱舞 闇の中

 

手を繋ぎ 蛍の宿を 訪ねけり

 

舞う蛍 光軌は何時か フリージャズ

 

F分の 1と揺らぐか 闇蛍

 

声出さず 激しく燃える 蛍かな

 

後れ毛か 闇の匂いに 蛍舞う

 

〽 鳴くが情かよ 鳴かぬが情か 蝉と蛍の根くらべ

 

 

 

2018年7月15日

2018年6月9日
近詠・句歌都々逸23

 

此の五月 怒涛の如く 図を描く

 

〽ビッグデータアタシと同じ スリーサイズが群を抜く

 

〽付いておいでと優しく迫り 釣った魚に餌はなし

 

〽今度とお化けは出たことないが 何故に出てくる主の嘘

 

葉は茂る 蒼穹我は 空想す

 

構想は 鉛筆の中 月の中

 

〽それをするよな素振りも見せず 何時か出来てる子や茶室

 

〽好きで一緒になつたというに 二年経たずに隙間風

 

〽人の出会いは別れの始め だから今夜も添い寝する

 

大空は キャンバス天を 駆け巡る

 

〽イビキ歯ぎしり寝言にオナラ 主と暮らしてまだ三月

 

〽主の願いはアタシの願い 叶わぬ恋の旅日記

 

〽嫌な世の常下世話な話題 不倫話の野暮なこと

 

10Bの 鉛筆夢の続きを 走りけり

 

〽アタシゃワイセツにご縁がないに「だけどネ」騒ぐお人のシワの数

 

〽瑞穂、清美に蓮舫の喪服 皆んな性悪女面

 

〽唄い踊って世の憂さ晴らす バブリーダンスで再入院

 

〽安全地帯の歌なら得意 サザン歌えば「なぜ?」皆黙る

 

〽歌は世につれ世は歌につれ 主の歌聴き悶え出す

 

鉛筆は 恋人なるや 紙もまた

 

 

 

 

2018年6月9日

2018年5月3日
近詠・句歌都々逸22

 

大空に 設計舞うか 青モミジ

 

いつまでも 設計常住 通り雨

 

〽共に白髪と誓ったくせに 黒く染めてはネオン街

 

〽主のすること端から不信 ボケた振りしてまた触る

 

〽欲をかいても所詮は同じ 旅立つ時にゃ丸裸

 

青苔の露地に守りの青モミジ 躙に誘う風の清しさ

 

雲深き待喜の席の情けある 和みの一会旨き酒飲む

 

釣り釜に過ぎし一会の懐かしく 主の想いも擦れる鎖も

 

濃茶練る待喜の席の静かなる 至福を刻む音の涼しき

 

待喜なる席に充るは主の情 客の和みの笑みの楽しさ

 

面白や茶事に勝れる遊びなし 森羅万象一会に潜む

 

〽ビッグデータアタシと同じ スリーサイズが群を抜く

 

楽しみは逗子の庵の青紅葉 また逢い見ゆを待つるこの時

 

設計に 身を任せては 花を識る

 

〽正義、正義と騒ぐじゃないよ 夜盗もどきの偽野党

 

〽名前売れたらワイセツダメよ したきゃいつでも夢の中「ってネ」

 

〽想い思うてここまで来たが 主は歯ぎしりイビキにオナラ

 

知る人の何時か僅かとなるを知り 巡る季節の儚きを知る

 

好きなこと 絶ち真っしぐら 富士の峰

 

設計も せずに長雨 眺めけり

 

 

 

2018年5月3日

2018年3月28日
近詠・句歌都々逸21

 

それぞれに 見える景色や 富士の嶺

 

往くまでは 生きてるはずと 裡の声

 

人工知能がこの世を仕切る 量産できぬかドラえもん

 

色気ロボット作っておくれ 主はこの頃意気地なし

 

「辞世ね・・」悔いも無ければお金も無いが 恋の未練が邪魔をする

 

恋の恨みは消しても消えぬ 主と添うまで暮らすまで

 

明日も分からぬ老少不定 恋の成就をただ急げ

 

ただ喰らう 激しい汗か 肉の宴

 

夕映えの 腰を抱えて 咆哮す

 

誰も迎える 年寄りモード それが嫌なら早く往け

 

神の名前も知らないくせに 頼み事するもどかしさ

 

春の日の 咥え呑む眸や 恋墜ちる

 

立ち止まる 野仏母か 掌を合わす

 

座禅組み 師の道筋を 辿りゆく

 

色気なければ役には立たぬ できぬかAI色事師

 

人類の 進化や孫等に また繋ぐ 健やかにあれ 明日も未来も

 

彼氏できたしマンションも買えた そろそろ貴方と別れよか

 

恋の成就を迫ってみたが ダメよダメよで早二年

 

大津波 来るのか富士の 高根まで

 

AIに 未来を託す 木偶の坊

 

 

2018年3月28日

2018年3月17日
近詠・句歌都々逸20

 

湯を浴びて 設計の妙 得りにけり

 

設計を 解らぬままに 蒼穹(そら)の色

 

責任の ない設計の 味気なく

 

設計の 楽しさ会い 逢いに行く

 

発想は ひとつか設計 謎だらけ

 

設計の 悔しさに耐え 月を観る

 

息詰まる 設計の果て 湯気や立つ

 

設計の 淋しさに耐え 花を挿す

 

人生は 設計の是非 繰り返し

 

設計は 親の歳まで なぞる夢

 

切なさや 設計野に在る 仏かな

 

設計の 切なさに遭い 野を歩く

 

スクワット 設計図観る 前準備

 

設計の 淋しさに耐え 脚を揉む

 

始まれば 設計と共に 足洗い

 

設計は 恋の季節や 胸躍る

 

時雨にも 設計絶えず 進みけり

 

月の海 設計図にも 移しけり

 

設計は 集まる者の すがたなる

 

君に会う 設計の中 恋時雨

 

 

句集『千々繚乱』より

 

2018年3月17日