新之介文庫だより

2019年8月19日
近詠・句歌都々逸48

 

酔芙蓉 咲いて命の 色を見る

 

長崎や 冥土に咲ける 酔芙蓉

 

あの頃の 色香のままと 紅衣装

 

水遣れど 襲う群蚊に 苔荒らす

 

蝉の声 蓮散り咲ける 酔芙蓉

 

広島忌 黄泉にも開け 紅の蓮

 

露地の主 我ならぬ群蚊 唸りける

 

仏師来る 香木何時かの 夏の作

 

お薬師を 彫る約束や 夏の雲

 

クラクラと 熱中症か 呑み歩き

 

夜も更けて 明日の夢にと 賭ける空

 

知る人の またひとり欠く 宵の月

 

月見れば 設計いとも 戦ぐ風

 

待つことも 今ココに在る 蝉時雨

 

泳ぐ宵 官能なるや 水飛沫

 

水遣れば 葉の生きいきと 夕涼み

 

縁側に 蜻蛉の来たり 水打てり

 

設計や 茶の湯のすがた 和の儀式

 

冬瓜や 思い出龍女 七面山

 

夢に出よ 新たな人よ 恋さぐり

 

 

2019年8月19日

2019年8月12日
近詠・句歌都々逸47

 

冬瓜や 友に感謝の パスタかな

 

火焔日や 地獄にも咲け 蓮の華

 

哀れなり 恨みの民か 蝉猛る

 

設計や 夢語らずも 深化せり

 

一輪の 荷葉や見せよ 夢の先

 

原爆日 観るに耐えずに TV消す

 

コツコツと 設計我を 裏切らず

 

声細る 蝉にも黄泉の 迎えあり

 

政治家の 夫々の嘘 ビール呑む

 

世の向きを 無言と決めて 彼岸花

 

曼珠沙華 何時かの笑みを 回想す

 


眸の色も 唇も春 秋立ちぬ

 

炎天に かかる命を ただ歩く

 

手にとりて 仏の台 父母の声

 

蓮の実を 集めて君と 夕涼み

 

鉛筆や 心の糧か 風は凪ぐ

 

濡縁に 線香花火の 映りけり

 

カキ氷 進まぬプラン 溶けぬ間に

 

夢に茶事 かくも不作法 秋の風

 

花を挿し 今在るココを 瞑想す

 

 

 

 

2019年8月12日

2019年8月6日
近詠・句歌都々逸46

 

寂しさも 面白ろきかな 赤トンボ

 

知己や往く 浄土に開け 蓮の華

 

妄想や 華の色香に チャネリング

 

夢に見る 冥土の旅の 星明り

 

歳や寄る 諸共せずに 蝉合唱

 

父母に 合掌今朝の 盆の経

 

縁ある 人や遥かに 盂蘭盆会

 

 

梅干を 仕舞い一年 安らかに

 

A I は 命を奪う 使徒と化す

 

君知るや 地獄極楽 今ココに

 

鳥と蝉 梢に憩う 酷暑かな

 

昨日悔い 明日は望みと 儚くも

 

道行けど 幽かに見える 夏も了

 

何時からか 彼岸の季節 在るや夢に

 

夏終わる 急げ刻々 酔芙蓉

 

立秋や 降る雪の中 偲びけり

 

鈴虫の 鳴き声密か 蚊遣りかな

 

蚊帳吊らぬ 何時かの夏や 夜の匂い

 

明日にも 了る命の 蝉の声

 

来てみれば 墳墓の草も 茂る秋

 

 

 

2019年8月6日

2019年8月2日
近詠・句歌都々逸45

 

紅蓮や 朝陽に匂う 露ひとつ

 

蝉声や 嵐の前の 華開く

 

今日からは また今日からと 雨の中

 

感慨を メモして歩く スマホ路

 

未明から シャアシャアシャアの 大合唱

 

我が友は スケッチブック 五十年

 

路行けば 一緒と群れる 赤トンボ

 

梅干を つくれぬ朝の 低い雲

 

嵐来よ 設計に来よ 待つ一過

 

君知るや 台(うてな)に在わす 金仏

 

大金を 運ぶ紫雲の 仏たち

 

病名は 習慣性設計依存症

 

我が庵は 三島田の町 滝の側 富士の根雪の 裳裾辺りに

 

我が庵は 滝の音響き清水湧く 富士の高嶺を 軒端にぞ見る

 

楽しみは 一行掛けて 茶を点てて 古人と 共に喫む時

 

ふるさとや 折々の夢 夏の海

 

さあ今日も また蝉時雨 茹だる朝

 

仏陀にも かかる縁の 夏木立

 

盂蘭盆会 我在る今を 礼拝す

 

 

2019年8月2日

2019年7月24日
近詠・句歌都々逸44

 

よしや夢 星空の下 月待てり

 

「バカみたい」 言われて仰ぐ 宵の星

 

何時までも 謎は解けずに 蝉時雨

 

彼のひとに 会いたし紅蓮や 池の端

 

唐黍や 醤油の匂い 母の味

 

整えば 望み叶うか 酔芙蓉

 

理知情や 揺れるAI 揺れる木々

 

草いきれ 手を繋いでは 夏木立

 

水潺々 今ココに在る 雲悠々

 

新様式 小間席心の すがたなる

 

眉月に 清しきひとを 重ね観る

 

アニメにも 語れる思想 有りと蝉

 

蝉時雨 届けと愛の 大合唱

 

反日や つまらぬ民の 焦りなる

 

つつがなく 設計既に 了りけり

 

待つほどに 天低くなり 蟻急げ

 

遠雷や あの日の匂い 蚊帳の内

 

枝豆に ビールの午後や 蝉時雨

 

縁側に 線香花火 盆近し

 

大気在り 動くか想い 夏の雲

 

 

2019年7月24日

2019年7月7日
近詠・句歌都々逸43

 

何時からか 空に飛翔し図面描く この世の様を 飽きもせず看て

 

スマホから 意匠を借りる悪しき性 今様人の 軽ろき足どり

 

何時までも 待ちあぐねてる 雨の月

 

咲くまでに 紆余曲折のあり 酔芙蓉

 

設計や 動かぬ指に 曇る天

 

もう既に 上るはず雨 恋しけり

 

ささやけば メダカに届く 相聞歌

 

草引きや 苔むす露地に 渡る風

 

木を愛でて 七十年を しみじみと

 

予定なし この豊かなる 日や愛し

 

ボンヤリと 蓮を見ている あの世なる

 

宇宙にも 心在りせば 蜘蛛の糸

 

人憎し 思えば夏の 気の嵐

 

待ち望む 抗ガン治療の 友の笑み

 

妄想や あと一刻までの 坐禅かな

 

そう言えば 昔の彼女 京鹿の子

 

華や咲け 咲かねば手折る 大賀蓮

 

遅き梅雨 梅や何時まで 閨の中

 

文月や 歳とる女 妖しけり

 

たおやめを 見せて佇む 対鳳庵

 

 

 

2019年7月7日

2019年7月3日
近詠・句歌都々逸42

予定なし この豊かなる 日や愛し

 

ボンヤリと 蓮を見ている あの世なる

 

宇宙にも 心在りせば 蜘蛛の糸

 

人憎し 思えば夏の 気の嵐

 

待ち望む 抗ガン治療の 友の笑み

 

妄想や あと一刻までの 坐禅かな

 

そう言えば 昔の彼女 京鹿の子

 

華や咲け 咲かねば手折る 大賀蓮

 

遅き梅雨 梅や何時まで 閨の中

 

文月や 歳とる女 妖しけり

 

 

来る来ぬか 宵や迫りぬ 梅雨の月

 

設計や 新しき発見 またも雨

 

臆病に トラ習金プー 罹りけり

 

隣国の 恨なる色の 血や憐れ

 

大和なる 和みの色の 血や勁し

 

北山の 御神の杉に 一礼す

 

夏木立に 我と思しき すがた観る

 

茶を喫し 川面に鵜小屋 宇治の夏

 

木の精に 触れて口説くか 宇治の庵

 

色香在り 北山杉の 磨き肌

 

 

2019年7月3日

2019年6月23日
近詠・句歌都々逸41

 

御室なる 仏絵めぐる 気まま旅

 

金閣に 鳳凰新た 蒼い風

 

外つ国の 声ばかりなり 鹿苑寺

 

上皇の お迎え駅に 並びけり

 

懐かしの 御顔や京の 麗しき

 

お姿の 光に浴す 御室行

 

仁和寺の 五重塔や ただ仰ぐ

 

仏絵に 今日の縁の 報せ告ぐ

 

御室なる 桜の記憶 失せし夏

 

飛濤亭 塔の守護なし 屋根朽ちる

 

遼廓亭 如庵を偲ぶ 鱗板

 

嬉々として 千手の綱を 引くは君

 

ビール飲む 新幹線の 窓景色

 

今日は何故か スケッチせずの 旅スマホ

 

京四条 浴衣姿に 蹴つまずく

 

今様京都 外国人で 溢れけり

 

けたたまし 声飛び交うや 金閣寺

 

何処でもが 騒々しきや 京青葉

 

スマホ持ち ひねもす歩く 京夏日

 

上皇と 御室に会い謝し 奉る

 

 

2019年6月23日

2019年6月9日
近詠・句歌都々逸40

 

やる事が 山ほどあると 青モミジ

 

今日からは 陰鬱好む 梅雨の空

 

設計の 楽しさ連れて 墓参り

 

10Bの スケッチブック 黒光り

 

梅干の 仕込みを了えて 昼寝かな

 

梅干や 漬ける秘伝の 味焼酎

 

梅雨空に 眠る梅たち トロトロと

 

待つ人の 笑顔や浮かぶ 梅の樽

 

梅雨月や 快飲快眠 莫妄想

 

茶の舞台 設計空を 駆け巡る

 

設計や 茶事企てに 似て嬉し

 

楽しみは ビール枝豆 君の笑み

 

妄想や 我が身を照らせ また明日も

 

次々と 妄想我を 励ましぬ

 

如何にせん 梅雨に月見の 宵の枝

 

関われば 恋のほむらか 雨の中

 

いつまでも 設計飽きず 恋時雨

 

近過ぎて 見えぬ花あり 未央柳

 

懐かしや 故郷の路 父の声

 

父母恋し 晴れ渡る空 凪る海

 

 

2019年6月9日

2019年5月28日
近詠・句歌都々逸39

 

トランプも 小さく見える 皇統(スメラ)かな

 

山は山川は川とて海は海 空行く雲も地球(ホシ)の有様

 

年重ねいつまで生きる我が身かな 先ず願わくは親の年まで

 

忙しや 心亡ぼす 古稀の坂

 

コキ過ぎて 耳も昭和も 遠くなり

 

駆け寄れば 彼待つ橋に 紅い月

 

妄想や 渦巻く未明 五月尽

 

荷葉採り 葉葢に点てる 朝餉の茶

 

何時までも 設計に棲む 夏の虫

 

便り来て 返さぬ弱さ 笑う猫

 

遠ければ なお燃えにけり 月の路

 

思い出は 磯の香りと 父母の声

 

来てみれば知る人も無し故郷の カモメ啼く空仰ぎ佇む

 

懐かしき家族の顔のあちこちに 故郷の山夏の浜辺に

 

浜辺にはただ寄せる波人も無し 思い出多し偲ぶ昔を

 

変わり行く天地の間の諸々は 明日の夢追うゆりかごの如

 

ふるさとを 訪ねる夏や 子等の情

 

父偲び 磯の匂いを 嗅いでみる

 

ふるさとの 海や懐かし 空の蒼

 

やる事は 山ほども有り カモメ飛ぶ

 

 

2019年5月28日