新之介文庫だより

2020年1月16日
近詠・句歌都々逸64

 

松も過ぎ 露地の掃除の隅々に 小さな春の 訪れを見る

 

この道を このまま行くか 道半ば 夢の欠片を 集め集めて

 

獅子王と 名の付く白き 大椿 映るは丹波 我れが花入

 

如月の 茶事に掛けるか 清巌の 一行の書に 託す存念

 

一級の 定期講習 八時間 疲れ知らずも 次は如何と

 

日々に 変わる法規に 戸惑いて 建築の道 曲がりくねれり

 

山月の 庵を想い 浮かべては 幾世も遺る ことを願いぬ

 

箱根なる 山月庵に 降れ雪よ 美し姿を 守り清めよ

 

選ばれし 庵(いお)の守りの 夫々の 末に幸あれ 明日を夢見て

 

木の国に 生まれ住みては 木を忘れ CO2で 絶滅の途に

 

古の 木の建築に 宿るのは 先祖の叡智 そして真心

 

初春に 啜る茶の香の 清しさは 紫匂う 萩の陶(すえ)なり

 

焼物を 君と一緒に 作るとは 思いもかけぬ新春(はる)ぞ嬉しき

 

新玉の 年の始めの 窯出しに 君と連れ立つ 富士の山裾

 

あの頃を 思い起こせば 夢惑う 紅き唇 白き襟足

 

火の神に 身を委ねては 変身す 陶の姿の 尊きを観る

 

縄文の 土器の姿を 写し焼く 窯より出る 我れが水指

 

窯出しや 丹波唐津に 萩の陶 美し容ぞ あれもこれもが

 

真心は 何より優る 力にて 神仏の加護 知らず付き行く

 

荒魂の 年の始めの 不二仰ぎ 我にこの道 行かせたまえと

 

暁の 東の山に 雲ひとつ 初日を仰ぐ 君は頬染め

 

写真: 古帛紗「紅地狩鞍文錦」 自作

 

 

 

2020年1月16日

2020年1月11日
近詠・句歌都々逸63

 

〽︎ 年の始めの 雑煮を食べて 主と交わした 相聞歌

 

〽︎ 昔はね 君は美人だ 貴方は紳士 今じゃシワシシミ症候群

 

〽︎ 正月は 主と一緒に 歳とる夢を 見たや二鷹 三茄子

 

〽︎ 笑ってお漏らし クシャミで漏れる アララ美魔女も 紙オムツ

 

泣かせるぜ
〽︎ 別れたくない 今夜はずっと オレの背中にしがみつく「しょってるネ〜」

 

〽︎ 君と僕とは 淡交の仲「って、言ってるけど」握るその手の 眼が妖しい

 

〽︎ 初音姐さん 芸者の花よ 都々逸名手で 器量好し

 

〽︎ 人生真っ直ぐ 歩いていたが 主と出会って 回り道

 

〽︎ 不機嫌ジイジに ブチ切れバアバ お漏らしコンビに 敵はなし

 

〽︎ アベックカップル ペアーと変わり 今じゃカレカノ ツーショット

 

〽︎ 色と欲との この世の定め 色欲是食う 骨までも

 

〽︎ 色が絡めば 骨まで燃える 欲が絡めば 地獄まで

 

〽︎ 所詮人間 独りじゃないか、って言ってる先に 手が伸びる

 

〽︎ 正月休みは 寂しさ辛さ 三味で唄って 主を待つ

 

〽︎ 一喜一憂 株価の動き「アタシゃね」下部が動けば 気も早る

 

〽︎ 遺伝子操作は 悪魔の科学 神と仏も 入れ代わる

 

〽︎ 人も木も 水も空気も 皆繋がってるに それを知らずに CO2

 

「アラフォーはね・・・」
〽︎ 恋愛は  体力勝負で 婚活するにゃ あざとさがいて「ほんに」 疲れるわ

 

〽︎ 不倫はね  年末までに 清算しよう「って思ったけれど」ワタシゃロマンの 真っ最中

 

〽︎ 人生は  何があっても 不思議はないが せめて君には 幸せを

 

 

2020年1月11日

2020年1月2日
近詠・句歌都々逸62


〽︎年始参りは メールで済ます 年始の逢瀬は 湯の中で

 

〽︎何もかも そのままして 新年迎え 主と一緒に 歳を取る

 

〽︎他人の評価を 気にするよりも ワタシゃ私が 気にかかる

 

〽︎紅白は 知らぬ芸人 ばかりが歌う アナタ都々逸で 憂さ晴らし

 

〽︎紅白に ビートたけしが 出て来て喋る「あれは何語だ!?」って、爺が聞く

 

「ああ、早く・・・」
〽︎熱いまなざし 高鳴る胸に 迫るその手に 宝くじ

 

〽︎あんなに激しく 燃えたというに 覚めりゃ貴方は どちら様

 

〽︎ 私ゃアナグロ 主ゃデジタルで 都々逸古くて 新しい

 

〽︎年末年始は どうするアナタ いけない恋の 綱渡り

 

〽︎どうせこの世は 男と女 色と欲との 万華鏡

 

    晴れているのに
〽︎三味を爪弾く アナタを見ると アタシゃ悶える 濡れかかる

 

〽︎辰巳赤坂 新橋芸者 アタシ半玉 神楽坂

 

〽︎夜のしじまに 妖しい音が カタコトカタコト 鳴るタンス?

 

〽︎今ココを 生きる生き抜く 事さえ出来りゃ 明日をわずらう こともなし

 

〽︎君のね 箒持つ手が細くて白い姉さん被りにそのうなじ

 

〽︎主の速さは メジロと同じ 電光石火の 離れ技

 

〽︎耳はダンボで 寝たふりしてる 話すスマホの 低い声

 

〽︎ラインしてる?って訊かれるけれど ツルムお方は 主ひとり

 

〽︎桃栗三年 柿八年と 言って暮らした 五十年

 

〽︎誰も分からぬ 明日のことは「だからね」今、今ココを 生きて行く

 

 

 

 

2020年1月2日

2019年12月27日
近詠・句歌都々逸61

 

〽︎世の中の 恨みつらみを 都々逸にして 唄い爪弾く 主が好き

 

〽︎合意無かった 裁判負けた タダより高い ものは無し

 

〽︎「寂しさ増す」って 誰かが言った ジングルベルの サミシマス

 

〽︎愛とお金を 測りにかけて「さあ、どちらにします」色と欲との せめぎ合い

 

〽︎君に惚れた がこの世の縁 家もお金も 土地もやる

 

〽︎二人お揃い 失禁パンツ「オイラのは」前が開かず キモチワリー

 

〽︎「アタシのね・・・」表層感情は 恨みだけれど 深層感情は ただ寂しい

 

〽︎恋に疲れた 女がひとり 京都大原 三千院

 

〽︎恋に焦がれた 女がひとり 京都栂尾 高山寺

 

〽︎恋に賭けてる 女がひとり 湯島浅草 六本木

 

〽︎路を歩けば 小ちゃな花が 恋を励ます こともある

 

〽︎何時だ昨日 一昨日だ「あれ?」思い出せない 借りた金

 

〽︎主の情けを マイケルと掛けて「ジャクソン?ジョウダン?」アレ、私蹴る?

 

〽︎まぁきれい 空の真ん中 大きな月が 私 アナタの腕の中

 

〽︎欲は言うまい 生きてるだけで 百点満点 万々歳

 

〽︎親の生きてた 歳より生きりゃ 親孝行と 声がする

 

〽︎インターネットで 検索したら アナタ変態 痴呆症

 

〽︎何もかも グーグルなりゃこそ 解決可能 できぬは恋の 熱冷まし

 

〽︎老後の楽しみ 数々あれど アナタにゃなさそな 気配あり

 

〽︎今宵逢えない アナタを想う 紅いまあるい お月様

 

イラスト:習作 ふゆのよもぎ 画

 

 

2019年12月27日

2019年12月25日
近詠・句歌都々逸60

 

〽︎ 君に入れたら 猫撫で声で「もっと入れて」と 出す通帳(欲張り女め!)

 

〽︎ 君は綺麗だ 姿は花よ「って言ってたけれど、今じゃね」丘に上がった 肥満トド

 

〽︎ 女はネ  いけない恋なら 命をかける 淡い恋なら 願かける

 

〽︎ お金も着物も タワマンも要らぬ 主の誠が ただ欲しい

 

〽︎ LINEでね  リモート同棲 この頃流行り スマホで濡れる 恋心

 

〽︎ すれ違うのが 無くなるアプリ 思いの丈が 薄くなる

 

〽︎ アプリでね  加工した顔 可愛いじゃないか「だけど・・・」スッピン見たら 気絶する

 

〽︎ #忘年会スルーって 魅力ないのよ 先輩たちに 不満愚痴野暮 憂さ晴らし

 

〽︎ 物事は  遠い真理を 訪ねて行けば 道は開ける 暖ったかく

 

〽︎ 幸せは  親死ね子死ね 孫死ねの順  足るを知る者 富むことも

 

〽︎ 淡交パーティ 和んで素敵 乱交パーティもっと ・・・?かな

 

〽︎ 格好良いのよ アナタの台詞 愛の言葉に 濡れる頬

 

「あの方ネ」
〽︎ 都市と痴呆と 認知が混ざる ホンにお笑い ハトポッポ

 

〽︎ 預金残高 見せびらかして 野暮な男の 間抜け顔

 

〽︎ 「政治家は歴史に裁かれる」、って名言吐いた ヤスさんほんとに ご苦労さん

 

〽︎ 君と口づけ しびれて甘い「けど?確実に・・・」インフルエンザが 移ってる

 

〽︎ 冷たい北風 吹いてはいても 主と歩けば 春の宵

 

〽︎ 動機が不純と 非難を受けて 動悸が不順で 弁膜症

 

〽︎ 主は変態 アタシは擬態 同じ貉の 化かし合い

 

〽︎ 神を信じて 今宵を生きる ジングルベルの山の神

 

 

2019年12月25日

2019年12月17日
近詠・句歌都々逸59

 

〽︎ 薄い化粧だ 冬だというに 「でも、いつもネ」富士は気高い 艶姿

 

〽︎ 勝負下着を 揃えてみたが タンスに眠って 早五年w

 

〽︎ 使いたいけど 相手がいなきゃ 勝負下着も 部屋飾り

 

〽︎ アタシ色香で 男を堕とす アナタ目無しで 金落とす

 

〽︎ 京の舞妓は 絵になるけれど ウチのマイコにゃ 目を覆う

 

〽︎ 熱海芸者は 湯の華おどり ワタシゃアナタと 泡踊り(古いな~)

 

〽︎ お酒呑んでは カラオケばかり こんな女に 誰がした

 

〽︎ 酒を呑んでは ゴロゴロ寝ばかり こんな男に 誰がした

 

〽︎ 君は美人だ 貴方は紳士 恋人当時の 合言葉

 

〽︎ 「昔ゃ良かった」って 口癖になりゃ しめたもんだよ もう認知

 

〽︎ お前ドドだな アンタは野ブタ 似たもの同士か ナマケモノ

 

〽︎ 唄にうたって この世の憂さを 晴らす恵みの 七七七五

 

〽︎ 「認知してね」って お前は言うが オレは認知だ 認めてる

 

〽︎ 花の盛りを 散らしておいて 野暮なアンタは 旅枕

 

〽︎ パリへ行こうか それとも宇宙 言うばっかりの 渡り鳥

 

〽︎ 世界一周 船旅してた「って、ウソつきね」 行ってた先は 留置場

 

〽︎ サツかマトリか それとも「別に」 名前はクスリ- エリカ様

 

〽︎ 隣のお国は すべてを恨む アタシゃ恨むは 主ひとり

 

〽︎ 香港ストって 世の中変える? トラ、プー、シュー達ゃ 澄まし顔

 

〽︎ 野党は野暮だよ 国会遊び 桜とサクラで 浪費税

 

 

2019年12月17日

2019年12月6日
近詠・句歌都々逸58

 

〽︎淡交パーティ 和んで素敵 乱交パーティもっと・・・?かな

 

 

〽︎格好良いのよ アナタの台詞 愛の言葉に 濡れる頬

 


  「あの方ネ」
〽︎ 都市と痴呆と 認知が混ざる 宇宙のお方か ハトポッポ

 

 

〽︎ 預金残高 見せびらかして 野暮な男の 間抜け顔

 

 

〽︎「政治家は歴史に裁かれる」、って名言吐いた ヤスさんほんとに ご苦労さん

 

 

〽︎ 君と口づけ しびれて甘い 「けど?確実に…」インフルエンザが 移ってる

 

 

〽︎ 冷たい北風 吹いてはいても 主と歩けば春の宵

 

 

〽︎ 唄う都々逸 アナタに届け 恋と愛とを 風に乗せ

 

「昔はね…」
〽︎立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は「今はネ」ん、紙オムツ

 

 

〽︎ 恋の衝撃 情けの弛み 便りひとつが 愛となる

 

 

〽︎ 年々減ってる 今年はもっと 出す人絶えそな 年賀状

 

 

〽︎ 年末年始は 嬉々こもごもよ 今年打てるか 除夜の鐘

 

 

〽︎ 新年迎えりゃ 目出度いけれど 冥土近づく 一里塚

 

 

〽︎ 他人の振り見て 我が振り直せ 直せないのよ クスリ漬け

 

 

〽︎ 過去と他人は 変えられないと 言った先から 繰り返し

 

 

〽︎ 教皇スピーチ 胸打つばかり 野党議員の ケツを打つ

 

 

〽︎ 天皇、教皇は 歴史と文化 品と権威で 世を質す

 

 

〽︎ 隣国トップは 哀れなお人 恨むばかりで 美を知らぬ

 

 

〽︎ 久し振りねと 笑って照れて あの日のキッスが 蘇る

 

 

〽︎ 明日またねと 言ってはみたが 帰りゃ介護よ また明日も

 

 

 

 

2019年12月6日

2019年11月29日
近詠・句歌都々逸57

 

この先は 道なきカオス 荒野かな

 

楽しみは 紅葉に染まる 直心

 

その日から 行く謎の道 霜の道

 

語り合えば 嬉し夕餉の 笑み五つ

 

流石なりアンパンマンの絵を褒める JKの描くアレンジの妙

 

獅子王の 白きを染める 紅葉かな

 

露地行けば 飛石に霜 無限境

 

〽︎君は笑うが オイラは泣ける すれ違ってる もう十年

 

〽︎お前百まで ワシャ九十九まで「ってね 」 ん、 言ってる先から アラー痴呆

 

〽︎都会に住んでて 可笑しいじゃないか アナタ痴呆(地方)って 何んで言う

 

〽︎笑う門には 福なぞ来ない、って 笑ってばかりの 厄の神

 

〽︎君に恋して 三年経つが 何もできずに  失キン症

 

〽︎色気見せては 気をひく君は 近づきゃ逃げる 浜千鳥

 

暖かな ミカンの色香 君の如

 

柿食えど 鐘も聴こえぬ 雨嵐

 

設計に 何も頼らぬ 風の吹く

 

北風に 暮れ待つ星か 我ひとり

 

〽︎「世話になったな」って一言告げて 渡る彼岸に倖やあれ

 

災難は逢うまで知らぬ我が身かな テレビに映る人や哀れな

 

台風よそっと過ぎ去れ日の本を 吹くな揺らすな寄るな流すな

 

 

 

2019年11月29日

2019年11月23日
近詠・句歌都々逸56

 

散歩道 宮の榊を 採り拝す

 

pay使い 明日のこれから 試すいざ

 

コンビニに 振込済ます 冬の昏れ

 

面影は 早かすれたり 秋三つ

 

月かかる 山の庵に 悟り観る

 

光悦の茶杓の銘の「初時雨」 自作茶入に添える楽しさ

 

「本阿弥」と茶入を銘に仕覆添え 点てて自服す外は時雨る

 

道半ば 既に遅しと 初時雨

 

初霜の 便りも溶ける 残暑かな

 

〽︎ 昔ゃギンギン みなぎる雄姿 今じゃ動かぬの 塩タラコ

 

〽︎ 昔ゃ目だけで 男を殺し 今じゃ祟り目 白内障

 

〽︎ 昔ゃ芍薬 歩けば百合よ 今じゃ巨大な 枯れススキ

 

〽︎ 昔ゃイナセで 女を泣かせ 今じゃ認知で また泣かす

 

〽︎ お前トドだな アンタはブタよ 三年経ったら この台詞

 

来てみれば あの日の別れ 池の鯉

 

枯れ蓮や 三年の冬の 月明り

 

そう言えば 歩く姿に思い出が また蘇る秋の 池の辺

 

設計や この日の証し 一里塚

 

天中に 満月ひとつ 誰に似る

 

満ち欠けは 人の情けか 手を伸べる

 

 

2019年11月23日

2019年11月8日
句歌都々逸全集『緑の洞』第一弾 発売開始!

令和の幕開けにあわせて、句歌都々逸全集「緑の洞(みどりのほら)」の出版を企画しておりましたが、第一弾の「太田新之介の都々逸1」が完成しました!

今まで新之介さんが作ってきた俳句、和歌、都々逸は膨大な量になりますが、その都々逸の中からさらに選んだ一冊です。

新之介さんは、3歳の頃から父の膝の上で母が唄う都々逸を聞いて育ち、40歳の頃には伊豆長岡で熟練の芸者さんと都々逸の掛け合いを楽しんでいたそうです。
都々逸の名手とお互い即興で一つ唄っては一つ返す。
「都々逸には男女の情感がこめられている。これを唄うことでリズムと臨場感が出てくるんだよ。」とのこと。

男女の心の機微を即興でやりとりするなんて、まさに成熟した大人の遊びですね。

 

ページをめくっていくと、所々にマスコットキャラクターのタマが登場します。
着物を着てたり、こたつに入っていたり、色々なポーズのタマですが、これも即興で書かれているもの。

また、表紙や紙の質感にもこだわり、大きさもちょっとバックに忍ばせて、電車の中など気軽持ち運んで読めるサイズです。

表紙のデザインは、新之介さんの数ある裂地のコレクションの中からお気に入りの一枚を選んでいただきました。
19世紀のインドネシアのカインプラダ(印金更紗)という裂地で、新之介さんはこの裂地でお茶事に使う古帛紗も手作りして使われているそうです。

第二弾以降も都々逸、俳句、和歌と10冊にわたり続いていく予定です。
どうぞお楽しみに!

新之介文庫 日野美奈子

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近詠・句歌都々逸55

 

 

香立てて月のしじまに尋ねやる 先祖のその後如何に如何にと

 

黄昏て ツクツク法師 羊雲

 

秋分や いつまで嵐 這うヤモリ

 

ただ歩く 青柿の空 雲光る

 

設計の 楽しさに会い 栗を喰う

 

芒揺れ 川面に揺れる 我の貌

 

捨てながら 人生既に 秋の暮

 

〽︎ たかが人生成り行き任せ「ってね・・・」言ってたアンタが痴呆症

 

〽︎ お前百まで儂ゃ九十九まで「ってね・・・」言ってたアンタは認知症

 

〽︎ 飲み食い出すの一生だものアタシゃお悟りなぞ要らぬ

 

〽︎ 君に送った花束なのに 何で食べるのニコニコと

 

〽︎ 胡散くさいのその決め台詞 粋な足元覚束ず

 

設計は己れを映す鏡かと あの時の我明日の夢かと

 

去る時に 想い託して 眉の月

 

危機管理 過去なら出来る 出来ぬ明日

 

大風に 敵わぬまでも 屋根の星

 

いざさらば 移ろう刻に 別れ酒

 

秋の夜に 思いの丈の 独り言

 

道行けど 細まり続く 月の華

 

 

2019年11月8日