和の心にて候

新之介文庫

新之介文庫書籍紹介

風刺花伝
(近日発刊)

 hp20151003-1.jpg

 

発行所 新之介文庫

【電子書籍版 近日中発刊予定】

磯千代(いそちよ)姐さん三味線かかえ、粋な兵衛(ひょうえ)と都々逸で、この世をチクリと刺している。

所は深川お茶屋の二階、香が焚かれた四畳半。猫のタマもニャンとして。

遊び人と芸者と猫のタマで織り成す都々逸(どどいつ)の世界。

時事風刺を上、中、下の各250頁3巻にまとめたニンマリの都々逸集。 

あらすじ

hp151003.jpg1、今年でお幾つに?

「あらへいちゃん、お久しぶりね」。

「磯千代姐さんも変わらないね、今年でお幾つに?」

「ヤダ~女性に歳を聞くなんて」

「女性??」

「せっかくのおたずねだから、都々逸でね、...ん」

ツツンツツツンツン...  

 ♪ 当年取っての話だけれど 私ゃ六十 (ぬし)ゃ五十

「当(十)年取ってねえ......。それにしても姐さん若いねえ」

「有難う、兵ちゃんもやって」 

 

 ♪ 綺麗なキミにボク参ってた この頃視力が衰えて... 

「余り有難くないわねえ、目がちゃんと見えてるの?」

「視力は未だ1.5だよ」

「まあ、憎いお方、じゃもうひとつ、...ん」 

 

 ♪ たまに逢うからいいのよアナタ 我慢してねとタマがなく 

「たま? タマねえ、...あっ、あの猫の名か」

「タマ覚えてるニャーン」

「おう、タマ元気だったのか」

「タマ会えて嬉しいニャーン」

「ボクも嬉しいね。姐さんとの最高コンビだものな」

「兵ちゃんおだてないでね、この頃タマが少し変なのよ」

「変なのはバアサンニャーン」

「ほらね、こんな憎まれ口をきくようになったのよ」

「タマの愛情の表現だよ、なあタマ」

「ゴロニャーン」

「兵ちゃん如何」

ツツンツツツンツン... 

 

 ♪ ボクはできるさ我慢の人さ ガマンできずに漏らすけど 

「あらま~、兵ちゃんもうお漏らししてるの?」

「フフフ...ヒミツをさ」

「兵ちゃんもうひとつお願い」

「姐さんといると刺激されるなぁ、じゃ」 

 

 ♪ 三味をつまびき都々逸唄い 浮世の垢を流す宵 

「兵ちゃんまたご一緒できるの嬉しいわ」

「掛け合い都々逸っていいもんだね」

「この頃できる人がいなくなっちゃて」

「そうだなぁAKBの時代だからな」

「でも都々逸って日本人の粋な唄だと思うわ」

「日本のシャンソンだね」

「じゃ、アタシやってみるわ、...ん」 

 

 ♪ 昔なじみのアナタの胸に 片目つぶって頬寄せる 

「バーチャル姐さんだなぁ」

「兵ちゃんこれからこの線でお願いね」

「タマ妬けるニャーン」

「お前が妬いてどうするの」

「タマもひとつやってみるか」

「やってみるニャーン」 

 

 ♪ アタシゃメス猫子供もできる 声が掛れば何処ででもニャーン 

「このバカタマ!お前は操ってものがないのかえ」

「タマ、レベル高いよ。これからも一緒にな」

「タマ嬉しいニャーン」

「姐さん、今夜はこの辺で」

造本体裁

   判型:電子書籍

  発売日:近日中発刊予定

   著者:太田新之介

   発行:新之介文庫

 

 

購入を希望される方は下のボタンをクリックして下さい。

Sのプロジェクト

新刊本のご案内

月間アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年