新之介文庫だより

2018年1月17日
近詠・句歌都々逸16

 

月観れば 影も悴む 指の先

 

恋ひとつどこまで続く闇の路 絶えて変わらぬ人の命は

 

禅僧の便りが絶える春の雪 あの時の貌あの時の聲

 

この春に始めることのあれこれは  同行二人古人に連れ立つ

 

プリプリの 乳房懐かし 夏の夢

 

老いの果て 誰も隔てぬ 黄泉の旅

 

何度でも 応える肌に 月あかり

 

色気叔母は ビールを飲んで 九十六

 

正月や 今ココを観る 寿老人

 

恋の恨みは消しても消えぬ  主と添うまで暮らすまで

 

「ダンシングヒーローって・・・」歌を唄って昔を偲びゃ 腰を痛めてヒローする

 

「昔ゃネ・・」歩く不倫と言われていたが 今じゃ徘徊認知症

 

皆ひとり歳を重ねて旅に出る 老いて往くなら言うことはなし

 

イヤだイヤだといってはいたが「気がつくとネ」 気持ち吉野の山桜

 

青春は 汗に塗れる 多淫かな

 

柔肌を 染めて恥じらう 雪夜の湯

 

皆誰も頼りなき身の世迷言 したり顔してまた明日へと

 

色気なき貌を眺めて髭を剃る 小寒の朝未だ籠りぬ

 

黄昏の 銀座の唄に 寒時雨

 

ホコ天の 冬人もなし アスファルト

 

 

 

2018年1月17日

2018年1月11日
近詠・句歌都々逸15

 

賀状見て 逢いたき人と 交歓す

 

戌年に 託せるものの 無きを識る

 

5日寝て 年始の客を 払いけり

 

熱と咳 どこまで続く 桃源郷

 

うなされて 話す相手は 歳の神

 

グズグズと 動かぬ手脚 三が日

 

初夢や 咳に紛れた 銀世界

 

木を伐って 使い造って二万年 我の記憶に すがた・かたちが

 

「辞世ね・・」悔いも無ければお金も無いが 恋の未練が邪魔をする

 

人は皆 それぞれを生きる隔てなく 空を観じず 生きるのも空

 

そのままで いいと誰か 裡の声

 

勿体つけてもアナタはダメよ 色即是空は色の道

 

一年の 疲れを溶かす 寝正月

 

主の速さにアタシは惑う 行くも帰るもリニヤ並み

 

あの仕草 我を彩る 景色かな

 

その内に 思うばかりで時は過ぎ 月の出汐を待つ 年も暮

 

会えるものなら会うてもみたい  時を戻してくれるなら

 

穏やかな  年の始めの 富士の根に 我が志 告げて祈りぬ

 

除夜の鐘聴き煩悩払い 明けた朝からまた積る

 

それぞれに 見える景色や 富士の嶺

 

待たせ焦らせて想いを煽る 募る憎さは主のせい

 

大雪や 炬燵の中の 淡い恋

 

大衆の 中に風吹く 寂しけり

 

 

写真: 小野田雪堂 讃  太田新之介 画

 

 

2018年1月11日

2017年12月30日
近詠・句歌都々逸14

 

明る過ぎ 眠れぬ冬の 月明り

 

満月に 何も願わぬ 星の屑

 

彼の人を 思えば円 月明り

 

多忙にも 健やかに在る 年の暮れ

 

我もまた 宇宙なりけり 六次元

 

枯れるまで 生きるか 今朝の霜柱

 

好きなことして生きてる主に 老いを知らせる初日の出

 

どうなるかわからぬ明日に気を揉まず 首でも揉んで明日は明日に

 

皆同じ時間を生きる仲間たち 信じ切れれば 障ることなし

 

貧すれば 鈍すか 落ちる白椿

 

人生は いと面白し 冬籠り

 

年の瀬や 思わぬ福に 巡り会う

 

不思議なり 思うがままの 暦尾かな

 

囁けば 星まで届く 冬凛々

 

惚れた素振りも見せないくせに 側に近寄りゃ直ぐ迫る

 

金は出来たしマンション買えた そろそろ貴方と別れよか

 

この四季は目まぐるしくも冴えにけり 我は誰ぞとぼんやりとして

 

会わぬ人 会えぬ人とも 増え行きて これも定めと 賽銭を投ぐ

 

煩悩は 払えぬまでも 百八つ

 

除夜の鐘 打ちに来ぬかと 誰の声

 

写真:干支は酉から戌へ 木目込み人形制作は友人浅井真美さんのお母さん
「毎年有難うございます」

 

 

 

2017年12月30日

2017年12月21日
近詠・句歌都々逸13

 

戦いは 我の裡にと 枯れ落葉

 

鉛筆を 走らす早き 歴史かな

 

名蹟を 説いて黄昏 背を正す

 

年の瀬や 往き交うばかりの 他人貌

 

人混みに 知る人のなし 安堵かな

 

交りに 戸惑う暮の 雪を待つ

 

ぼんやりと 海を眺める 至福の日

 

禁は禁でもアナタのキンは 勤酒勤欲果ては金

 

何時も知らない所を探し 何時も知っている人と逢う

 

面白いっていうのがホント 辛い悲しいことの後

 

海は海山は山とて川は川 海山川に我を観るかな

 

じいじとジジイじゃ立場が違う 主はジジイで「ん、」粋な方

 

あの日の逢瀬の続きを想い 夢で叶える目を閉じて

 

又かお股か果てまたズレか 股が恋しい年の暮

 

月が明るく眠れぬ夜は 狼男の真似をする

 

主と炬燵で手を握ったら 潤む瞳に火が点る

 

夢を叶える思いが夢で 主と添うのは夢の中

 

それぞれに 見える景色や 富士の嶺

 

坐禅組み 古里の海 思い出す

 

瞑想に 耽る夢見る 冬の朝

 

 

2017年12月21日

2017年12月11日
近詠・句歌都々逸Ⅻ

 

平成は 後1年半 月明り

 

激辛の 煎餅パクリ・・・

 

究極の 建築の技 願に在り

 

またも冬  いつまで続く 霜の道

 

忖度を 重ねて築く 歴史かな

 

設計の 楽しさに会い 逢いに行く

 

野仏に 花を手向けて 仰ぐ嶺

 

設計は 親の歳まで なぞる夢

 

楽しみは スルメピーナツつまみにし 黄昏時にビール呑む時

 

「ねぇ〜何時逢えるの〜」一年待たせて未だ来ぬ便り 別のお人を見つけよか

 

お酒飲んだらメールはダメよ 誤送迷送認知送

 

今日明日も 生きる証と 月の華

 

新月に 祈りとどけと 夕紅葉

 

紅葉にも それぞれの色 野に山に

 

咲き落ちる 気配面影 白椿

 

待つまでも なき初時雨 恋の唄

 

山並みの 向こうは雲か 初嵐

 

楽しみは エビ煎ピーナツ 冬ビール

 

今日はまた 我の命日 バースデー

 

創造に 見果てる夢を 託しけり

 

 

2017年12月11日

2017年12月3日
近詠・句歌都々逸Ⅺ

 

また巡る師走二日の祝い日に 我健やかにあれと願いぬ

 

願心を 持てる限りの 堂造り

 

街角に 舞い来る落葉 冬の声

 

昨日見た 人生僅か 七十年

 

「二十歳の頃に・・」落としたはずの命を繋ぎ 今朝も陽浴びの古稀の意気

 

「背中にネ・・」スキという字を逆さに書いて キスをせがんだ夜もある

 

今じゃ入歯をパックリ外し 天下無敵の歯茎技

 

小夜更けて 干柿吊るし 明日を待つ

 

ボケた振りしてハグしてみたら 抱きしめられて絶える息

 

「無料のネ・・・」動画観たさにiPad 買って  慣れる間もなく認知症

 

ジジイと言われりゃ腹立つけれど「そうだよな・・」他の呼び名が見つからぬ

 

コタツに入って手を握ったら「暖ったかいのにネ」ひと間違いで青くなる

 

このままで 歩くか落葉 先の道

 

わだかまる 人の気配に 散る紅葉

 

時を食い 図にするよすが 冬籠り

 

囁けば 鉛筆の跡 暮れなずむ

 

立冬の 宵に隠れて 生ビール

 

悪しきこと 良きこともなし 今朝の夢

 

思い出は 雪降る夜の 窓明り

 

認める 墨の匂いや 母の顔

 

 

写真:及川真奈美さん絵の嬉しいプレゼント

 

 

2017年12月3日

2017年11月14日
近詠・句歌都々逸Ⅹ

 

エアコン暖房 色気がないに 触れるコタツにゃ 恋がある

 

窓にチラチラ 小雪が映る 主の背中で 見たは夢

 

紅い襦袢に 指先隠し 倫に外れた 恋をする

 

恋という名の 情けをかけて 愛という名に 縛られる

 

次々と 宇宙の謎は 深まりて 命の果ては カオスなるかな

 

今更に わからぬままの 宇宙(そら)のこと 明日もわからぬ 今という日も

 

主と会うたが この世の定め 来(こい)という字の 道しるべ

 

懸命に 生きた証か 彼の別れ

 

天の原 かかる命に 星ひとつ

 

わだかまり 過ぎた日々にも 咲く椿

 

海原に 走るは月華 夢の道

 

支え合う 姿か老いの ハモリ唄

 

年寄りを 嗤う己に 嘲笑す

 

粋と色気で 勝負ができた 今じゃお金が 頼る道

 

会えるなら 逢いたきものと 十三夜

 

芋月夜 朧朧と眺めやる 彼のひとと見る こともなしかと

 

月観ては 後の世人に 独り言

 

仰天は 自然の貌や 時の色

 

人は皆 同じ生あり 死ぬ産まれ

 

死ぬことで 生きるを学ぶ 人の生

 

 

 

2017年11月14日

2017年11月6日
近詠・句歌都々逸Ⅸ

 

成就せぬ ことの楽しさ 万華鏡

 

今日もまた 了りて我に 有難う

 

道半ば 常に課しては 道半ば

 

暖かな 夕餉の旨き 泡ビール

 

道を問う ことも忘れて 恋時雨

 

またも冬 後何年の 雪化粧

 

富士の根に 紅葉の雲居 滝の音

 

須らく 今日も暮れゆく 星一つ

 

この頃は 燃える間もなし 初時雨

 

そこはダメよと たしなめられて 手を引く未練の ヘボ将棋

 

もっとやってと 言われてやれば そこがいいわと 肩叩き

 

万年も 使い残れや木の館 庭に咲散る 花を友とし

 

待ち望む 我が構想の花咲くを 巡る季節を とどめ訪ねて

 

暮れなずむ 歳として観る 死ぬ生きる

 

この頃は やること多し 山紅葉

 

新たなる 明日の朝へと 一里塚

 

あの頃は 燃えて 悶えた 蝉時雨

 

上弦の 月が見ていた 初逢瀬

 

設計の 切なさに遭い 野を歩く

 

思い出は 父母姉の 貌と声

 

 

 

2017年11月6日

2017年10月29日
近詠・句歌都々逸Ⅷ

 

今ここに あるはずのない 虹の橋

 

この橋を 掛けたは誰ぞ 神仏

 

冬鏡 セーター姿 映し笑む

 

夢で逢えると 思うて眠る 白い椿の その側で

 

熱海湯けむり 指さす先は 見えぬ時雨が 濡れかかる

 

不倫咎めて 騒いでみても 出来ぬ我が身の 怨み節

 

初時雨 濡れる面影 湯のけむり

 

茫然と 雨後の苔庭 若紅葉

 

今日も冬 花なき露地に 小糠雨

 

炉開きや 青竹の色 白椿

 

あの時は 霧雨の中 傘の中

 

面影に 歳を重ねて 缶ビール

 

設計の 淋しさに耐え 脚を揉む

 

今日は今日 明日は明日と 散る銀杏

 

泣いて別れた ばかりというに 肘ブラはしゃぐ 身の軽さ

 

グッと引き寄せ チークで踊る「さてこの後は・・」思い思いの ものがたり

 

「伴侶ってね、、、」昔ゃ夫か 妻だったのに 今じゃスマホか 紙オムツ

 

紅葉狩して 湯船に浸かりゃ この後思い紅くなる

 

月の夜道を 悶えて歩く 触れる指先 かかる息

 

この頃は 燃える間もなし 初時雨

 

 

写真:美しさの緊張感が漂う 国の記念物「神仙郷・苔庭」(箱根強羅)

 

 

2017年10月29日

2017年10月20日
近詠・句歌都々逸Ⅶ

 

たまゆらの 縁か匂う紫の 色も床しき 萩の月影

 


ぬばたまの 銀河の果てを見せるごと 煌めく渦の 深き星影

 


反応や 鈍いばかりの 今朝の夢

 


改まる 今日の初めの 淡き月

 


月の夜道を 悶えて歩く 触れる指先 かかる息

 


泣いて別れた ばかりというに 肘ブラはしゃぐ 身の軽さ

 


何はともあれ 明日も生きる 思い定めて 今日は寝る

 


秋風に 揺れて香るか 蕎麦の花 彼の女
(ひと)揺れた 白き黄昏

 


それはその その時の話 酔芙蓉

 


やめられぬ 冥土に至る 道探し

 


思い出す 銀座のネオン 恋の歌

 


孤独にも 一理あるかな 老い姿

 


紅葉は 華やぐ色か 寂しけり

 


スマホ見ぬ 今日一日の しどけなさ

 


あの女
(ひと)は 何処にいるのか 夢逢瀬

 


またも秋 風も寂しき 雲ひとつ

 


憧れは 図にすることの 叶うまで

 


東京は 名も無き縁 人の波

 


縁とは 呼べぬ秋雨 肩に降る

 


降る雨は あの日の別れ 野辺の路

 

 

 

 

2017年10月20日