新之介文庫だより

2021年8月1日
近詠・句歌都々逸82

 

追憶の 禅寺の庭 蝉時雨

 

 

恐ろしい 静けさ炎暑 ただ独り

 

 

波静か 土石流に 散るか命

 

 

今ココを生きるメダカや我もまた

 

 

設計に 立ち尽すかと 夏木立

 

 

 〽︎故郷恋しや 父母兄妹も 想い想いて 六十年

 

 

〽︎家を出てから 早六十年 先のことなど ケセラセラ

 

 

〽︎コロナチックな アナタに惚れて 感染ったアタシは 命懸け

 

 

〽︎コロナワクチン 不気味で怖い 主の注射の 気持ち良さ

 

 

君知るや 箱根強羅の 青モミジ 爽やかなりや 神の住む郷

 

 

今ココを 何事もあれ 只生きる 蝉も命は 風に任すと

 

 

帰りなん いざ帰りなん あの頃の 青雲の夏 白波の浜

 

 

〽︎フリンフリンと 騒ぐじゃないよ 丸を付ければ 味が良い

 

 

〽︎男女平等って 言ってるけれど 世は公平が 美しい

 

 

〽︎花の世は 共に補い 分け隔てなく 花のようなる 人ばかり

 

 

〽︎ブチ切れジジイ に不機嫌ババア 共に認知だ 淡い仲

 

 

イライラと 今夏コロナ禍 歳の所為か

 

 

古里の 海に告げくる 凪の宵

 

 

夕暮の 海を横切る 蝶のあり

 

 

何時迄も 囁く母や 寄せる波

 

 

 

2021年8月1日

2021年7月1日
近詠・句歌都々逸82

 

イライラと 今夏コロナ禍 歳の所為か

 

 

君知るや 箱根強羅の青モミジ 爽やかなりや 神の棲む郷

 

 

今ココを 何事であれ只生きる 花も命は 風に任すと

 

 

帰りなん いざ帰りなん あの頃の 青雲の夏 白波の浜

 

 

古里の 海に告げくる 夏の宵

 

 

夕暮の 海を横切る 蝶のあり

 

 

何時迄も 囁く母や 寄せる波

 

 

今ココを 生きるメダカや 我もまた

 

 

設計に 立ち尽すかと 夏木立

 

 

金糸梅 真っ盛りなり 尚もまた

 

 

〽︎故郷恋しや 父母兄妹も 想い想いて 六十年

 

 

〽︎家を出てから 早六十年 先のことなど ケセラセラ

 

 

〽︎コロナチックな アナタに惚れ て感染ったアタシは 命懸け

 

 

〽︎コロナワクチン 不気味で怖い 主の注射の 気持ち良さ

 

 

〽︎君は元カノ 不思議なさだめ 巡り巡って 元の鞘

 

 

〽︎ブチ切れジジイに 不機嫌ババア 共に認知だ 淡い仲

 

 

〽︎色で身を売る スイカでさえも 中にゃ苦労の 種がある

 

 

〽︎フリンフリンと 騒ぐじゃないよ 丸を付ければ 味は良い

 

 

〽︎男女平等って 言ってるけれど 世は公平が 美しい

 

 

〽︎花の世は 共に補い 分け隔てなく 花のようなる 人ばかり

 

 

 

2021年7月1日

2021年2月14日
近詠・句歌都々逸81

 

〽︎食っちゃ寝食っちゃ寝 カッポレカッポレ コロナ太りの トド仲間

 

 

〽︎開催止めぬか 利権の五輪 金にならなきゃ バカを見る

 

 

〽︎失言会長老害非難 「だけどネ」ん、八十過ぎたら仏さま

 

 

〽︎年寄りは・・・道を譲って後ろに回る 人を遺すを上とする

 

 

〽︎アタシゃ年寄りブチ切れババァ 「で、何か文句あるの!」「ないけどネ」
 ん、切れてあの世へ早く往け

 

 

ワクチンを 待つも不安の 寒桜

 

 

大和なる 我が庵の隅 春の蘭

 

 

一日中 何んにもせずに 雲の跡

 

 

まんじりと 朝まで光 霜柱

 

 

父親の 歳を生きたり 黒メダカ

 

 

感慨は 潜み寄せ来る 波の音

 

 

立つ春に 命預ける 富士の雪

 

 

設計も 今ひとつかと 白椿

 

 

ゴロゴロと 何もせぬ日に 餅を食う

 

 

道聞けど 後先もなし 春の川

 

 

友や逝く あの日に還る 枯野かな

 

 

朝焼の 不二に雪なし 梅の花

 

 

忙しや 妄想放下 蘩蔞摘む

 

 

巣篭もりも 削れぬ茶杓 昼行燈

 

 

ぼんやりと 虚ろ心や 黒椿

 

 

写真:熱海・「瑞雲郷」梅園

 

2021年2月14日

2021年1月22日
近詠・句歌都々逸80

 

道端の 水仙に問う 相思かな

 

 

轟音の 滝に昇龍 不二の嶺

 

 

藪椿 消えぬ想いを 手折り挿す

 

 

散水や 春待つ苔の 色若し

 

 

人や逝く コロナ禍故の 空送り

 

 

コロナ禍や 失せる気力にも 芽吹く枝

 

 

騰々と 大路を走る 春の宵

 

 

蓬莱山 我が胸に在り 彼の世まで

 

 

デザイン 蒼龍窟 空駆ける

 

 

暖をとる ビール牛タン 紅い月

 

 

 又も春 遠い先祖に 掌を合わす

 

 

飲食に 命預ける 睦月中

 

 

星降れば 幼き昔 母の笑み

 

 

只待つは 天地往来 春の風

 

 

懐かしや 昔の女(ひと)の 短メール

 

 

春蘭も 動くが如し 春燃ゆる

 

 

設計も 今ひとつかと 寒い月

 

 

禅僧と 食の問答 餅を食う

 

 

茶を喫まん コロナを寄せぬ おまじない

 

 

語らえば D X か 春の縁

 

 

2021年1月22日

2021年1月7日
近詠・句歌都々逸79

 

発出す 非常事態 初詣

 

 

〽会えぬと言われりゃ会ってもみたい 思い届かぬ宮参り

 

 

幾つかの 設計コロナ禍 蔓延中

 

 

〽コロナなんぞは怖くなないが コロナに見える山の神

 

 

〽言ったはずだぞ巣籠りメタボ「この太オバン!」ん、ポテトチップス止められぬ

 

 

〽言ったはずだわ巣籠りメタボ「この太オヤジ!」ん、ビールラーメン餅三個

 

 

君偲ぶ 初陽に光る 富士山の 淡雪けぶる 峰の辺りに

 

 

餅を食い 故郷の囲炉裏 父と母

 

 

春を待つ 我が志 雲は飛ぶ

 

 

お飾りを はずして今年の 夢想う

 

 

風強し 空は蒼し 松の内

 

 

「だだ今」を 見つめ尽くして 不二の峰

 

 

 設計に 思い焦がれて 啼くカラス

 

 

真夜中に 紅き満月 凍る星

 

 

忘れ得ぬ 銀座の柳 小雪舞う

 

 

篆刻を 賀状に押して 春を待つ

 

 

父母に 香花とお節の ご挨拶

 

 

コロナ禍や 会えぬ人にも 初日の出

 

 

新玉の 年の初めの 富士の嶺に 君健やかで あれと祈りぬ

 

 

忙しや 師走ドカ雪 コロナ禍中

 

 

我伝う 伝統の技 世界遺産

 

 

 

 

 

 

 

篆刻「春来たりて花開く」
陶製 5.5×5.4×高5.4㎝
1990年 作

 

 

 

 

2021年1月7日

2020年12月23日
近詠・句歌都々逸78

 

〽︎ 主はリストラ無職で痩せる アタシァコロナで激太り

 

 

〽︎ 二人巣ごもりすることひとつ 数が多くてこける頬

 

 

〽︎ パンデミック怖いじゃないか だからベットでクラスター

 

 

〽︎ アタシ触らずスマホを弄る 指の速さがいやらしい

 

 

〽︎ 好きな口づけコロナでできぬ せめてマスクで鼻ツンツン

 

 

〽︎ 北陸ドカ雪全てが埋まる 山河・道・家・心まで

 

 

〽︎ 思い出してる昔の彼を 進んだ認知で人違い

 

 

〽︎ 後期高齢好機じゃないか 出来るひとつを真心で

 

 

〽︎ 認知機能は劣ってきたが 生殖行為は最高潮

 

 

〽︎ 歳はとっても何くそ負けぬ(だってさ・・) かけ声ばかりの好例者

 

 

〽︎ あっと言う間に七十五歳 後は野となる山となる

 

 

〽︎  悟り開らけぬ解脱もできぬ 人生航路はケセラセラ

 

 

〽︎ 年末年始は嬉しじゃないか(アタシって?) 自閉巣籠り変態症

 

 

〽︎ コロナ変異だ!どうするアナタ オレは変態変異なし

 

 

〽︎ 老々介護はできぬといって 早く往けよとジジとババ

 

 

〽︎ 道を歩けば年寄りばかり ニッと笑って腰伸ばす

 

 

〽︎ 生めよ増やせよ子は世の宝 分かっちゃいるけどサシスセソ

 

 

〽︎ トランプキンペープーチンガースー ムンムンバイデン新ゲーム?

 

 

〽︎ 権力欲なら哀れな末路 アナタの性欲断末魔

 

 

〽︎ お前認知か?アンタはウンチ? ほど良い仲の年の暮れ

 

 

写真:「良寛戒語」自書

 

2020年12月23日

2020年9月7日
近詠・句歌都々逸77

 

九十九 コロナの夏に 逝くや叔母

 

 

名句遺し 叔母は炎暑に 旅立ちぬ

 

 

麗しき 叔母や薨る 北の夏

 

 

あの世にて 姉妹揃いの 浴衣かな

 

 

往く夏や 母に宜しゅう 色気叔母

 

 

『於八於五』の 句集に添える 酔芙蓉

 

 

母に似る 叔母九十九 彼の岸へ

 

 

掌を合わす 麗し叔母や イワシ雲

 

 

何時かまた 会い見る日まで 曼珠沙華

 

 

月見ては 母を恋しと 虫は鳴く

 

 

〽︎首相辞めたしアタシも辞める 過食、偏食、保存食

 

 

〽︎ダークホースが首相になれる ホンニ日本は粋な国

 

 

〽︎在宅勤務じゃ気持ちが萎える 独り遊びのいじり過ぎ

 

 

〽︎恋は炎だ燃えては消える アタシゃ埋み火未だ燃える

 

 

〽︎巣籠もり激太ポッコリお腹 ポテトチップに生ビール

 

 

〽︎キシダイシバは伸び代がなく スガは大化け名を残す

 

 

〽︎エダノフクヤマアズミにレンホー 野暮なお仲間暇つぶし

 

 

〽︎コロナワクチン作っておくれ 助かりゃ皆んなでウンコチンチン

 

 

〽︎主と行きたやローマとパリへ 早く行かなきゃあの世往き

 

 

〽︎主と逢えたらマスクを外し 濃厚接触コロナキッス

 

 

 

 

2020年9月7日

2020年8月10日
近詠・句歌都々逸76

 

〽︎先祖供養だ焼肉ビール 黒ニンニクにハンバーグ 

 

 

〽︎今も青春真っ只中よ、つーに、なのに後期高齢者  

 

 

〽︎恋と若さはお金で買えぬ 買えるは補聴器紙オムツ 

 

 

〽︎多分ね・・・ 南沙諸島で米中ガツン!アタシゃアナタとまたガツン

 

 

〽︎ファーウエー排除で5Gは崩れ 主はオジイで総崩れ 

 

 

〽︎ドンチャン騒ぎで喜ぶコロナ 騒がず静かな盆休み 

 

 

〽︎唾液交換性風俗も 我慢するのよ七十五  

 

 

〽︎コロナチックだマスクで勝負 したいできないデープキス 

 

 

〽︎キスを交わした思い出の路(今じゃネ・・・)失禁パンツに車椅子  

 

 

〽︎今日も増えてる強いぞコロナ  キンは最強キンの玉  

 

 

〽︎トランプ劣勢バイデン勝てる「だけどね」 恋と同じで先は闇  

 

 

〽︎隣国は 経済破綻の足音響く(アタシね)主の足音直ぐ分かる 

 

 

〽︎ムラムラしたから手を出したって?  出した途端に地獄行き 

 

 

〽︎︎SNSなら気軽に叩く ノーテンファイラーの暇つぶし

 

  

〽︎野党ガンバレもう一息だ 有象無象の盂蘭盆 

 

 

〽︎先祖偲んで線香立てて ワシも近々そちら行き

 

  

〽︎親の歳まで生きたぞ我は 後は余慶のランデブー  

 

 

〽︎恋は消えても思いは残る 貸したお金の恨めしさ  

 

 

〽︎︎テレワークってやってはみたが 生でないのが玉に傷 

 

 

〽︎生がいいわよ断然生ね ビールに生キスあれも生

 

 

 

 

2020年8月10日

2020年7月20日
近詠・句歌都々逸75

 

〽︎「#出勤再開ウツ」なのアタシ 主と離れるこの辛さ

 

 

〽︎つまらないのよアナタといても スマホとビールと高イビキ

 

 

〽︎コロナ太りよ鏡は嫌い 映るお腹に「どちら様〜」

 

 

〽︎鏡に映った異様な姿 腹がお前か化けて出る〜

 

 

〽︎ジョギングしてるし筋トレしてる「だけどね」変わらぬ体重が分からない

 

 

〽︎あっという間に七十半ば 色ぼけピンぼけノウマダラ(蝶じゃないのにねー)

 

 

隣林に 夏鶯の けたたまし

 

 

〽︎稼ぎもないのによく寝て食べる 稼ぐアタシはただ細る

 

 

〽︎コロナ防止だ!三密やるぞ「だけど・・」デープキッスは止められぬ

 

 

〽︎この世は地獄か災害だらけ ダラケタお腹も怨めしい

 

 

〽︎アタシャ年寄り七十五歳 歯茎磨いてさぁ–勝負

 

 

〽︎皆んな独りさ寂しいけれど これが生きてる素となる

 

 

〽︎勝負下着が要らなくなった 肥えてサイズが見当たらぬ

 

 

〽︎食っちぁ寝食っちゃ寝コロナで太る 痩せるは財布と人の縁

 

 

〽︎コロナに洪水泣くにも泣けぬ せめて泣きたや主の胸

 

 

〽︎災害大国日本のことさ 地震台風山の神

 

 

〽︎コロナ自粛で閉店無職 金とお米と住い無し

 

 

〽︎歌でも唄ってこの世の憂さを せめて晴らそか恋時雨

 

 

老いというあやしき絶望我に有り 生死のことは問わぬ夕陽に

 

 

句歌を詠み都々逸嘯く徒然に 懸想してなお闇の道ゆく

 

 

 

2020年7月20日

2020年6月25日
近詠・句歌都々逸74

 

日食や あの日の別れ 夏木立

 

手をつなぎ カラスも帰る 西の空

 

コロナ禍に 右往左往の 人の夏

 

ポストコロナ 何時迄もマスク 空蒼し

 

風はなし  熱風赫々 水潺々

 

コロナにも 事情有るかと 夜の闇

 

六月は コロナ巣籠り 給付金

 

コロナ禍や 恋も失せるか 梅雨の入り

 

引き籠り 嬉し切なし コロナ哉

 

〽︎庭の草引き空仰ぎ見て 令和六月風涼し

 

〽︎あっという間に七十半ば 色ぼけピンぼけノウマダラ(蝶じゃないのにねー)

 

〽︎つまらないのよアナタといても スマホとビールと高イビキ

 

〽︎コロナ太りよ鏡は嫌い 映るお腹に「どちら様〜」

 

〽︎鏡に映った異様な姿 腹がお前か化けている〜

 

〽︎ジョギングしてるし筋トレしてる「だけどね」増える体重が分からない

 

〽︎食べることしかやることないわ 太る他なしこの時節

 

〽︎死者の少ない日本の奇跡 コロナと仲良しDNA?

 

〽︎中傷誹謗の世の中なれど 見猿聞か猿言わ猿アタシ

 

〽︎マスク外してフレンチキッス「心配ないわ!」ん、同じ病気は感染らない

 

〽︎自粛解禁人混み戻る 戻らぬ二人の自粛仲

 

 

2020年6月25日